赤ちゃんの乳児湿疹、保湿ケアにワセリンが効果的?注意点や塗り方は?

保湿剤として知られるワセリンは、ドラッグストアでも購入ができて大人も使用できる優れもの。そのワセリンが、赤ちゃんの肌荒れや乳児湿疹、保湿ケアにも効果的というのは本当なのでしょうか?今回は、赤ちゃんの乳児湿疹や保湿ケアとしても万能なワセリンについて、効果や注意点、塗り方、さらにおすすめの商品をご紹介します。

ワセリンは赤ちゃんの乳児湿疹・保湿ケアに効果的?

ワセリン

ワセリンの成分は?

ワセリンは、鉱物油と呼ばれる石油を原料としてつくられています。

鉱物油と聞くと、不安に感じる人もいるかもしれません。しかし、ワセリンは肌に塗ることを前提としてつくられているため、赤ちゃんへの安全性に問題はなく、間違って赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫です。

ワセリンの種類は?

黄色ワセリン

黄色ワセリンは比較的、安価で手に入れることができます。しかし、白色ワセリンと比べると精製度が低く、不純物を含む割合も高くなります。

一般的な使用であれば問題ありませんが、赤ちゃんにワセリンを使用するのであれば、黄色ワセリンではなく白色ワセリンがよいでしょう。

白色ワセリン

赤ちゃんに使用するワセリンは、安全性の高い白色ワセリンがおすすめ。白色ワセリンは精製度が高く不純物が少ないのが特徴です。

最近では、赤ちゃん用のワセリンも登場しており、赤ちゃんの保湿ケアのアイテムとしてより身近な存在となっています。

ワセリンの効果は?

ワセリンには、水分が角質層まで浸透せず、乳児湿疹を治す抗炎症作用もありません。あくまでも、ワセリンの期待できる効果は、肌の表面に保護膜をつくり、肌の乾燥や外的刺激から守ることです。

ワセリン自体に抗炎症作用はありませんが、炎症や湿疹が起きている部分に塗ることで患部を保護し、その間に肌荒れを治すことができます。

そのため、口の周りやほっぺの乾燥・かぶれ対策、おむつかぶれの予防に効果的ですよ。

また、手荒れ防止や化粧下地として使用することも可能。赤ちゃんの乳児湿疹や保湿と同時に、ママやパパも一緒にケアができます。

乳児湿疹や保湿ケアで赤ちゃんにワセリンを塗るときの注意点は?

赤ちゃんとwhat!?の文字

白色ワセリンだけの副作用はほぼありませんが、ごく稀に発疹や赤い炎症が発生する赤ちゃんがいるようです。

白色ワセリンは不純物が少ないのですが、微量の不純物に赤ちゃんが反応して、副作用が起きるとのこと。

また、アトピー性皮膚炎の治療や、ひどい乳児湿疹のときにワセリンを塗ると、症状が悪化する場合があります。

症状がひどいときは、自己判断でワセリンを使用するのではなく、医師に相談して判断を仰ぎましょう。

赤ちゃんの肌荒れで病院へ行くと何が処方される?

病院の受付

赤ちゃんの肌荒れで病院を受診すると、肌荒れの状態にもよりますが、大体保湿剤のプロペトが処方されます。

プロペトは白色ワセリンをさらに精製し、不純物を取り除き純度を高めたワセリンです。眼科用軟膏としても使用されています。

白色ワセリンよりも、ベトベト感が少ない点もプロペトの特徴です。

赤ちゃんの乳児湿疹・保湿ケアに!おすすめのワセリン

赤ちゃんにも安心してしようできるワセリンは、市販のドラッグストアでも購入が可能ですよ。

1.健栄製薬 ベビーワセリン

健栄製薬 ベビーワセリン
出典:www.amazon.co.jp

生後0ヶ月の赤ちゃんから使用できるワセリン。従来の白色ワセリンと比べて不純物が少なく、伸びがよいため使いやすいのが特徴です。

●容量:60g
●参考価格:358円

2.Sun White(サンホワイト) P-1

Sun White P-1
出典:www.rakuten.co.jp

サンホワイトP-1は、一般のワセリンよりもさらに精製しているため、紫外線からの影響も受けにくく高品質。今回紹介したチューブタイプの他、ボトルタイプとフラットタイプがあります。

●容量:50g
●税込価格:1,296円

3.ピジョン ピジョンワセリン

ピジョン ピジョンワセリン
出典:www.amazon.co.jp

ベビー用品で人気のピジョンから、ワセリンが販売されているのはご存知でしたか?新生児から使えて、ベタつきにくい季節を問わず使用できるワセリンですよ。

●容量:60g
●オープン価格

赤ちゃんの乳児湿疹・保湿で効果的なワセリンの塗り方

頬や体に保湿剤を塗ってもらっている赤ちゃん

ワセリンを少量手に取り、手のひらでよく馴染ませてから赤ちゃんに塗りましょう。少し温めると軟らかくなり、塗りやすくなりますよ。

ワセリンは、薄く伸ばして塗ることを心がけてください。厚く塗ると皮膚呼吸が妨げられ、体内に熱がこもってしまいます。

塗ったあとにベタベタする場合は、ワセリンを塗り過ぎている証拠。付けすぎたらティッシュで拭き取ってください。

おむつかぶれにワセリンを使用する場合は、おしりをきれいにしてから塗りましょう。汚れたおしりにワセリンを塗ると、肌荒れを起こす可能性があります。

口の周りや頬にワセリンを塗ると、よだれかぶれの防止となります。こまめに塗り、食べこぼしやよだれによる肌荒れを予防してください。

ワセリン以外で乳児湿疹や赤ちゃんの保湿に使える保湿剤は?

ベビーローションを手に出す様子

デリケートな肌に保護膜をつくるワセリンですが、赤ちゃんの保湿剤にはワセリン以外にも、ベビーローションやオイル、クリームなど、さまざまな種類があります。

特にベビーローションは、赤ちゃんの肌に水分とうるおいを与えてくれるのでおすすめです。

ワセリンは、食べこぼしによる口周りのかぶれ予防に使用し、全身の保湿にはベビーローションを使用するのがよいでしょう。

乳児湿疹の予防や保湿に!アロベビーのベビーローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円 ※お得な定期便やビッグボトルもあります!

高保湿成分のホホバオイルや、シアバターを配合したアロベビーのミルクローション。

99%以上天然由来成分で、無香料・無着色・無添加処方だから、赤ちゃんに安心して使用できます。

アロベビーのミルクローションを使い続けていると「乳児湿疹に効果があった」「乳児湿疹が治った」と、赤ちゃんの肌荒れに効果があるようです。

オーガニックにこだわるママ・パパにもおすすめのベビーローションですよ。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる商品を比較

赤ちゃんの乳児湿疹・保湿ケアにワセリンを活用しよう

笑顔の赤ちゃんとママ

ワセリンは赤ちゃんの保湿ケアや、乳児湿疹の予防だけではなく、化粧下地や手荒れ防止など、親子で使える優れもの。

家庭に1つワセリンを用意しておけば、いざというときに使えて便利ですよ。

しかし、赤ちゃんにワセリンが合わず悪化した、乳児湿疹が治らないという場合は、一度病院へ行くのがよいでしょう。

赤ちゃんにワセリンを使用する場合は、精製度が高い高品質タイプを選び、赤ちゃんの健康な肌づくりのサポートをしてあげましょう!