赤ちゃんの肌荒れ予防にワセリンは効く?ベビーローションとの違い

赤ちゃんの肌荒れにワセリンは本当に効果はあるのでしょうか?赤ちゃんの保湿といえば、ワセリンやベビーローションが利用率が高いようです。ワセリンってそもそも何?ベビーローションなどと比べて肌荒れにどっちがいいの?など、気になる情報をまとめてご紹介します!

赤ちゃんの肌荒れに効果的?ワセリンとは

ワセリン

ワセリンの成分

ワセリンと聞くと、「肌荒れの時に病院でも処方される保湿用の軟膏」というイメージを持つママは少なくないと思います。

しかし、実はワセリンは鉱物油と呼ばれる石油からできています。

とはいっても、ワセリンは肌に塗ることを考えて作られているので、石油を精製して作られており体に害はないとされています。

ワセリンの種類

白色ワセリン

赤ちゃん向けのワセリンなどは、より精製された純度の高い白色ワセリンと呼ばれているワセリンです。

白色ワセリンは安定性に優れているので、紫外線や酸化による変色が少ないなどの特徴を持っているワセリンです。

最近ではベビーワセリンと呼ばれる赤ちゃん用のワセリンも登場していて、赤ちゃんのケアアイテムとしてワセリンはより身近な存在になってきています。

黄色ワセリン

黄色ワセリンは比較的安価で手に入れることができますが、白色ワセリンに比べて精製度が低いワセリンです。

そのため不純物を含む割合が高く、それらが赤ちゃんの肌荒れや、アレルギーなどの刺激の原因になる場合があります。

ワセリンの効果

ワセリンは保湿剤というイメージを持っているママも多いと思いますが、実際にはワセリン自体には肌に水分を与える効果や、湿疹などを治す抗炎作用はありません。

あくまでもワセリンの機能としては肌の表面に油分の膜を作り、角質層からの水分蒸発を防ぐことです。

赤ちゃんのお肌は刺激に敏感で皮脂の分泌が安定しないため、皮脂の代わりにワセリンで膜を作ることで赤ちゃんを肌荒れから守ることにつながるのです。

赤ちゃんの肌荒れにワセリンを使うのは危険!?

赤ちゃん

ワセリンは皮脂の代わりにお肌を守ってくれる、成分も体に害はない、ではなぜ赤ちゃんの肌荒れに使う事が危険なのでしょうか?

これには賛否両論ありますが、いくつか理由があります。

お肌を守る膜が、皮膚、つまり毛穴や肌荒れしたお肌をふさいでしまい、汗っかきの赤ちゃんのお肌にはよくないといわれています。

さらに、ワセリンはベビーローションなどとは違い、そのものに水分が無く保湿効果が無いので、肌荒れ改善には効果が無いとも言われています。

肌荒れはそもそも乾燥してしまう事でおきてしまうものなので、乾燥したお肌を膜で覆ってしまうと赤ちゃんのよっては肌荒れが悪化してしまう可能性もあるのです。

そのため、赤ちゃんの肌荒れにはベビーローションなどで水分をしっかり補給するほうが良いとも言われています。

赤ちゃんの肌荒れも怖くない!ワセリンとベビーローションの正しい使い方

赤ちゃん

ワセリンの特徴はお肌に膜を作ってくれる、そのものに水分が無い、それらをふまえると、ワセリンの正しい使い方は「ワセリンを使う前に、しっかりベビーローションなどで保湿をする」、「沢山付け過ぎず薄く伸ばしてつける」、「肌荒れの部分は避ける」これらがワセリンとベビーローションの正しい使い方のポイントです。

お肌のケアはお風呂上がりにすると思いますが、お風呂上りはお肌に水分が豊富なのでベストタイミングです。

その時に合わせてベビーローションなどを使うと更に効果的です。

ただし、肌荒れが多い赤ちゃんは、汗を沢山かいてしまう夏場などは毛穴をふさいでしまうのは良くないので、ベビーローションなどの軽いものでこまめに保湿してあげることがおすすめです。

赤ちゃんによってはワセリンが合う子もいれば、ベビーローションなどが合う子もいます。まず少量から使って様子をみてあげて下さい。

※関連記事
ベビーローション比較おすすめ12選

赤ちゃんの肌荒れ予防にワセリンを活用してみよう

赤ちゃん ママ

小さな赤ちゃんの頃から肌荒れ対策や予防ケアをすることで、将来もキレイなお肌を維持することができます。

ママやパパは、ベビーローションやワセリンを活用して、赤ちゃんの健康なお肌づくりのサポートをしてあげましょう。