ベビーローションやベビーオイル…赤ちゃんの肌荒れを防ぐ保湿グッズ

柔らかくてマシュマロみたいな赤ちゃんのお肌。一方で、ちょっとの油断でほっぺがカサカサしたり肌荒れを起こしてしまうので、保湿ケアが欠かせません!赤ちゃんの肌荒れ予防に効果的なベビーローションやベビーオイルなどの保湿ケアグッズについて、それぞれの使い方と併せてまとめました。

赤ちゃんの肌荒れ対策におすすめ保湿グッズ

赤ちゃん 肌荒れ 対策 保湿

赤ちゃんの肌荒れ対策には、まずはお肌の乾燥を防ぐことが必須。

保湿ケアをすることで、肌のバリア機能を高めてくれるので、外部刺激に負けない肌荒れ知らずの肌を育ててくれます。

国立成育医療研究センターの研究では、新生児から保湿剤を塗布することで、将来のアトピー発症率を3割も減らすことができることがわかっています。

つぎに、赤ちゃんのお肌に直接塗る保湿剤の成分にも充分に気を付けることが大切です。

せっかく赤ちゃんのスキンケアに力を入れていても、そのベビーローションなどのケア製品が肌に合っていなければ意味がありませんからね。

また、赤ちゃんの保湿剤には様々な種類がありますが、それぞれに特徴があるため、赤ちゃんの肌質やそのときの状態に合わせて使い分けるのがおすすめです。

赤ちゃんの肌荒れを防いでくれる保湿剤の特徴と使い方をご紹介します。

1.ベビーローション

赤ちゃんの肌荒れ対策に常備しておきたいのがベビーローションです。ベビーローションにも、乳液タイプのものや水分を多く含む液体タイプのものがあります。

赤ちゃんの肌荒れ対策には、水分と保湿成分がバランスがよく配合されている乳液タイプのベビーローションが1本あると便利ですね。

ベビーローションは、特に赤ちゃんのお風呂上がりの保湿ケアにぴったり。ベビーローションの適量をママの手に取り、やさしく顔と全身に伸ばしてあげます。

ベタつかないので、すぐに服を着せてあげても不快感がありません。ベビーローションは伸びがよいので、お風呂上がりだけでなく、乾燥が気になるときや外出中でもササッと塗ることができます。

赤ちゃんの顔や全身に使うものなので、天然由来成分で処方された無添加ベビーローションを選びましょう。また、赤ちゃんが不快に感じないように、微香または無香タイプのベビーローションがおすすめです。

※関連記事
ベビーローション赤ちゃんの保湿におすすめ

2.ベビーオイル

ベビーオイルは、ベビーローションのように全身を保湿するのには向いておらず、ベビーマッサージに使ったり乾燥しやすい部分に集中的にケアするのにぴったり。

また、赤ちゃんの耳や鼻などお掃除にも活用できます。おむつまわりのケアにもおすすめ。肌荒れ予防として、食事前に口周りにベビーオイルを塗っておくと、食べかすやよだれの刺激から守ってくれる効果があります。

生後3ヶ月頃までの赤ちゃんや皮脂分泌が活発で、頭皮にかさぶたのような乳児湿疹ができます。そんな皮脂のかたまりを取るときにも、ベビーオイルの出番。

赤ちゃんをお風呂に入れる前にベビーオイルでかさぶたをふやかしておくと、取れやすくなりますよ。

ベビーオイルは鉱物性ではなく、植物性の天然由来成分処方のものを選ぶようにすると安全です。

※関連記事
ベビーローションとベビーオイルの違いとおすすめの使い分け方法

3・ベビークリーム

ベビークリームは、ベビーローションよりも保湿力がより高く、テクスチャーも重めです。

しっかりとお肌にまとわりついてくれる印象のベビークリームは、油分があるので特に乾燥の激しい赤ちゃんにぴったり。例えば、ひじ、ひざ、かかと、ほっぺなど、特にカサカサ肌荒れ予備軍になっている部分に、やさしく塗り込んであげるとバリア機能がアップします。

おむつかぶれの専用クリームのような、抗炎症作用が処方されている保湿クリームもあるので、目的に合わせて選ぶとよいですね。

4.ワセリン

赤ちゃんの保湿や傷薬などとしても使用されているワセリン。ベビーローションに比べると、重めのこっくりとしたテクスチャーです。

ワセリンは実は石油からつくられている保湿剤ですが、不純物を取り除き精製を繰り返してつくられているため、体に心配な成分ではありません。

病院で使用される軟膏や、化粧下地にもワセリンが用いられているポピュラーな保湿剤。おむつかぶれやあかぎれ、よだれなどの肌荒れにぴったりです。

ベビーローションに比べてベタベタするため、全身ではなく部分的な保湿ケアに使いましょう。より不純物の少ない赤ちゃん用のベビーワセリンがおすすめです。

5.ベビーソープ

保湿剤ではありませんが、赤ちゃんの肌荒れ対策にベビーソープも重要な役割を果たしています。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗っかき、生後3ヶ月ぐらいまでは過剰な皮脂の分泌があります。保湿ケアをおこなう前には、ベビーソープで皮脂・汗の汚れを清潔にしてあげる必要があるのです。

ベビーソープは洗浄成分が強過ぎず低刺激に処方されています。大人のボディソープは使わずに、ベビー用をきちんと使い分けるようにしましょう。

乾燥肌の赤ちゃんに合うように、保湿成分を配合し、お風呂上がりもお肌が突っ張らないように研究されているベビーソープもあります。

ベビーソープで清潔にしたあとは、ベビーローションでの保湿ケアも忘れずにおこないましょう。

※関連記事
赤ちゃんの乾燥対策はお風呂後のベビーローションでの保湿が大切

赤ちゃんの肌荒れ対策に保湿ケアを意識しよう

赤ちゃん 手

赤ちゃんの肌がカサカサ乾燥してきたら、それは肌荒れの黄色信号!保湿剤で早急にケアをしてあげてください。

「何を使えばよいかわからない…」というママ・パパは、まずは全身の保湿効果が高いベビーローションから始めてみるのがおすすめです。

次に、目的別にベビーオイルやベビークリームを揃えていくとよいでしょう。毎日の保湿ケアで肌荒れ知らずのもちもち健康肌をつくってあげてくださいね。