赤ちゃんの肌荒れ対策に効果的な保湿ケアアイテムの使い分け

ぷるぷるでモチモチ、すべすべなイメージのある赤ちゃんの肌ですが、同時に肌荒れに見舞われるリスクが高いことをご存じですか? 赤ちゃんの肌は、実は大人の約半分と薄くて、また水分を留めておくことができずとても乾燥しやすいのです。乾燥肌は放っておくと、肌荒れに繋がってしまうため、保湿ケアが大切。赤ちゃんの保湿ケアアイテムは豊富に販売されているため、その種類と使い方を知っておきましょう。

赤ちゃんの保湿ケアアイテムは種類が豊富

赤ちゃん

赤ちゃんの肌荒れ防止に役立つ保湿ケアアイテムには、いくつか種類があります。その代表的な保湿ケアアイテムをまとめました。

いずれの保湿ケアアイテムも、赤ちゃんの肌に直接塗るものなので、品質や成分にはこだわって選ぶようにしてください。植物由来の無添加製品がおすすめです。

ベビーローション

よく耳にする赤ちゃんの保湿ケアアイテムに、ベビーローションがあります。乳液のようなテクスチャーで、伸びがよくさらっとした使い心地が特徴です。

何度も頻繁に塗ることができ、その都度、肌への潤い補給が可能です。顔や全身に使うことができます。

赤ちゃんの毎日の肌荒れ予防に取り入れたい、必須の保湿ケアアイテムです。

※関連記事
ベビーローション赤ちゃんの保湿におすすめ

ベビーオイル

ベビーオイルもベビーローション同様に、保湿ケアアイテムではメジャーなアイテムです。

ベビーローションが水分を補うのに対し、オイルは油分補給に使われます。肌を保護する機能に優れています。

また、肌の摩擦を防ぐ効果があるため、主にベビーマッサージに使われます。

そのほかにも、赤ちゃんの耳掃除やおむつまわりケア、へその掃除、便秘解消に使うなどいろいろな用途があります。

※関連記事
ベビーローションとベビーオイルの違いとおすすめの使い分け方法

ベビークリーム

ベビークリームは、ベビーローションよりも保湿力が高く、ちょうどベビーローションとベビーオイルの中間的な位置づけになります。

ベビーオイルではベタつきが気になるため、特に乾燥が気になる部位に使うのがおすすめです。

抗炎症作用が含まれるベビークリームも多く、おむつかぶれのケアやあせもなどに使います。

ベビーワセリン

ベビーワセリンは、ベビーオイルと同じような効果があります。

ワセリンに水分補給の働きはありませんが、バリアのように赤ちゃんの肌表面を守り水分が失われるのを防ぐことができます。

赤ちゃんの肌荒れ対策に効果的な保湿ケア

保湿 ローション

赤ちゃんの痛々しい肌荒れ、予防できるのであればママのケアで何とかしてあげたいですよね。赤ちゃんの肌荒れ対策は、お肌を保湿してあげて、潤いを保ってあげることが大切です。

そんな赤ちゃんの日々の保湿ケアには、伸びがよく使いやすいベビーローションがおすすめです。

特に、皮膚の水分が奪われ乾燥が進むお風呂上がりには、ベビーローションをたっぷり塗ってあげましょう。

また、保湿効果をより保つためには、ベビーローションで潤いを与えた後に、ベビーオイルやベビークリームで蓋をしてあげるとよいでしょう。

特に乾燥しやすい冬場はぜひ試してみてください。

※関連記事:▶赤ちゃんの乾燥肌の原因と対策

赤ちゃんの保湿ケアをもっと楽しく有意義に

保湿 ローション

せっかく赤ちゃんの保湿ケアをするのであれば、親子のコミュニケーションの一環として、赤ちゃんに声をかけながら楽しい時間にするとよいですね。

毎日赤ちゃんに触れることで、赤ちゃんの些細な変化や成長に気が付くことができるので、育児の自信にも繋がりますよ。

子供はすぐに大きくなります。ママ自身の手でゆっくりスキンケアをしてあげられるのは小さな赤ちゃんのときだけ。

貴重な時間を大切にしながら、赤ちゃんの肌もやさしく守ってあげましょう。