乳児湿疹はいつまで繰り返す?原因や月齢別で見る症状、対策方法は?

赤ちゃんの顔や首、頭皮にまで発症する湿疹を総称して乳児湿疹と呼びます。カサカサした乾燥状態から、ジュクジュクした状態など、乳児湿疹にはさまざまな症状があります。繰り返す湿疹の場合、いつまで続くのか心配になりますよね。今回は、乳児湿疹の原因や月齢別に発症しやすい症状、さらに対策方法についてご紹介します。

赤ちゃんの乳児湿疹の原因は?

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんの乳児湿疹は、さまざまなな原因によって発生しますが、主な原因は以下の3つとなります。

原因1:汗っかきで皮脂分泌量が多い

赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗っかき。また、生まれて数週間後から生後2、3ヶ月までの赤ちゃんは、ママから受け継いだホルモンの影響で皮脂分泌量が多くなります。赤ちゃんの毛穴に過剰な皮脂分泌が詰まり、乳児湿疹を起こします。

原因2:角質層が薄く肌荒れしやすい

皮膚は体内の水分保持や、有害物質の侵入を防ぐ役割を担っています。赤ちゃんは角質層が薄いので水分が蒸発しやすく、外的刺激も受けやすいため、乳児湿疹を発症します。

原因3:カサカサした乾燥肌になりやすい

赤ちゃんは生後2、3ヶ月を過ぎると徐々に皮脂分泌が落ち着き、今度はカサカサした乾燥肌が進みます。赤ちゃんの肌は、外的刺激から肌を守るバリア機能が大人よりも弱いため、少しの摩擦や刺激にも乳児湿疹を引き起こしてしまいます。

また、生後3ヶ月以降に冬を迎える秋生まれの赤ちゃんは、乾燥を原因とする乳児湿疹を発症しやすい傾向があるようです。

赤ちゃんの乳児湿疹はいつまで続く?月齢別で起こしやすい湿疹は?

シマウマの置物とクエスチョンマーク 疑問

赤ちゃんの乳児湿疹はいつから発症し、いつまで続くのか心配になりますよね。

個人差はありますが、乳児湿疹は生後2週間頃から始まり、生後半年頃には治まっていくことが多いようです。

以下、月齢別に生じやすい乳児湿疹の症状です。湿疹に合ったケアをして改善していきましょう。

1.新生児~生後2・3ヶ月頃

生後間もなくから生後2、3ヶ月頃の赤ちゃんは、ママから受け継いだホルモンの影響で、皮脂分泌が多い時期です。そのため、乳児湿疹の中でも、新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹が発症しやすくなります。

新生児ニキビ

生後1ヶ月頃をピークに、頭皮やおでこ、頬に白い芯のポツポツや赤いブツブツとした湿疹が現れるのが特徴。痒みや傷みはありません。

乳児脂漏性湿疹

生後すぐから生後2、3ヶ月頃に発症しやすい乳児湿疹。眉毛やおでこ、髪の生え際などに、黄色いかさぶたやフケができます。

2.生後3ヶ月~生後半年

皮脂分泌が落ち着き乾燥が進みます。乾燥肌は赤ちゃん自身にも痒みがあるので、掻きむしった箇所から細菌が入り、ジュクジュクとした乳児湿疹になってしまうことも。

赤ちゃんは、水分を保持するのが難しく乾燥しやすいので、こまめに保湿ケアをおこないましょう。お風呂上がりや外出前後、おむつ替え時には、保湿ケアをするおすすめのタイミングです。

赤ちゃんに塗る保湿剤は、ベビーローションやクリームがよいでしょう。

乳児湿疹を繰り返したり完治しない!もしかしてアトピー?

泣いている赤ちゃん

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の見分けは、医師でも難しいとされています。

しかし、湿疹の症状が乳児の場合2ヶ月以上、その他の場合は6ヶ月以上続くと、アトピー性皮膚炎と診断するとのこと(※1)。

アトピー性皮膚炎の発症時期として、早いと生後2ヶ月頃に発症し、発症年齢が1歳以降になると治る確率が難しくなっていくようです(※2)。

繰り返し乳児湿疹の症状が出る、悪化するといった場合は、まず皮膚科や小児科へ相談してみましょう。

※関連記事
赤ちゃんの乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の症状や原因の違いは?

乳児湿疹に効果的な対策方法は?

ボトルからベビーローションを手に出す

多くの赤ちゃんが経験する乳児湿疹ですが、できるだけ症状は抑えてあげたいですよね。

赤ちゃんが乳児湿疹でつらい思いをしないように、しっかりママとパパが対策をしてあげましょう。

乳児湿疹の対策ポイントは、赤ちゃんの肌を清潔に保ち、保湿をしてあげること

赤ちゃんの肌を清潔に保ち、保湿ケアをおこなうことで、随分と乳児湿疹が改善されますよ。

皮膚を清潔に保つ

赤ちゃんの肌は外的刺激に弱いので、できるだけ清潔な状態を保つことが大切です。赤ちゃんが汗をかいたら、柔らかいタオルやガーゼでやさしく拭き取り、特に夏場は、こまめに着替えをさせましょう。

また、赤ちゃんは口周りも、よだれやかぶれを起こしやすいので注意が必要となります。授乳後や離乳食後は、きれいに口元に付いた汚れを拭き取ってあげましょう。

ベビーソープ・石鹸の泡でやさしく洗う

赤ちゃんを洗うときは、赤ちゃん用弱酸性のベビーソープや、ベビー石鹸をしっかり泡立てて、やさしく撫でるように泡で全身を洗います。ホディタオルなどで、ゴシゴシ体を洗うのは避けてください。

また、ベビーソープやベビー石鹸のすすぎ残しは、肌トラブルのもとになります。水圧の弱いシャワーなどと併用して、すっきり洗い流してあげましょう。

保湿ケアをおこなう

赤ちゃんは乾燥しやすいため、こまめな保湿ケアが大切となります。沐浴やお風呂上がりは水分が蒸発しやすく乾燥も早いので、入浴後はできるだけすばやく保湿をしてください。

赤ちゃんの保湿ケアにおすすめの保湿剤は、肌に水分補給をする役割のあるベビーローションを選びましょう。

ベビーローションを選ぶときは、化学成分が含まれておらず、天然成分でできた無添加処方を選ぶのがポイントです。

また、ベビーローションでの保湿ケアは、お風呂上がりだけではなく、起床時やおむつ替え、外出前、外出後に塗るのがおすすめのタイミングです。

※関連記事
乳児湿疹対策にはベビーローションがおすすめ

赤ちゃんにおすすめのベビーローション

アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●容量:150ml
●税込価格:2,484円 ※お得な定期便もあります!

高保湿成分のホホバオイルやシアバターを配合した、99%以上天然由来成分「ALOBABY」のベビーローション。

世界的オーガニック基準のエコサート取得済で純国産なので、赤ちゃんに安心して使えますよ。

芸能人ママもおすすめ、数多くの雑誌にも掲載されている人気オーガニックのベビーローションです。

詳細 バナー

当サイトでは、他にも様々なベビーローション比較おすすめ12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

乳児湿疹がいつまで続くのかは赤ちゃんによって違う

スキンシップを図っている赤ちゃんとママ

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが経験しますが、いつから始まりいつまで続くのかは、赤ちゃんによって個人差があります。

赤ちゃんの乳児湿疹がひどくならないためにも、肌を清潔に保ち、こまめに保湿をしてあげましょう。

しかし、赤ちゃんの乳児湿疹が2ヶ月以上続く場合は、アトピが疑われます。一度かかりつけの皮膚科を受診して、医師に相談してください。

赤ちゃんの乳児湿疹の原因を知り、症状に合った適切なケアをして、徹底的に予防・対策をおこないましょう。

※1 参考文献:日本皮膚科学会 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版

※2 参考文献:いのうえ小児科アレルギー科クリニック