乳児湿疹の種類と種類別の効果的なケア方法

乳児湿疹と一言でいっても、症状ごとに種類があることをご存知でしょうか。乳児湿疹の種類によって、適切な赤ちゃんのケア方法も異なります。誤ったケアによって乳児湿疹を悪化させてしまうことのないように、乳児湿疹に関する基礎知識を持っておきましょう。赤ちゃんの乳児湿疹で悩んでいるママはぜひチェックしてください。

乳児湿疹の種類とケア

赤ちゃん 乳児湿疹 ケア

1.新生児に最も多い乳児湿疹「新生児ニキビ」

生後1週間~1ヶ月くらいにの新生児の赤ちゃんによく見られる乳児湿疹の種類が、新生児ニキビです。

鼻の頭や小鼻、おでこ辺りを中心に、思春期のニキビと同じような赤いポツポツができます。中には、顔中に広がって顔が真っ赤になる赤ちゃんもいます。

〇新生児ニキビのケア方法

赤ちゃんは新陳代謝が大変よいので、過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まってしまうことが新生児ニキビの原因といわれています。

そのため、新生児ニキビで一番大切なケアはお肌を清潔にすることです。ベビーソープやベビー石鹸の泡でやさしく洗い皮脂を溶かしてあげましょう。

その際、ゴシゴシお肌をこすったり、ニキビをつぶそうとしてはいけません。

また「取り除く」ばかりでなく、失った潤いを「与える」ことも大切。清潔に洗ってあげた後は、ベビーローションで保湿してあげます。

このような基本のケアを続けてあげると、生後3ヶ月くらいからは徐々に減っていきます。

2.乳児湿疹の中でもっとも多い種類「乳児脂漏性湿疹」

乳児湿疹といえばこの乳児脂漏性湿疹を指しているといってもよいほど、多くの赤ちゃん・ママが悩んでいます。

生後4ヶ月頃によく見られる乳児湿疹で、黄色いかさぶたやフケのようなものが、顔や頭にこびりつきます。患部が赤く腫れる症状もあります。

この乳児脂漏性湿疹も新生児ニキビと同様で、赤ちゃんの新陳代謝が活発なために、過剰に分泌した皮脂で毛穴が詰まることが原因です。

〇乳児脂漏性湿疹のケア方法

乳児脂漏性湿疹のケア方法は、かさぶたのようなものをふやかして取ってあげます。

赤ちゃんをお風呂に入れる際に、ガーゼをお湯につけて、患部に当ててやさしく取り除きます。

無理にはがそうとはしないで、ベビーオイルつけてから取ると取りやすく、赤ちゃんのお肌を傷つけません。ゴシゴシこすったり、無理やりはがすと悪化するため注意しましょう。

3.乳児湿疹の種類のひとつ「あせも」

あせもは大人でも起きる肌トラブルですが、汗っかきな赤ちゃんは特にあせもになりやすいのです。

特に夏場、汗をたくさんかいたときに出やすい種類の乳児湿疹です。新生児は白いポツポツとなってあせもが出ることがあります。

以後は、赤いポツポツが皮膚と皮膚が重なっているところ、おむつのゴムのところなど、汗が溜まるところに出ます。

あせもの原因は、赤ちゃんは汗腺が未熟なため、汗をかきやすく、汗が皮膚に溜まってしまうことが挙げられます。

〇あせものケア方法

あせものケア方法はとてもシンプルで簡単。毎日、赤ちゃんをお風呂に入れてあげて、ベビーローションで保湿しお肌を保護してあげます。

また、夏場は汗をかくたびにお着替えさせてあげましょう。赤ちゃんは体温が高く、大人が思っているよりも薄着でちょうどよいかもしれません。

もし赤ちゃんがあせもがかゆくて掻き毟っているようであれば、ミトンを赤ちゃんの手に付けてあげましょう。

掻き毟ると、黄色い膿がでる「とびひ」の状態になってしまい、体全体にうつってしまうことがあります。掻き毟らないように注意してあげましょう。

※関連記事
乳児湿疹対策にはベビーローションがおすすめ

乳児湿疹?アレルギー?アトピー?赤ちゃんは遺伝的にかゆみを起こしやすい

赤ちゃん

ケアをしていてもなかなか乳児湿疹が治りにくい場合は、アレルギーやアトピーの可能性も考えられます。

赤ちゃんは、もともとかゆみを起こしやすい体質であることに加えて、ダニやハウスダスト、動物の毛やストレスなどが原因で、アトピーを引き起こしている場合もあります。

また、離乳食が始まり食べ物を食べ始めると、食物アレルギーが原因であるということも考えられます。

〇アトピー・アレルギーのケア方法

アトピーのケア方法は、できるだけ毎日部屋の掃除をしましょう。赤ちゃんの衣服を洗う時には、赤ちゃん用の天然成分の洗濯石鹸を使って、よく石鹸をゆすいで落とすことが予防になります。

食物アレルギーが考えられる場合は、生後半年から検査を受けられます。アレルギー物質の種類がわかったら、目安1歳ごろまでは避けるようにしてください。

しかし、症状が軽い場合は、完全に避けてしまうと一生食べられなくこともあります。

少量から始めて、徐々に体に慣らしていくと、アレルギーがあっても食べられる体質をつくることができます。

※関連記事
赤ちゃんのアトピーはいつからどんな症状が出る?

乳児湿疹には症状や必要に応じて適切なケアをしてあげよう

赤ちゃん

まだまだ成長途中の赤ちゃんは、お肌の状態も不安定なので肌トラブルを起こしやすいです。

もし、我が子のお肌に異変が見られた場合は、必要に応じて適切なケアをおこなってください。

症状がなかなか治らなかったり、不安な場合は、早めに医師に相談しましょう。

ママとパパで赤ちゃんを肌トラブルから守って、健康なお肌づくりのサポートをしてあげてください。