乳児湿疹の治療に赤ちゃんにステロイド剤を使う時の注意点

乳児湿疹の治療によく処方されるステロイド剤ですが、乳幼児の赤ちゃんに使っても副作用などないのでしょうか? ステロイド剤はクセになってしまうことがあるのでしょうか。当記事では、乳児湿疹でステロイド剤を使用する際の正しい使い方や注意点をご紹介します。

乳児湿疹の治療に使うステロイド剤の副作用

赤ちゃん 乳児湿疹 ステロイド

ステロイド剤は正しく使えば乳児湿疹に有効な薬

赤ちゃんが乳児湿疹になってしまった際、病院へ行くと症状によってステロイド剤が処方されることがあります。

ステロイド剤を極端に怖がるお母さんが多いようですが、ステロイド剤は正しく使用すれば、乳児湿疹を早期に治療することができます。

赤ちゃんはかゆさを我慢できないので、乳児湿疹のお肌を掻きむしってしまうこともあり、ストレスでイライラし、心と身体のどちらの状態にもよくありません。

ステロイド剤にはその強さに段階があり、赤ちゃんに処方されるステロイド剤は、中でも弱めのものが処方されるため、副作用を過度に心配する必要はありません。

大事なのは、医師の判断をしっかり守って乳児湿疹を治してあげることです。

ステロイドはなるべく短期間の使用に留めて

ステロイド剤を一度使い始めると、「止められない」「止めると反動で乳児湿疹がさらにひどくなる」などと心配する人もいますが、実はそのようなことはほとんどありません。

しかし、赤ちゃんのお肌への刺激のために長期間使用し続けないことが大切です。自己判断で長期わたってステロイド剤を使用することは危険です。

医師の指示をきちんと守り、ステロイドの使用は1週間程度に留めましょう。1週間程度、ステロイド剤を塗っていれば、乳児湿疹が完治することはほとんどです。

乳児湿疹の症状が改善されてきたら、ベビーローションなどの保湿剤を使ってこまめに保湿することで、徐々に改善されます。

乳児湿疹の予防はベビーローションで毎日の保湿ケアを

赤ちゃん

赤ちゃんの乳児湿疹の治療に、意志から処方されるステロイド剤は最終兵器とし、日頃はベビーローションで保湿ケアを習慣づけましょう。

ステロイド剤で乳児湿疹を予防することはできませんが、ベビーローションでの毎日の保湿は健康な肌づくりに効果的です。

特に赤ちゃんのお風呂上がりは、お肌が急激に乾燥してしまうため、ベビーローションでしっかりと保湿してあげましょう。

※関連記事
乳児湿疹対策にはベビーローションがおすすめ

乳児湿疹の予防におすすめはオーガニックベビーローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

▲画像:アロベビー ミルクローション

赤ちゃんの乳児湿疹対策に使うのであれば、安心成分のものをチョイスするようにしましょう。

できるだけ化学成分の含まれていない、オーガニックベビーローションがおすすめです。

「ベビーローション」と赤ちゃん用で売られていても、中には添加物など赤ちゃんによくない成分が入っているものもあるため、購入前には成分をよく確認しましょう。

中でもおすすめはアロベビーのベビーローション。このベビーローションは、99%以上が天然由来成分でできているため、乳児湿疹などの肌荒れがひどい赤ちゃんにも安心して使えます。

ベビーマッサージ教室などでも使用しているところが多くあるようです。

※関連記事
ベビーローション赤ちゃんの保湿におすすめ