【体験談】赤ちゃんの月齢別の肌荒れ症状とケア

赤ちゃんの肌は大人の半分の薄さしかなく、赤ちゃんは肌荒れを起こしやすいもの。筆者は4歳の息子と2歳の娘を持つ二児の母です。実際に4歳の息子が赤ちゃんの時は、乳児湿疹による肌荒れにいつも悩まされました。今でも肌が弱くて肌荒れを起こしがちです。当記事では、同じように悩むママたちの参考になるように、筆者が実際に体験した乳児湿疹による肌荒れとケア方法をご紹介します。

1.生後1週間頃から始まった肌荒れ【新生児ニキビ】

赤ちゃん

新生児ニキビの症状

息子は黄疸がひどく、生後1週間過ぎまで病院に入院していました。退院できる頃には、鼻の頭やおでこのあたりに、新生児ニキビがポツポツと現れました。

新生児ニキビは、生後数週間から数ヶ月の赤ちゃんに見られる肌荒れで、鼻やおでこなどに赤いニキビのようなできものができるものです。

その後は、頬のあたりが真っ赤になりカサカサになっていました…。

赤ちゃん用ミトンに苦戦

あまりにずっと掻きむしっているので、手に赤ちゃん用の柔らかいミトンをしていましたが、嫌がってすぐに外してしまうので困っていました。

何度も付け直してあげるのが時にストレスに感じることもありましたが、徐々に息子もミトンに慣れていきました。

乾燥によるニキビ状態が数ヶ月続きましたね。

2.生後1ヶ月頃からの肌荒れ【脂漏性乳児湿疹】

赤ちゃん

脂漏性乳児湿疹の症状

生後1ヶ月の時は頬がカサカサして赤くなり、皮膚がぽろぽろと取れ、とてもかゆいようで寝ながらずっと掻いてしまうほどでした。

1ヶ月検診の時、産院で脂漏性乳児湿疹と診断されました。

脂漏性乳児湿疹とは、生後1ヶ月~1歳前後の赤ちゃんにみられる肌荒れです。

病院で処方されたプロペトでケア

病院では「プロペト」と呼ばれる、白色ワセリンを処方してもらいました。

プロペトは不純物の入っていない油で、赤ちゃんの肌をコーティングし、保護してくれます。

毎日お湯に浸したガーゼで顔を洗って、白色ワセリンを塗る治療をしていましたが、少し良くなったり悪くなったり、一進一退を繰り返していましたね。

ベビーオイルでかさぶたをふやかす

赤ちゃんが寝ている時は、比較的ましな状態に見えるものの、起きている時の頬は真っ赤っかにまっていました。

頭には大きなフケのようなかさぶたもたくさんできていたので、お風呂の時にベビーオイルを使ってふやかして取っていました。

3.生後半年では肌荒れに耐えかねて皮膚科へ

赤ちゃん

息子が生後半年になった頃、肌荒れがひどくて耐えきれず皮膚科に行くことにしました。

皮膚科では、白色ワセリンと子供用の弱いステロイド剤を混ぜたものをカップに入れたお薬を処方してもらいました。

ステロイド剤を赤ちゃんに使用することに少し抵抗がありましたが、肌荒れのひどさに背に腹は代えられない思いで使ってみることに。

肌荒れしている箇所にお薬を塗ると、あっと言う間に治ってしまいました。「なぜ、もっと早く皮膚科に行かなかったのか」と後悔したほどです。

息子も、症状が改善されてからはあまりぐずらなくなり、やはり肌荒れは辛かったのだと実感しました。

ステロイド剤を避けているママには、医師の判断のもと短期間で使えば効果的であることを知ってほしいですね。

赤ちゃんの肌荒れはひどくなる前に毎日の予防を

ポイント

肌荒れがなかなか改善しない時や悪化してしまった時、医師の判断のもと正しく使えば、ステロイド剤は有効です。

しかし、赤ちゃんの肌はもともととても弱く、すぐに肌荒れを起こしてしまいます。その都度ステロイド剤を塗るよりも、日頃からの肌荒れケアが大切です。

筆者は、赤ちゃんの肌荒れ予防に、オーガニックのベビーローションを使用していました。

赤ちゃんにおすすめのベビーローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2484円

お気に入りは、アロベビーのミルクローション。99%以上が天然成分でできていて、フランスの世界的オーガニック認証団体のECOCERT(エコサート)を取得しているベビーローションです。

肌荒れを起こしやすい赤ちゃんにも、とても安心して使えると口コミで聞いて選びました。

アロベビー ベビーローションの使い方

ベビーローションの使い方は、赤ちゃんのお風呂上がりなどのタイミングで、汚れをよく拭いた後にやさしく塗ってあげてください。

アロベビーミルクローションを2プッシュほど手に付けて、全身に伸ばしましょう。もちろん、顔にも使えます。

特に肌荒れを起こしているところは、手のひらで優しく抑えるように塗っていました。

赤ちゃんのお肌に潤いと保護膜をつくってあげると、肌荒れを防いでくれると聞いて、毎日続けています。

※関連記事
ベビーローション比較おすすめ12選 | 赤ちゃんの保湿にベビーローション

赤ちゃんの肌荒れ対策に毎日の保湿ケアを続けよう

保湿 ローション

赤ちゃんのお肌をキレイに保つためには、お肌を清潔に保ち、こまめに保湿ケアをすることが大切です。

今回ご紹介したような肌トラブルが見られる場合で、症状が悪化したときには医師への相談をおすすめしますが、毎日のケアで予防することも可能。

赤ちゃんの頃からの保湿ケアは、将来の肌荒れを起こしにくい健康な肌づくりにも役立つため、ぜひお試しください。