赤ちゃんのアトピーの原因と予防方法は?

赤ちゃんの耳たぶや関節、顔など部分的に赤くかゆそうになり、ジュクジュクしてくるアトピー性皮膚炎。大切な赤ちゃんには、アトピーとは無縁な人生を送らせてあげたいですよね。今回は、赤ちゃんのアトピー原因、そして予防に効果的なベビーローションでの保湿、お風呂の入れ方ポイント、食事の注意点についてまとめました。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因

赤ちゃん アトピー 原因

アトピーの原因は不明?

「アトピーの原因が分かっていれば簡単に予防できるのでは?」と思うかもしれません。しかし、実はアトピーの原因は明確にわかっていません。

一般的にアトピーと言えば、ハウスダストやダニ、ペットの毛、よだれ、花粉などのアレルギーが原因になっているとされています。できるだけ部屋をきれいにし、ハウスダストやダニのいない生活環境を保ってあげるのがよいかもしれません。

しかし、これらのアレルゲンも人によって様々で、現段階でははっきり原因が特定ができていない状況です。

「体質や遺伝が原因」は一説に過ぎない

両親がアレルギー体質の場合は、何らかの影響でアトピーになりやすいという説もありますが、これについても実際は根拠はありません。

体質や遺伝だから「仕方ない」と諦めずに、ママ・パパがしっかり予防・対策をしてあげることが大切です。

乾燥肌もアトピーの原因に

赤ちゃんのアトピーは、外部から受ける刺激が原因となっている可能性があります。というのも、赤ちゃんの皮膚は薄さが大人の半分しかなく、バリア機能や免疫力が未熟です。

そのため、水分を保っておくことができず、激しく乾燥しやすい特性があります。

乾燥はあらゆる肌トラブルを引き起こす原因ですが、水分のないカサカサ肌にはアレルゲンが侵入しやすく、アレルギー反応を起こす原因にも。

また、カサカサを放置するとたちまちかゆみが起き、赤ちゃんは加減もわからず思いのままに掻きむしるので、さらに悪化してしまう事態に。

慢性的なアトピーを発症してしまうかもしれません。

※関連記事
赤ちゃんの乾燥肌の原因と対策

アトピー症状がみられる場合は原因の早期検査を

湿疹といった症状が長期間続く場合、またアトピー原因がはっきりしないときは、医師からアレルギー対応のミルクをすすめられることがあります。

原因がわからないからこそ、早期にアレルギー検査を受けると安心です。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の効果的な予防法

アトピー予防にまずは保湿が効果的

赤ちゃん アトピー 予防 保湿

赤ちゃんのお肌はとても薄くてデリケートなので、とにかく保湿はアトピーや乳児湿疹から守るためにも大切です。

一度潤いを与えてあげても、お肌の中に水分を留めておくことができませんので、定期的に保湿ケアを行ってあげる必要があります。

たとえアトピーの症状がみられなくても、朝とお風呂上がりの1日2回は、ベビーローションで保湿しましょう。

もちろん乾燥が気になる時は、何度塗ってあげても大丈夫です。

アトピー予防におすすめ!アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●容量:150ml
●税込価格:2484円

保湿剤は、サラサラとしていて、ベタつかないベビーローションを選ぶと塗りやすく、肌馴染みも良いのでおすすめです。

ベビーローションは、天然由来の植物成分でできている無添加・低刺激の製品がおすすめです。

オーガニックのアロベビー ベビーローションであれば、お肌に低刺激な成分だけでつくられているものも多く、やさしく赤ちゃんのお肌を潤してくれます。

※関連記事
赤ちゃんのアトピー予防にベビーローションを使った保湿ケアが効くのはなぜ?

お風呂で清潔な肌状態を保つ

赤ちゃん アトピー 予防 お風呂

赤ちゃんの健やかなお肌を守るためには、保湿のほかにもお風呂で清潔にすることが大切です。

しかし、お風呂はお肌の乾燥を加速させ、必要な皮脂を取り除き過ぎてしまう可能性があります。

お風呂上がりは、柔らかいタオルで水分を「ポンポン」と拭き取り、5分以内を目安にベビーローションで顔から脚まで、全身に手早く保湿ケアおこなってあげましょう。

また、保湿効果のあるベビー用入浴剤も乾燥対策に効果的。お湯の温度はぬるめに設定しましょう。

大人にとっては40度位のただのお湯も、赤ちゃんには強い刺激になります。37~39度くらいがおすすめです。

アトピーを予防に効果的な食事

アトピー 予防 アレルギー 食材 野菜

食べ物のアレルギーに気を付ける

赤ちゃんのアトピー予防には、食べ物に気をつけることも大切です。まず、食べ物アレルギーを持っていないかをきちんと確認しましょう。

特に、卵や小麦粉、魚介類はアレルギーを持っている子が多いので、早めに確認してください。また、食べ物を与える月齢にも気を配った方が良いですね。

ママが注意するのは、「動物性脂肪をできる限り避ける」「魚を食べさせる」「旬の食べ物を取り入れる」こと。

動物性脂肪とは、お肉の脂やお菓子に入っているバターなども動物性脂肪です。味がおいしいので子供も大好きな食材ですが、動物性脂肪は実はアトピーになりやすい体質を招くのだとか。

脂質やタンパク質は、魚介類から摂らせてあげるようにしましょう。

良質なたんぱく質や豊富な栄養素が、健やかな体をつくってくれます。しかし、アジやサバなどの青魚には「EPA」という血液サラサラ成分が多く酸化しやすいので、かゆみの原因になる可能性があります。赤身のお魚や白身魚を選ぶことをおすすめします。

食事のバランスを意識する

旬の野菜やお魚は、その土地に合わせて選ぶと、ビタミンやミネラルも豊富なので健やかな成長を促してくれます。

食事のバランスは、主食(ご飯など)を5、副菜を3、おかず(タンパク質)を1の割合が理想的です。

赤ちゃんがアトピーにならないように予防対策を実践しよう

赤ちゃん

赤ちゃんのアトピーの原因と、ぜひ取り入れていただきたい予防法をご紹介しました。

ベビーローションを使った保湿、お風呂、食事の見直しは、毎日の生活で取り入れることができるので、ぜひ意識してみてください。

赤ちゃんが健康に過ごせるように、最適なケアをおこなって、成長のサポートをしましょう。