赤ちゃんの乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の症状や原因の違いは?

ベビースキンケアを徹底していても、毎日欠かさず保湿をしていても、ブツブツといきなり乳児湿疹ができることはないですか? そんな時、ふとアトピー性皮膚炎の不安が頭をよぎりますよね。そもそもアトピーと乳児湿疹は何がどのように違うのでしょうか?今回は、アトピーと乳児湿疹の違いについてまとめました。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の原因と症状は?

乳児湿疹 アトピー 違い 赤ちゃん

1.乳児湿疹

多くの赤ちゃんに頻繁に起こる乳児湿疹は、乳時期に発生する湿疹の全般を指しています。

「乳児湿疹」という病名の皮膚疾患があるわけではなく、カサカサの湿疹からジュクジュクとしたやや水分の多い湿疹、おむつかぶれ、あせもなど、様々なタイプの湿疹を総称するものです。

乳児湿疹の症状は、顔が全体的に赤くなったり、小さく水ぶくれが現れたり、脂漏性湿疹の場合はうろこのようなかさぶたができることもあります。

特に肌を露出している部分、ほっぺやおでこにできやすく、場合によっては背中や全身に広がることも…。

乳児湿疹のほとんどは、生後2週間頃からでき始め、1歳になる頃には症状が落ち着き、徐々に治まっていきます。

また乳児湿疹の原因は、新生児であれば過剰な皮脂分泌や毛穴の詰まりによるもの、生後2~3ヶ月を過ぎると肌の急激な乾燥によるものなど、月齢によって異なり、また個人差があります。

一方で、どのような原因で炎症が起きているのかと問わず、すべて乳児湿疹と呼ばれるのです。

※関連記事
乳児湿疹の原因は乾燥だけじゃない

2.アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質をもつ赤ちゃんに発症します。

特定のアレルギー物質に対して起きるため、赤ちゃんにも発生する可能性は十分にあります。

アトピーは食べ物だけが原因だと思っている人が多いですが、実際にはホコリやダニなどにアレルギー反応を起こすことが多いようです。

そのため、赤ちゃんのアトピーは、生後まもなくいつから起きても、何ら不思議ではありません。

赤ちゃんの場合、皮膚のバリア機能が未熟で弱いことがアトピーを引き起こす原因となることが多いそう。

大人の約半分程度の厚さしかない赤ちゃんのお肌は、ダニやほこりなどの外部の刺激を受けてお肌をかいている内に、皮膚表面が傷ついてバリア機能が壊れてしまいやすいのです。

バリア機能が壊れると、アレルギーの原因物質が侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎を引き起こしやすくなるといわれています。

アトピーの代表的な症状は、顔や頭部のほかに、耳、ひじ、ひざの裏など関節付近が乾燥し、強いかゆみを伴って皮膚が切れてしまうこともあります。

※関連記事
赤ちゃんのアトピーはいつからどんな症状が出る?

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎との違いや見分け方は?

赤ちゃん ママ 手

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹は原因はそれぞれ違っていても、症状が発生してしまうと医師でも見分けるのは難しいといわれています。

毎日どんなに赤ちゃんを観察しているママでも、素人目では、アトピーなのか乳児湿疹なのか、違いについて指摘できる人は少ないかもしれません。

ここでは、代表的な見分け方の違いについてご紹介します。

アトピーは症状を繰り返す

ただしアトピーは、よくなったり悪くなったりと、症状を繰り返すという特徴があります。

日本皮膚科学会のアトピーガイドラインによると、乳児の場合は2ヶ月以上(そのほかでは半年以上)、湿疹の症状が続く場合は、アトピーと診断されるようです。(※1)

アトピーは湿疹のでき方が特徴的

症状を繰り返す以外にも、湿疹のでき方にも特徴があり、頭部や顔にジュクジュクとした湿疹が出て、下半身に向かって湿疹が広がっていくという特徴もあります。

なかなか症状が完治しない場合や、湿疹の様子にいつもと違う違和感を感じるような場合は、アトピー性皮膚炎の可能性を疑って医師に相談しましょう。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の予防・対策法

赤ちゃん アトピー

毎日の保湿ケアを徹底する

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と乳児湿疹は、何よりも「肌の乾燥」が一番の大敵。まずは毎日の保湿ケアをしっかりおこなうことが重要です。

カサカサになりバリア機能が損なわれた皮膚は外部刺激の影響を受けやすく、またアレルゲンも侵入しやすくなってしまいます。

国立成育医療研究センターによると、新生児から保湿剤を塗布することで、アトピーの発症リスクを3割も減らすことができたという調査結果があります(※2)。

また、赤ちゃんの保湿ケアに使う保湿剤は、ほど良いとろみと伸びの良さがあるベビーローションがおすすめです。

ベタつきが気にならず、付け心地もサラサラとしていながらしっかり保湿できるので、塗られている赤ちゃんもご機嫌になりますよ。

朝起きたとき、お風呂上がりのベビーマッサージ、お出かけ先から帰ってきたときや、室内のエアコンや暖房で乾燥が気になるときなど、こまめに保湿してあげましょう。

乾燥から肌を守ってあげることが、乳児湿疹やアトピーの効果的な予防になります。

敏感肌の赤ちゃんにおすすめ!アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●容量:150ml
●税抜価格:2300円

ママ達に話題の純国産ベビー向けスキンケアブランド・アロベビーのベビーローション。ミルクタイプなので、伸びもよく、肌馴染みがいいので簡単に全身の保湿ケアができる!と口コミで人気です。

さらに、99%以上が天然由来成分を使用しているので、敏感肌の赤ちゃんにも安心して使用できます。

新生児から使えるので、赤ちゃんの健やかな肌づくりに、おすすめのベビーローションです。

アロベビー ミルクローション ベビーローション 詳細

※関連記事
乳児湿疹対策にはベビーローションがおすすめ
赤ちゃんのアトピー予防はベビーローションでの保湿が効果的!

ほかにも、ママができる赤ちゃんの乳児湿疹・アトピーのホームケアとして、以下のことを心掛けてみましょう。

乳児湿疹を悪化させるものを排除する

  • 赤ちゃんを洗うベビーソープやベビー石鹸や、洗濯物の洗剤は無添加で赤ちゃん用のものをチョイス。
  • お掃除は毎日しっかりしなくても、できる範囲で室内の気になるところを清潔に保つように心掛けましょう。(そこまで神経質にならなくても大丈夫)
  • 赤ちゃんの洋服やタオルケット、かけ布団など、お肌に直接触れるものはできる限り綿素材にして、刺激を与えないようにしましょう。
  • 赤ちゃんのお肌を清潔に保つためにも、お風呂には毎日入れてベビーソープでやさしく洗いましょう。

赤ちゃんの正しいお風呂の入れ方

赤ちゃん用の無添加なベビーソープやベビー石鹸(保湿効果が高いものが理想的)をしっかり泡立て、頭や顔はガーゼを駆使してキレイに洗ってあげましょう。

この時、ゴシゴシ洗うと摩擦で赤ちゃんのお肌に強い刺激を与えるので注意してください。湿疹や傷がある時は優しく撫でる程度で十分です。湿疹が出ている時は特に、温まることで身体が痒くなるので長湯は避けましょう。

ベビーソープできれいにと洗った後はすすぎをしっかり行い、お風呂上がりは保湿ケアをきちんと行いましょう。

とにかく乾燥には注意

とにかく保湿ケアをしっかりおこなうと共に、乾燥から赤ちゃんを守ってあげましょう。加湿器や空気清浄器を利用するのも良いでしょう。

また、肌の摩擦にも気を付けてください。赤ちゃんすぐに引っ掻いてしまうので、赤ちゃんの爪はこまめに切ってあげてくさいね。

※関連記事
赤ちゃんの乾燥肌の原因と対策

乳児湿疹とアトピーの違いを知って適切にケアをしよう

赤ちゃん

乳児湿疹とアトピーの違いは理解できましたか?

どちらの場合も、ベビーローションなどを活用した保湿ケアをおこなうことは重要ですが、なかなか症状が治まらなかったり、悪化してしまうようであれば、早めに小児科か皮膚科を受診してください。

この時、アレルギー科のある病院であれば、アトピーだったとしてもより的確に処置してもらえます。

日頃の保湿をしっかりおこない、万が一の時は病院へ。この基本的な対策をぜひ心掛けてくださいね。

※1 参考文献:日本皮膚科学会 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン
※2 参考文献:国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見(アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連)