赤ちゃんの顔の乾燥は放っておくと肌荒れを招いてしまう!

赤ちゃんの顔はプニプニですべすべ、ついつい触りたくなりますよね。しかし実は、気を付けてあげないと赤ちゃんの顔はいつしか激しく乾燥が進み、さらには肌荒れにまで進行してしまうことに。乾燥は大人の女性だけでなく赤ちゃんにも大敵です。今回は、赤ちゃんの顔の乾燥の原因や肌荒れの症状、対策法についてご紹介します。

赤ちゃんの顔はなぜ乾燥するの?

赤ちゃん 顔

大人よりも、ずっとデリケートな赤ちゃんの肌。すぐに肌荒れを起こしてしまうのには、理由があります。

皮膚の薄さ

赤ちゃんの皮膚の厚さは、大人の約半分だということを知っていますか?

赤ちゃんの肌は厚さが薄い分、中に水分を留めておくことができず乾燥しやすい上、肌を守るバリア機能が弱いのです。

そのため、外からの刺激がダイレクトに影響して、肌荒れに繋がってしまいます。

生後2ヶ月以降は皮脂分泌が落ち着く

また、生まれて2ヶ月ぐらいまでは分泌される皮脂量が多いものの、生後2ヶ月を過ぎた頃からは皮脂が激減してしまうので、特に注意が必要です。

赤ちゃんの顔の乾燥と肌荒れは、体よりもさらに気をつけなければなりません。

顔は体とは違い常に露出している状態なので、ずっと外気にさらされ水分を奪われる機会が多く、乾燥した状態が続いてしまうためです。

気を付けてあげたい赤ちゃんの顔の肌荒れ

赤ちゃん 顔

赤ちゃんの顔には、具体的にどのような肌荒れの症状があるのでしょうか。代表的な顔の肌荒れを紹介します。

1.カサカサやブツブツの湿疹

赤ちゃんの乾燥が進むと、まず肌触りに大きな変化が見られます。

これまでツルツルスベスベだったほっぺが、カサカサしてきたりザラついたり、あるいはブツブツの湿疹が見られるようになってきます。

これらはすべて乾燥による肌荒れのサインです。

乾燥肌を自分で肌を守る力が弱くなっていて、少しの刺激でも炎症を起こしてしまい、肌荒れとなるのです。

2.口周りのよだれかぶれ

赤ちゃんの顔はよだれや食べこぼしなど、口周りの汚れがどうしても付着しやすい状態にあります。

こうした汚れも刺激となり得るため、肌荒れが悪化してしまう恐れがあり、注意しなければなりません。

3.顔のアトピー性皮膚炎

顔の乾燥が続くと、特にほっぺを中心とするアトピー性皮膚炎が出てくることがあります。

アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんの頃に発症してしまうと、長い付き合いとなるため、できる限りの予防をしてあげる必要があります。

※関連記事
赤ちゃんの乾燥肌の原因と対策

赤ちゃんの顔に重要なのは清潔にすることと乾燥を防ぐこと

ポイント

お肌を清潔に

赤ちゃんの顔のケアは、まずは清潔にすること。口周りのよだれや汚れ、顔の汗は湿らせたガーゼなどでやさしく拭ってあげましょう。

力を入れると、摩擦ダメージに繋がってしまうため、あくまでも「やさしく」がポイントです。

乾燥を防ぐ

また、乾燥が肌のバリア機能を弱めてしまうということは説明しましたが、言い換えれば「肌を乾燥させないようにすることが、肌荒れ予防にも繋がる」ということになります。

そこで重要なのが、ベビーローションなどによる「保湿」です。保湿剤で顔の水分を補給し、逃さないようにしてあげましょう。

赤ちゃんに保湿剤を使用する際は、ママが使っているような大人の保湿剤を兼用するのはいけません。

同様に、「赤ちゃんにも使える」と謳っているものは、様々な防腐剤等が含まれていることも少なくありません。

赤ちゃんのデリケートな肌には、赤ちゃん向けに作られた専用のベビーローションの使用が安全策だといえます。

赤ちゃんの顔と体の乾燥・肌荒れ対策に!おすすめのベビーローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円

赤ちゃん向けのオーガニックスキンケアブランドとして注目を集めている、アロベビー。

純国産かつ99%以上が天然由来成分の保湿剤なので、赤ちゃんの乾燥肌・肌荒れ対策にもおすすめです。

もちろん顔にも使用できるので、赤ちゃんの保湿ケアアイテムをお探しのママは、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

乾燥と肌荒れから赤ちゃんの顔を守ってあげましょう

赤ちゃん 顔 肌

赤ちゃんの顔の乾燥を防ぐことは、同時に肌荒れを防ぐことにも繋がります。赤ちゃんの肌を守ってあげるのも、ママのお仕事のひとつです。

一方で、気負って必死に取り組むよりも、ママも楽しんで微笑みかけながら保湿ケアができると、赤ちゃんにとっても楽しい時間になります。

親子のスキンシップとしても、保湿ケアの時間を楽しく取り入れてみましょう。