赤ちゃんのアトピーはいつからどんな症状が出る?

アトピー性皮膚炎(通称:アトピー)は、皮膚のアレルギー反応による炎症が現れるもの。アトピーは特定のアレルギー物質に反応して起こるため、赤ちゃんにも発症します。アトピーはいつごろ出てどのような症状が現れるのでしょうか。また、アトピー予防に保湿剤の塗与が有効とされているのはなぜでしょうか。赤ちゃんのアトピーについて、疑問に思うことをまとめました。

赤ちゃんのアトピーはいつから?乳児湿疹との違い

赤ちゃん アトピー

そもそも、乳児湿疹とは?

赤ちゃんの肌はデリケートで繊細なため、生後すぐに湿疹が出始めることも多くあります。赤ちゃんに出る乳児期特有の肌荒れを総称して「乳児湿疹」と呼びます。

顔や頭、お腹などに発生する乳児湿疹は、個人差はありますが、新生児期から始まり、生後6ヶ月頃、遅くても1歳頃までには治まることが多いです。

湿疹が現れると不安になりますが、しっかりケアをすれば改善していくので、焦らずに落ち着いてケアをおこないましょう。

多くの赤ちゃんに見られる乳児湿疹ですが、アトピー性皮膚炎と症状が似ているため、素人の判断は難しいかもしれません。

アトピーと乳児湿疹の違いは症状が継続するか否か

日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」によると、乳児期の場合はアトピーと見られる症状が2ヶ月以上、その他は6ヶ月続くと、アトピー性皮膚炎と診断されるようです(※1)。

アトピーの症状は様々ですが、大体は生後4ヶ月頃~生後6ヶ月頃に出始め、少なくとも2歳までにはアトピーが発症するといわれています。

赤ちゃんのアトピーは、一見すると見た目だけでは、乳児湿疹と判断がしにくいため、なかなか湿疹が治らない場合は、かかりつけの小児科や皮膚科に行って、相談することをおすすめします。

また、生後2~3ヶ月頃までは、特に乳児湿疹との判別が難しいため、アトピーの検査は生後4ヶ月以降がおすすめです。

※関連記事
乳児湿疹対策にはベビーローションがおすすめ

赤ちゃんのアトピーの症状の特徴は?

赤ちゃん アトピー 症状

乳児の場合は湿疹が2ヶ月以上続く

赤ちゃんのアトピー症状の特徴としては、赤くジュクジュクした湿疹が2ヶ月以上続きます。

最初に、頭や顔に湿疹が現れ始め、次第にお腹や背中へと広がっていき、湿疹が慢性的に続くパターンが多く見られます。

また、アトピーは耳の付け根がただれたり、切れたりするような症状も現れます。

強いかゆみと乾燥

アトピーは強いかゆみを伴い、全身が乾燥して皮膚が厚くなり、カサカサした状態がよく見られます。

アトピーは、体質や遺伝など、はっきりとした要因は判明されていませんが、肌のバリア機能が低いことも、発症原因として挙げられています。

赤ちゃんがアトピーになったときの対策・ケア方法は?

赤ちゃん アトピー

アトピーはすぐ治るわけではないので、長期にわたって付き合う必要があります。赤ちゃんがアトピーを発症したら、病院で処方された薬による治療と併せて、肌の清潔と保湿ケアもおこないましょう。

処方された薬を指示通り使用する

アトピーの症状によって、ステロイド薬が処方されます。ステロイド薬は副作用の心配もあるので、赤ちゃんへの使用をためらうママ・パパもいます。

しかし、医師がアトピーの治療に適していると判断した場合は、用法・容量を守って使用しましょう。

自己判断で薬をやめたり、使用回数を減らしたりすると、アトピーが悪化する恐れがあるため、医師の指示通りに使ってください。

最近では、2歳以上の子供に使用できるタクロリムス軟膏(プロトピック軟膏)も、アトピーの治療薬として使われています。

肌を清潔に保つ

赤ちゃんのアトピー対策には、肌の清潔が重要です。体温が上がるとアトピーのかゆみが強くなるので、お風呂の温度はぬるめ(38℃以下)くらいを目安にしましょう。

こまめな保湿ケアをする

赤ちゃんの肌のバリア機能を高めるために、ベビーローションなどの保湿剤を塗りましょう。

お風呂上がりは肌の乾燥の進みが早く、保湿剤も浸透しやすいため、入浴後5~10分以内を目安に、たっぷりとベビーローションを塗ってあげてください。

また、アトピーの症状が少しよくなっても、保湿ケアは毎日続けましょう。しっかり保湿ケアをおこない、うるおいのある健やかな肌をキープしてあげてくださいね。

赤ちゃんに保湿剤を塗る前には、必ずパッチテストをして肌に合うかチェックしましょう。肌に優しい成分の保湿剤でも、赤ちゃんによっては合わない場合もあります。

生活環境を整える

赤ちゃんのアトピーの原因・要因は、遺伝や体質、季節、環境など、さまざまな事柄が考えられます。

肌のバリア機能が低いアトピーを発症した赤ちゃんは、ホコリやダニ、ハウスダストも、肌を刺激する原因・要因の一つと考えられます。

赤ちゃんが過ごす部屋や布団は、清潔を保ちましょう。また、赤ちゃんが着る衣類は、コットンなどの肌に優しい素材を使用したものがおすすめです。

赤ちゃんのアトピー対策・予防におすすめの保湿剤は?

アトピーの赤ちゃんの肌は、とてもデリケートで繊細。そのため「保湿剤でただ保湿をする」のではなく、「本当に安心できる高品質の保湿剤の使用」をおすすめします。

アロベビー ミルクローションがおすすめ!

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円

ポイント1.新生児からOK!99%天然由来成分の国産オーガニック

アロベビーのミルクローションは、何よりも肌への優しさにこだわっています。大人よりも半分程度の厚さしかない赤ちゃんの肌にも、安心して使用できるようにと、天然由来成分にこだわりました。

世界的オーガニック認証団体「ECOCERT(エコサート)」認証を取得。さらに、開発から生産まで、すべて国内でおこなっています。

ポイント2.高保湿成分配合!うるおいを閉じ込めてもちもち肌に

「天然の皮脂」と呼ばれるホホバオイルや、優れた保湿効果が期待されるシアバターなどを配合。

オリーブ油、ヒマワリ種子油も配合し、赤ちゃんの肌をもちもち・プルプルに導きます。

ポイント3.8つの無添加!肌なじみがよいテクスチャー

新生児から使えるアロベビーのミルクローションは、8つの無添加。やわらかい乳液タイプなので、赤ちゃんの全身にするすると伸ばしやすく、毎日のスキンケアも楽ちん。

ベタつかないテクスチャーなので夏場にも重宝しますし、すぐに衣類を着させてあげられます。厳選して抽出されたアロマの香りは、親子揃って癒されること間違いなし。

アロベビー詳細バナー

※当サイトでは、他にも様々なベビーローション比較おすすめ12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

赤ちゃんがアトピーに悩まないようにしっかりケア・予防をしよう

赤ちゃん ママ

赤ちゃんのアトピーは、生後間もない頃から保湿ケアをすると、症状の発生を未然に防げる可能性があるとされています。

肌を清潔に保ち、こまめな保湿ケアをおこなって、アトピーや肌トラブルに悩まない健康な肌づくりをサポートしましょう。

※1 参考文献:日本皮膚科学会 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018年版