乳児脂漏性湿疹の原因や治療方法は?皮脂分泌が多くても保湿はする?

生まれて数週間~生後3ヶ月頃の赤ちゃんにできる肌荒れ「乳児脂漏性湿疹」。過剰な皮脂分泌の影響で、眉毛や頭皮にフケや黄色のかさぶたができます。今回は、乳児脂漏性湿疹の原因や治療方法、また病院へ行くタイミングをご紹介します。湿疹を改善して、赤ちゃんの健やかな肌を守りましょう!

乳児脂漏性湿疹とは?原因は?

乳児脂漏性湿疹の赤ちゃん

過剰な皮脂分泌が原因

生まれて間もなくから、赤ちゃんにポツポツと現れる肌荒れを総称して「乳児湿疹」といいます。乳児湿疹の中でも多いのが、「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」です。

乳児脂漏性湿疹は、赤ちゃんの顔や首に赤い発疹が現れ、頭皮や耳にフケや黄色いかさぶたができるのが特徴です。

本来、赤ちゃんはとても乾燥しやすいのですが、生後間もない赤ちゃんはママのホルモンの影響によって、生後3ヶ月頃までは皮脂分泌が多くなります。その一方で、赤ちゃんの皮膚や毛穴は未発達なので、大量に分泌された皮脂がうまく処理できずに詰まり、炎症を起こしてしまうのです。

生後2~3ヶ月頃には赤ちゃんの過剰な皮脂分泌は治まり、乳児脂漏性湿疹も自然と治まっていきます。その後は肌の乾燥が進みます。

母乳は関係ある?

ママが摂取した食物は細かく分解され、血流にのって全身に回ります。そのため、母乳による乳児脂漏性湿疹の影響はありません。あくまでも乳児脂漏性湿疹の原因は、過剰な皮脂分泌によるものです。

乳児脂漏性湿疹の治療方法とは?保湿はするの?

たっぷり泡立てた石鹸を頭などに乗せた赤ちゃん

乳児脂漏性湿疹は、皮脂汚れを取り除き清潔にし、そのあと保湿をしてあげることが大切です。正しくケアをすれば改善するので、症状がひどくなる前に、早めの治療を心がけましょう。

ベビーソープや泡立てた石鹸でやさしく洗おう

赤ちゃん専用の低刺激ベビーソープや石鹸を泡立てて、乳児脂漏性湿疹が目立つ箇所をやさしく洗いましょう。肌をゴシゴシ強く擦ったり、かさぶたを無理に剥がしたりしないようにしてください。

お風呂に入る前に、ワセリンやベビーオイルで、かさぶたをやわらかくしてから洗うと、比較的取りやすくなるそうです。

お風呂上がりは必ず保湿をしよう

ベビーソープや石鹸でかさぶたを取ったら、しっかり保湿をしましょう。皮脂分泌の盛んな時期でも、お風呂上がりは水分が蒸発しやすく乾燥してしまいます。水分の蒸発を防ぐためにも、お風呂上がりはすぐに赤ちゃんを保湿してあげてください。

お風呂上りはもちろんですが、外出の前後やおむつ替えなどのタイミングでも、赤ちゃんに保湿剤を塗ってあげてください。

赤ちゃんの繊細な肌に負担がかからないように、保湿剤はベビーローションがおすすめですよ。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる商品を比較

新生児期から保湿をするとアトピーの発症リスクが低下する

また、新生児期から保湿剤を塗ることで、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが、国立成育医療研究センターの研究で明らかになっています(※1)。

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎の症状で苦しまないためにも、しっかり全身の保湿をして肌のバリア機能を守りましょう。

乳児脂漏性湿疹で病院に行くタイミングは?

病院の受付

乳児脂漏性湿疹の症状がひどかったり、治らなかったりする場合は、病院へ受診しましょう。

症状によって、抗真菌薬や薬用シャンプー、ステロイド薬などが処方されることもあります。

赤ちゃんにステロイド薬を使うのはできるだけ避けたいですが、医師の指示に従い、用法・容量を守って使用すれば大丈夫ですよ。

乳児脂漏性湿疹は適切なケアで改善しよう

ベビーローションで保湿をしてもらい笑顔の赤ちゃん

乳児脂漏性湿疹は、多くの赤ちゃんが経験する湿疹ですが、月齢が進むと自然に改善されていきます。

もし、乳児脂漏性湿疹の症状が悪化したり、治らなかったりした場合は、早めに病院を受診し、医師に適切な判断を仰ぎましょう。

赤ちゃんが乳児脂漏性湿疹を含む乳児湿疹にならないように、日頃から清潔と保湿を心がけてください!

※1 参考文献:国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見