乳児湿疹には何が効く?ベビーローションなどの保湿剤は本当に効くの?

乳児湿疹は赤ちゃんがよく起こす肌荒れですが、症状の改善には何が効くのでしょうか?乳児湿疹は病院で薬を処方してもらったり、保湿ケアをしたりすることが改善への近道です。そこで今回は、乳児湿疹を発症したときに効く薬や保湿剤をご紹介します。

乳児湿疹には何が効く?

乳児湿疹の赤ちゃん

赤いブツブツや水ぶくれ、かさぶた、ジュクジュクとした湿疹など、赤ちゃんの顔や体にできる湿疹を総称して呼ぶ「乳児湿疹」。

生後数週間~生後2、3ヶ月頃までの赤ちゃんは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、黄色いかさぶたのようなものができる「乳児脂漏性湿疹」を発症します。

そのあと、皮脂の分泌量は徐々に落ち着き、今度はカサカサ肌となる「乾燥性湿疹」を発症します。

乳児湿疹は軽い症状であれば、保湿剤による保湿ケアが効いて改善していきますが、ケアを続けても治らない・炎症が悪化している場合は、病院を受診して薬を処方してもらいましょう。

乳児湿疹に効く薬は?

赤ちゃんの腕

乳児湿疹を発症し、軽度の症状であるうちは自宅の保湿ケアで改善されていきますが、保湿ケアだけで治らない場合は、病院へ行きましょう。

乳児湿疹の程度や症状によって処方される薬は異なりますが、基本はプロペトのような非ステロイド薬を処方されます。

しかし、場合によって抗真菌薬やステロイド薬が処方されることもあるでしょう。

赤ちゃんへのステロイド薬の使用に不安視する人もいますが、ステロイド薬は正しい使い方をすれば乳児湿疹に効く薬です。

使用する際は、医師の指示に従い、用法・容量を守ってください。

乳児湿疹に効く保湿ケアの方法とは?

乳児湿疹に効く保湿ケアをしてもらっている赤ちゃん

乳児湿疹に効く保湿ケアの方法は、肌の清潔と保湿を心がけることが重要。とても薄い赤ちゃんの皮膚を、乾燥から守ってあげましょう。

赤ちゃんの肌を清潔にする

どのような乳児湿疹も、まずは赤ちゃんの皮膚を清潔にすることが大切です。低刺激性のベビーソープや石鹸を泡立てて、やさしく泡でなでるように洗いましょう。

入浴後はすぐに保湿をする

お風呂上がり直後は肌が潤っていますが、どんどんと水分が蒸発してしまいます。お風呂から上がったらすぐに、ベビーローションなどの保湿剤をたっぷり塗ってあげましょう。このとき、やさしく声をかけながらベビーローションを塗ると、赤ちゃんとのコミュニケーションにもなりますよ。

保湿はお風呂上がりも意識的に!

赤ちゃんの保湿はお風呂上がりだけではなく、乾燥が気になったらこまめに塗るのがポイントです。起床後、外出前、帰宅後、などのタイミングで保湿をするのがおすすめ。

もし、乳児湿疹が治らない場合は、他の肌トラブルを起こしている可能性もあるため、疑問を感じたら医療機関を受診するようにしましょう。

乳児湿疹に効く保湿剤はベビーローションがおすすめ!

手の甲に出すベビーローション

お風呂上がり、外出前、帰宅後、就寝前など、赤ちゃんの乾燥が気になるときに塗る保湿剤は、ベビーローションがおすすめです。

ベビーローションは、肌に水分と潤いを与えてくれる効果があるため、ほかの保湿剤と比べて乳児湿疹に効く保湿剤でしょう。

さらにベビーローションはベタ付かず伸びもよいので、バタバタ動く赤ちゃんの保湿にぴったりですよ。

また、ベビーローションは赤ちゃんだけでなく、家族全員で使える便利保湿アイテム。

敏感肌になる産前産後のママのボディケアや、妊娠線ケアにまで、ベビーローションは幅広く使うことができます。

乳児湿疹に効くと話題!アロベビーのミルクローション

アロベビー ミルクローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●容量:150ml
●税込価格:2,484円 ※お得な定期便もあります!

99%以上天然由来成分のやさしい処方で、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使えるアロベビーのベビーローション。

世界的オーガニック基準「ECOCERT(エコサート)」を取得、無添加のオーガニックで、高保湿成分もたっぷり配合されています。

こちらのベビーローションを使い続けると、乳児湿疹が治ったという口コミも。

乳児湿疹に効くベビーローションを探している人は、アロベビーのミルクローションがおすすめですよ。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる商品を比較

乳児湿疹に効く薬やベビーローションで赤ちゃんの肌を守ろう

顔同士を近づけているママと赤ちゃん

乳児湿疹は、赤いブツブツの発疹や膿を持ったポツポツ、さらにかゆみや痛みがある場合など、見ているだけでもつらい湿疹。

赤ちゃんの肌はとても薄く機能も未発達なので、一度治っても繰り返し乳児湿疹を起こすことも多いでしょう。

アトピー予防や将来の美肌のためにも、赤ちゃんが乳児湿疹になったら、症状に効く対策をおこなうことが大切です。

乳児湿疹は、症状に合った薬を使用することでしっかり効き目があります。また、保湿も乳児湿疹の対策や予防に効く大切なケアです。

パパやママは赤ちゃんの肌を毎日しっかり保湿して、乳児湿疹などの肌トラブルの少ない潤った肌を心がけてあげましょう。