赤ちゃんのお肌を守る保湿方法とは?肌トラブルを予防するポイントも

赤ちゃんはとても乾燥しやすいお肌のため、保湿ケアが大切となります。皮膚がとても薄く、水分をお肌の中に閉じ込めておけない赤ちゃんは、保湿をしないと肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまいますよ。今回は、赤ちゃんのお肌の保湿方法とポイントをご紹介します。

赤ちゃんのお肌を保湿する重要性とは?

寝ている赤ちゃん

乾燥しやすく肌トラブルを起こしやすい

「プルプルでマシュマロのよう」とよくいわれる赤ちゃんのお肌ですが、実はとても乾燥しやすいことをご存知ですか?

赤ちゃんのお肌はバリア機能が未熟で、上手に水分を保っておけず、すぐお肌が乾燥してしまいます。

赤ちゃんのお肌が乾燥すると、さまざまな肌トラブルを招いてしまうので注意をしなければいけません。

乳児湿疹やあせも、おむつかぶれなどの原因は、お肌の清潔だけではなく、乾燥も関連しているのです。

赤ちゃんには保湿ケアが必要不可欠

このような肌荒れから赤ちゃんを守るためには、ワセリンやベビーローションなどを利用し、保湿ケアをすることが重要となります。

赤ちゃんの頃から正しく保湿をおこない、将来の赤ちゃんの健康な肌作りをしましょう。

新生児から保湿剤を塗るとアトピーの発症リスクが低下する

国立成育医療研究センターによると「新生児期から保湿剤を塗布したことで、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下した」とのこと(※1)。

これまで、アトピーの予防法について特定の方法が示されていなかったため、今回の研究結果は世界で初めてとなり、大きな発見となります。

赤ちゃんの肌荒れを予防する保湿方法とは?

保湿ケアをしてもらっている赤ちゃん

それでは、具体的に赤ちゃんの保湿手順を見てみましょう。

1.保湿ケアの前は、お肌を清潔にする

保湿ケアを始める前は、赤ちゃんのお肌やママ・パパの手をきれいにしましょう。

しっかり清潔にしないと、保湿をしているつもりが汚れや菌をお肌に塗り伸ばしていることになります。

赤ちゃんのおしりが汚れていたら、シャワーや座浴で洗い流してから保湿をしてください。

2.ケチらずたっぷりの量を使う

1回に塗る量はたっぷりと、贅沢にケチらず使うのがポイントです。

ベビーローションなどの保湿剤が不足していると摩擦が起こりやすく、赤ちゃんのお肌に負担をかけてしまったり、保湿効果が長続きしなかったりします。

ベビーローションを手に取ったら、一度温めてから赤ちゃんのお肌に塗布するのがおすすめ。赤ちゃんが冷たさに驚かなくて済みますよ。

3.シワに沿って保湿をするのがおすすめ

保湿ケアをおこなう順番は、特に決まりはありません。顔から足先まで、全身をしっかり保湿していきましょう。

首、手や足の関節はシワになっているため、体のシワの向きに沿って手を動かすと塗りやすいですよ。

優しく伸ばして塗ってください。強い力でグッと塗りこむのはNGです。

4.話しかけながら保湿をする

黙々と保湿をするのではなく「気持ちいいね」「お肌きれいにしようね」など、声をかけながらケアをするのがおすすめです。

赤ちゃんも楽しい気分になるように、歌を歌ったりおしゃべりをしたり、コミュニケーションを取りながら保湿ケアをおこないましょう。

5.塗り残しはないか、隅々までチェックをする

楽しくお話をしながら全身の保湿をしたら、最後に塗り残しはないかチェックしましょう。

塗り残しをしやすい場所は、肌荒れも起きやすい場所なので注意してください。

ひざの裏、足裏までしっかり塗り、肌トラブルを予防しましょう。

生後3ヶ月までの赤ちゃんは、皮脂分泌が活発。毛穴に皮脂が詰まって乳児湿疹を起こさないために、頭皮にもベビーローションなどの保湿剤を塗りましょう。

※関連記事
赤ちゃんの頭皮や髪にもベビーローションは塗るべき?塗り方は?

6.特に乾燥が激しい部分には、重ね塗りをする

ベビーローションなどの保湿剤で、しっかり全身を保湿しても、乾燥や乳児湿疹がひどい場所は、それだけでは物足りないかもしれません。

乾燥の目立つ場所には、クリームやワセリンを重ね塗りするとよいでしょう。

赤ちゃんに保湿ケアをするときのポイント!

電球マーク

ポイント1.高保湿・低刺激の保湿剤を選ぶ

赤ちゃんのお肌を保湿する目的は、お肌のバリア機能を高めてあげること。そのために、高保湿の保湿剤を選びましょう。

ベビーローションは赤ちゃんのお肌に水分補給をし、乾燥肌を防いでくれます。

伸びがよく、塗った後もベタつかない高保湿のベビーローションがよいですよ。

また、赤ちゃんのお肌はとてもデリケートで敏感なため、低刺激タイプを選ぶのもポイントとなります。

高保湿・低刺激でおすすめのベビーローションはこちら!

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円 ※お得な定期便やビッグボトルもあります!

高保湿・低刺激のベビーローションは、アロベビーがおすすめです。

天然由来成分99%以上の国産オーガニックで作られており、新生児から使える安心なミルクローション。

保湿ケアにぴったり、高保湿にこだわったホホバオイルやシアバターを配合。

全身に伸ばしやすいテクスチャーで塗りやすく、お肌になじみやすい毎日のスキンケアにおすすめのミルクローションです。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる人気商品を比較

ポイント2.お風呂後の保湿は5分以内を目安に

お風呂後の保湿ケアは、赤ちゃんのお肌の水分が逃げないうちに、手早くベビーローションを塗るのがポイント。

5分以内を目安にすると、お肌の内側までしっかりと水分を閉じ込めて保湿効果も持続します。

ポイント3.こまめに保湿ケアをおこなう

赤ちゃんのお肌はとても乾燥しやすいので、お風呂の後だけではなく、こまめに塗るのが理想的です。

お風呂上がりや着替えのときのほかに、起床時や就寝前、外出の前後など、赤ちゃんのお肌の乾燥が気になったタイミングで塗るのがよいでしょう。

母乳を飲んだ後や離乳食後、おむつ替えのときも忘れずに保湿をおこなってくださいね。

赤ちゃんに保湿ケアをおこなって乾燥からお肌を守ろう

赤ちゃん ママ

保湿の方法を覚えるまで、そして習慣化するまでは、ケアが億劫に感じるかもしれません。

しかし、保湿ケアは赤ちゃんのお肌のバリア機能を高めるだけではなく、ちょっとした変化にも気付くことができる大切なふれあいの時間です。

高保湿・低刺激のベビーローションなどを使い、乾燥や肌荒れ知らずのお肌を目指しましょう!

※1 参考文献:独立行政法人 国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見