胎脂とは?どんな役割がある?赤ちゃんの乾燥肌の原因?

赤ちゃんは生まれてくるときに「胎脂」という白いクリームのような脂に覆われています。胎脂はママの免疫を受け継いだもので、新生児の肌を守る役割を果たしている成分です。では、この胎脂にはどのような働きがあり、乾燥肌との関係性は何でしょうか?今回は、胎脂の役割、新生児のカサカサの乾燥肌との関係性、さらにカサカサ肌の対処法についてご説明します!

胎脂とは?

赤ちゃんの足の裏

胎脂の働き

ママのお腹から生まれてくるとき、赤ちゃんの頭や顔には「胎脂」という白いクリーム状の脂がついています。

「脂」のかたまりと考える人もいるかもしれませんが、胎脂とは「分岐脂肪酸コレステロールエステル」という成分でできた、保水性に優れた成分のこと。

この胎脂は、赤ちゃんの肌を保湿し、肌荒れや乾燥から守るバリア機能の役割を果たします。

胎脂の量は個人差があり、全身にべったりついていたり、少ない状態だったりと赤ちゃんによってさまざまです。

胎脂の役割

胎脂は、赤ちゃんがママのお腹の中にいる妊娠18週頃(6ヶ月)から作られており、赤ちゃんの肌を覆っています。

ママのお腹の中にいるときは、外部からの刺激はなく守られている状態。しかし、赤ちゃんの肌は生まれた直後から、乾燥や外部からの刺激を大きく受けます。

赤ちゃんの肌はとても薄く刺激に弱いため、胎脂で赤ちゃんの肌を守っていると考えられているのです。

また、胎脂は赤ちゃんが産道を通りやすくするための、潤滑油としての役割を果たすともいわれています。

胎脂はいつまでついているの?

クエスチョンマーク ?

新生児の肌を守り、うるおいを与える働きを持つ胎脂は、基本的に病産院で洗い流されます。最近では、軽く汚れだけ拭き取り胎脂を残す「ドライテクニック」という方法を実施している病産院もあるそうですよ。

胎脂は、生後数日間で水分が蒸発して乾燥し、透明な色へと目立たなくなっていきます。そのため、ママ・パパが無理に取り除く必要はりません。

胎脂は透明に変化した後も、しばらくの間は赤ちゃんの肌に残り、保護の役割を果たします。

胎脂がなくなると乾燥しやすくなる?

赤ちゃんの手と口元

生後1ヶ月を過ぎると胎脂が失われ始めて、赤ちゃんの肌は急激に乾燥し、皮膚がポロポロと剝がれていきます。この現象を「新生児落屑(しんせいじらくせつ)」と呼びます。

赤ちゃんの顔や腕、脚など全身の皮膚が剥がれ落ちていくので、初めて見るママ・パパは「ひどい肌荒れではないか」「何かの病気なのでは」と驚き、心配するでしょう。

しかし、新生児落屑の現象はすべての赤ちゃんが通る道です。病気ではなく、生理現象なので安心してください。

※関連記事
新生児落屑とは何? 原因や対処法は?保湿はするべき?

胎脂がなくなった赤ちゃんの乾燥対策は?

寝ている赤ちゃん

新生児落屑は、症状が始まってから約1週間~2週間で落ち着き、新しい皮膚が生まれてきます。

剥がれそうな皮膚を無理に取ったり、引っ張ったりする行為は避けてください。肌荒れや湿疹など、肌トラブル・炎症を起こしかねません。

1日に一度は赤ちゃんの体を清潔にさせるため、沐浴やお風呂に入れましょう。モコモコの泡で優しく洗い、自然に剥がれていくのを待ってくださいね。

赤ちゃんの肌を清潔にした後は、乾燥を防ぐために保湿剤を塗ります。赤ちゃんの新しい肌は、とても乾燥しやすい状態です。皮膚の厚さも大人の約半分程度と薄く、肌のバリア機能も未発達。

乾燥肌の状態は、肌荒れや乳児湿疹、かぶれなど、さまざまな肌トラブルの原因となります。

さらに、アトピー性皮膚炎の発症の原因の一つとして、肌のバリア機能の低さが挙げられています。

国立成育医療研究センターによると、新生児からの保湿によってアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが判明したとのこと(※1)。

肌のバリア機能が低いと、ダニやほこり、食べカスなどが侵入しやすく、アレルギーを引き起こすとされています。

アレルゲンを侵入させないためにも、こまめに保湿ケアをおこないましょう。

※関連記事
赤ちゃんの乾燥肌の原因は?保湿・対策方法、病院に行く目安は?

胎脂がなくなった赤ちゃんの保湿には、ベビーローションがおすすめ!

乾燥対策のためにベビーローションを塗ってもらっている赤ちゃん

赤ちゃんの乾燥対策として使用する保湿剤は、ベビーローションがおすすめです。

低刺激性の無添加。さらに伸びがよく、付け心地がサラッとしているベビーローションを選ぶと、塗った直後にすぐ洋服を着させてあげられますよ。

乾燥が進むお風呂上がりはもちろん、お出かけ前や帰宅後、起床時など、こまめに塗ってあげましょう。

カサカサ・乾燥が激しい箇所にはベビークリームを併用して、重ね塗りをする方法もおすすめです。

赤ちゃんの乾燥対策におすすめのベビーローション!

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●対象年齢:新生児~
●容量:150ml
●税込価格:2,484円

赤ちゃんにおすすめのベビーローションは、ベビーオーガニックスキンケアブランド「アロベビー」のミルクローション。

99%以上の天然由来成分で純国産。新生児の赤ちゃんから使用できる安全性の高い商品です。

さらにこちらのベビーローションは体だけではなく、赤ちゃんの顔への使用もOK。

乳液タイプで伸ばしやすく、肌なじみも◎。使用前は必ずパッチテストをおこないましょう。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる人気商品を比較

胎脂は赤ちゃんの成長に大切なもの

赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんに白いクリーム「胎脂」がついている様子を見て、驚くママも多いでしょう。

見た目はきれいではありませんが、赤ちゃんの肌を外の世界から守ってくれる重要な成分です。

また、その後の新生児落屑も赤ちゃんにとって、大切な成長の過程。無理に剥がさず、優しく体を洗ってあげて、自然に任せましょう。

新しい皮膚はとても乾燥しやすくなります。こまめにケアをおこない、乾燥から赤ちゃんの肌を守りましょう!

※1 参考文献 国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見