新生児のよくある肌荒れにはベビーローションが万能!新生児の肌荒れの原因と対策

生まれたての新生児。お肌はプルプルでもちもちなので一見健康的なお肌に見えますが、実は皮膚は薄く大人の半分ほどの厚さしかないそうです。そのため、うっかり保湿ケアを怠たるとすぐに乾燥が進み肌荒れを招いてしまうことも。そんな新生児の肌荒れ対策と予防はどのようなケアが適しているのでしょうか。また、肌荒れ対策にベビーローションが万能で効果があるようです。今回は、新生児の肌荒れとお話しましょう。

新生児の肌荒れにはどんなものがあるの?

赤ちゃん 新生児 肌荒れ

一言に「赤ちゃんや新生児の肌荒れ」といっても、カサカサするものもあればブツブツの湿疹が出てしまうなど、様々な症状があります。

多くの赤ちゃんがなってしまう、代表的な新生児の肌荒れ症状をいくつか見てみましょう。

1.乳児湿疹

湿疹も赤ちゃんの肌荒れ症状のひとつです。新生児をはじめとする赤ちゃんにできる湿疹を、全般的に「乳児湿疹」と呼びます。

新生児の体や顔、全身にできてしまう湿疹で、カサカサしたものやベタベタするもの、ジュクジュクしている痛くてかゆそうなものも全部、乳児湿疹です。

新生児の乳児湿疹は、顔などに赤いブツブツができたり、黄色いかさぶたの様な湿疹が頭にできてしまうことが多いです。

生後2~3週間から2ヶ月位の新生児に多く見られる肌荒れ症状で、大半は清潔にしておくことで自然と治っていきます。

この肌荒れへのケア方法としては、お風呂に入る時にたっぷりの泡のベビーソープで優しく洗い患部を清潔にし、お風呂上がりにはベビーローションでしっかりと保湿をするのがおすすめです。

2.おむつかぶれ

おしりの全体や、オムツで締め付けている箇所などに赤くブツブツができたり、ただれてしまう肌荒れ症状です。

おむつを長くつけていることになるので、新生児のおしりはムレてしまい、お肌は傷つきやすい状態に。

そこにうんちやおしっこなどの刺激物が触れたり、おしり拭きの摩擦によっておむつかぶれを発症してしまいます。

このおしりの肌荒れケアは、おむつをこまめに取り替えて、なるべく清潔に保ちます。

おしりをきれいにしたら、ベビーローションやクリームでの保湿も忘れずに。

3.よだれかぶれや食べこぼしかぶれ

新生児期から大体1~2歳頃までの間、長くお付き合いすることになるのが赤ちゃんの「よだれ」。

薄くてデリケートな新生児のお肌によだれが長くふれることで、赤くただれてしまったり、カサカサの肌荒れを起こしてしまう症状です。

口周りの肌荒れケアには、濡らした柔らかいガーゼなどでポンポンと拭き取り、キレイにした後はベビーローションで保湿します。

母乳や離乳食をこぼして口の周りが肌荒れする場合も、食後に同様の方法で汚れを拭き取るか、ぬるま湯で洗い流します。

その後、ベビーローションで保湿してあげると肌荒れ予防になります。

4.アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、他の肌荒れ症状である乳児湿疹と区別がつきにくく、大人のアトピー性皮膚炎と少し異なります。

この肌荒れ症状は、顔や体の全身に赤い湿疹が発生し強いかゆみを伴います。

アトピー性皮膚炎の原因と考えられるものは、外からのアレルゲンによるものや、新生児自身の汗、ダニやほこり、乾燥、遺伝によるものなど様々。

アトピー性皮膚炎の予防ケアには、国立成育医療研究センターの研究結果によると、生後間もなくの新生児期からベビーローションなどの保湿剤を塗ってあげることで、発症を3割減らすことができたという調べがあります。

赤ちゃんがひどくかゆがって全身に赤い湿疹が出ていたら、病院の受診はもちろん必要ですが、普段から保湿ケアをしてあげることでアトピー性皮膚炎予防に繋がります。

そのほか、赤ちゃんの肌荒れについて赤ちゃんの乾燥肌の原因と対策でもご紹介しています。赤ちゃんのお肌について勉強しましょう。

新生児の肌荒れ予防にはベビーローションによる「保湿」がカギ

赤ちゃん 新生児 肌荒れ 保湿

言葉を話せない新生児の肌荒れには、ママがいち早く気付いてケアしてあげることが必要です。

また、日頃から肌荒れの予防が大切ですが、新生児の肌荒れ予防は「保湿」がカギになります。

新生児の肌が乾燥する理由

新生児の肌は大人よりもずっと角質層が薄いため、大人が乾燥していない時期でも年中乾燥が進んでいます。

一見ぷるぷるで、潤い抜群に見える新生児のお肌は、生後3ヶ月以降になると皮脂量は大人の半分以下になってしまいます。角質の水分量は、何と大人の3分の2程度しかないのだとか。

せっかく水分をお肌に与えてあげても、お肌のバリア機能もまだまだ未発達なため、水分が蒸発してしまいがちなのです。

新生児の肌荒れケアにはベビーローション

赤ちゃんの保湿剤にはワセリンやベビーオイルなど様々なものがありますが、その中でも肌荒れ予防におすすめなのがベビーローション。

乳液タイプのベビーローションは、伸びが良く、肌なじみも抜群で、つけた後にベタベタしないのが嬉しい点です。

特に赤ちゃんのお風呂上がりは要注意。新生児のお肌は、入浴後10分を過ぎると急激に水分量が減少します。

そのため、5分以内を目安にすぐにベビーローションで保湿をしてあげましょう。ベビーローションの中でも、乳液タイプで低刺激のものが特におすすめ。

ほっぺ、目の下、口の周りと頭も忘れずに。首などのしわになっている所は、きちんと伸ばしてしわの中にも塗ってあげてください。

その後、胸からお腹、お尻、足と全身塗っていない所がないくらい、きちんと塗りましょう。

また、新生児のベビーローションには、口に入れても大丈夫な無着色、無香料、無添加ものなどを選んでおくと安心です。

新生児の肌荒れ対策はとても気を遣うところですが、日頃からベビーローションで保湿ケアを習慣にしておくと、簡単に肌荒れ予防ができますよ。

赤ちゃんの頃からの肌荒れ対策が、成長してからの健やかなお肌を守ってくれます。ベビーローションでの肌荒れ対策をぜひ取り入れてみてください。