赤ちゃんの乾燥肌対策は安心して着られる衣服を選ぼう

毎日の保湿ケアはもちろん大切ですが、普段赤ちゃんに着させている衣服も、乾燥肌の原因に関わっているのはご存知でしたか?赤ちゃんの肌は、皮膚の厚さが大人の半分程度しかないため、水分を上手に肌に保持できず乾燥肌になりがちです。乾燥肌は肌が敏感になっている状態なので、そこに衣服の刺激や摩擦が起きると、肌トラブルが起きやすくなります。今回は赤ちゃんの衣服の選び方や注意点をご紹介します。

赤ちゃんの乾燥肌は衣服も関係している!

気持ちよさそうに寝ているブルーとホワイトカラーの服を着た赤ちゃん 衣服

赤ちゃんの乾燥肌対策には、ベビーローションや保湿クリームでケアをする以外にも、普段赤ちゃんに着させる衣服にも気を配ることが大切です。

赤ちゃんの皮膚は大人と比べると薄く、角質層のバリア機能も低いため、衣服の刺激や摩擦が赤ちゃんの肌に負担となります。

その結果、しっかり保湿ケアをおこなっていても衣服の刺激や摩擦が原因で、乾燥肌を招いてしまう可能性があります。赤ちゃんの衣服は優しい素材のものを選び、肌トラブルを起こさないようにしましょう。

また、赤ちゃんを抱っこするパパやママが着用する衣服にも注意が必要です。

赤ちゃんの乾燥肌で気を付けたい衣服選びのポイント

きれいに畳んで収納された服 衣服

化学繊維の衣服は避ける

肌がデリケートな赤ちゃんには、肌への刺激が最も少ないコットン素材を選びましょう。特に、肌着は赤ちゃんの肌に直接触れるので、優しい肌触りのコットンがおすすめ。他には、ウールやカシミア素材の衣服もよいですよ。一方、ポリエステルは肌への刺激が強く、肌荒れを起こす可能性があるため、赤ちゃんの肌着にはポリエステルが含まれていないものを選びましょう。

汗を吸収する素材の衣服

赤ちゃんは新陳代謝がよいため、汗を吸収してくれる衣服を選ぶのがおすすめ。また、汗をかいたままの状態は雑菌が繁殖しやすいので、こまめにシャワーなどで汗を流したり、着替えをしたりと肌の清潔さを保ちましょう。

冬場でも過度な厚着を避ける

寒い時期でも、赤ちゃんが汗をかくほどの厚着はNG。汗をかきやすい赤ちゃんにとって衣服の厚着は、あせもや肌荒れ、乳児湿疹などの原因に繋がります。小物で体温調節をしたり、室内にいるときは1枚脱がすなどして、赤ちゃんに最適な衣服を組んであげましょう。

衣服のデザインにも注意しよう

可愛らしいレースデザインの衣服は、肌に接触するとチクチクと刺激を与える原因になります。また、衣服に付いたタグも肌に刺激が起きてかゆみを発症する可能性があります。衣服を選ぶ際はデザインに気をつけ、購入後はタグを切るとよいでしょう。

洗剤・柔軟剤の気配りも忘れずに

赤ちゃんの衣服を洗濯するときに使う洗剤や柔軟剤も、乾燥肌に優しい商品を選ぶのが大切です。デリケートな赤ちゃんの肌に、刺激の強い洗剤や柔軟剤を使用すると、湿疹ができたり肌荒れが起きたりします。無添加や赤ちゃん用洗剤を使用して、乾燥肌の症状がひどくならないように対策をおこないましょう。

赤ちゃんの乾燥肌対策は衣服の他にベビーローションも

マッサージをされて嬉しい笑顔の赤ちゃん

赤ちゃんの乾燥肌対策として、肌に優しい衣服を選ぶのは大切ですが、まずは毎日しっかり保湿をおこなうのが大切。特に、ベビーローションは乾燥肌対策に便利なのでおすすめですよ。

ベビーローションは、赤ちゃんの乾燥肌を防ぐだけではなく、乳児湿疹などの肌荒れ予防にも役立ちます。

ベビーローションは、クリームや他の保湿剤よりも伸びがよく塗りやすいので、赤ちゃんの顔やお尻、足の先まで全身にくまなく乾燥肌対策ができますよ。

お風呂から上がった赤ちゃんの肌は水分が蒸発しやすく、油断をしているとあっという間にカサカサ肌となってしまいます。体の水分を手早く拭き取ったら、すぐにベビーローションで保湿ケアをおこなってください。

赤ちゃんの肌をお勉強!赤ちゃんの気になる赤ちゃんの乾燥肌の原因と対策を知っておきましょう。

ベビーローションを選ぶときのポイントは?

赤ちゃんに使うベビーローションは、合成成分を使っていない無添加処方や、オーガニック原料にこだわったベビーローションがおすすめ。

初めて使うベビーローションは、赤ちゃんの腕の内側などに少しつけて、パッチテストをしてからの使用を忘れないでください。

もし赤ちゃんの肌に合わなくても、ママやパパが使えるようなベビーローションを選んでおくと便利ですよ。成分や使い心地は、ママ友やネットでの口コミを参考にするのも◎。

赤ちゃんの乾燥肌は衣服選びが大切

服を着させてもらっている赤ちゃん 衣服

赤ちゃんの乾燥肌は衣服の刺激も影響するので、肌トラブルを起こさないためにも、肌に優しい素材の衣服を選ぶようにしましょう。

肌に優しいコットン100%などの衣服を選びつつ、そこに「プラスα」として季節に合った衣服を選ぶと、赤ちゃんも過ごしやすくなるのでおすすめですよ。

そして、毎日着る衣服の素材に気をつつ、お風呂上がりにはベビーローションで保湿ケアをおこない、乾燥肌対策をおこなってくださいね。