赤ちゃんの乾燥性湿疹とは?脂漏性湿疹との見分け方は?保湿ケアで対策を

赤ちゃんに発症する湿疹は、すべて乳児湿疹を呼ばれます。その中でも、乾燥による乾燥性湿疹は、皮脂の活発な分泌が治まる生後3ヶ月以降から起こる湿疹です。今回は、赤ちゃんに多い乾燥性湿疹の見分け方と、ベビーローションを使った効果的な予防・対策方法をご紹介します。

赤ちゃんに現れる乳児湿疹とは?

寝ている赤ちゃん

新生児期から1歳頃まで、乾燥やかゆみ、ニキビ、あせもなどの湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼びます。乳児湿疹によって症状や原因が異なりますが、主に、赤ちゃんの乳児湿疹は、以下の3つが影響していると考えられています。

  • 皮脂や汗の汚れが皮膚に溜まっている
  • 肌の乾燥
  • 角質層が薄いことによる肌のバリア機能不足

生まれたばかりの赤ちゃんに多く見られる「脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)」は、皮脂の分泌が多い頭やまゆ毛、髪の生え際にできる湿疹です。

その後、生後3~4ヶ月を過ぎると、過剰な皮脂分泌が治まり、乾燥による「乾燥性湿疹」が増えます。

脂漏性湿疹からいつの間にか乾燥性湿疹になっている場合もありますが、実際に2つの湿疹の見分け方はどうおこなえばよいのでしょう。

赤ちゃんの脂漏性湿疹と乾燥性湿疹の見分け方

雲のエクスクラメーションマーク

脂漏性湿疹と乾燥性湿疹は、湿疹のできる場所や形状など、異なる特徴を持っています。それぞれの湿疹の特徴を理解して、赤ちゃんの湿疹に適切なスキンケアをしてあげましょう。

1.脂漏性湿疹の特徴と症状

赤ちゃんのまゆ毛やおでこ、頭皮に発症する湿疹が乳児脂漏性湿疹。ママのお腹の中にいた頃のホルモンの影響が原因で、皮脂の分泌が過剰に起き発症します。新生児期から生後3ヶ月頃の赤ちゃんによく見られ、そのあと徐々に症状が治まります。見た目にはジュクジュクとしていますが、赤ちゃん自身にかゆみはありません。

症状の出る時期:新生児期~生後3ヶ月頃
原因:母体ホルモンの影響による活発な皮脂分泌
湿疹の場所:まゆ毛、おでこ、頭皮
湿疹の形状:赤いブツブツ、黄色いかさぶたやフケのようなかたまり
スキンケア:無理に剥がさず、オイルやワセリン、クリームなどを塗って十分にふやかしてから取りましょう。低刺激のベビーソープを泡立て、泡で拭うように洗ってください。

2.乾燥性湿疹の特徴と症状

過剰な皮脂の分泌が治まった、生後3ヶ月頃から増える湿疹が乾燥性湿疹です。もともと赤ちゃんの肌の角質層は、大人の約半分程度しかないため肌のバリア機能が低く、外的刺激に弱いため湿疹を起こます。また、皮脂の分泌量が減ったことで赤ちゃんの肌が乾燥肌へと傾き、その結果、乾燥性湿疹となってしまうのです。

皮膚の表面がザラザラ・カサカサしていたり、赤くブツブツとした湿疹が発症したりします。乾燥しがちな冬にかけて症状が重くなり、夏にかけて軽くなるのが乾燥性湿疹の特徴です。

症状の出る時期:生後3~9ヶ月頃
原因:皮脂分泌量の低下、角質層が薄いことによる肌バリア機能の弱さ
湿疹の場所:頬やおなか、太ももなど、大人も乾燥しやすい部分
湿疹の形状:ブツブツ、ジュクジュクした湿疹
スキンケア:肌が乾燥する前に、こまめに保湿をおこないましょう。

保湿ケア以外でできる対策方法

また、乾燥性湿疹は保湿ケアのほかに以下の対策でも湿疹の予防が可能です。ぜひ日々の生活に取り入れてくださいね。

  • 肌にやさしい衣服を着させる
  • 毎日お風呂に入る
  • 低刺激の石けんを使い、ぬるま湯で洗う
  • 部屋の湿度を保ち、肌の乾燥を防ぐ

※関連記事:
赤ちゃんの乾燥肌の原因と対策

赤ちゃんの乾燥性湿疹が長引く場合はアトピーの可能性も

泣いている赤ちゃん

なお、赤ちゃんの乳児湿疹が長期間に及ぶ場合や、症状がひどくなっている場合は、アトピー性皮膚炎の疑いがあります。

しかし赤ちゃんの肌荒れは、単なる乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の症状が似ているため、医師でも見極めるのが難しいと言われています。

日本皮膚科学会によると、乳児は2ヶ月以上、そのほか6ヶ月以上の湿疹が続く場合は、アトピー性皮膚炎と診断するそうです(※1)。

乳児湿疹が長期間続く、症状がなかなか改善しないなどの場合は、一度病院を受診することをおすすめします。

※関連記事:
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎と乳児湿疹の症状と原因の違い

赤ちゃんの乾燥性湿疹は保湿ケアで対策しよう

寝ている赤ちゃん

乾燥性湿疹に限らず、赤ちゃんの保湿は肌のバリア機能を高め、乾燥によるかゆみやひび割れ、乳児湿疹などの肌トラブルを予防します。

中でも、ベビーローションは水分と保湿がバランスよく配合されており、伸びもよいのでおすすめですよ。

また、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、乾燥肌が原因として大きく関わっていると言われています。

国立成育医療センターの研究によると、新生児の頃から保湿剤を塗ることで、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下したそうです(※2)。

将来の健康的な肌をつくるためにも、新生児期からしっかりベビーローションで保湿をしましょう。

※関連記事:
ベビーローション赤ちゃんの保湿におすすめ
乳児湿疹対策にはベビーローションがおすすめ

赤ちゃんの肌を保湿するときのポイント

赤ちゃんの乾燥性湿疹を防ぐためには、少なくとも朝と晩の1日2回は保湿しましょう。

特にお風呂上がりの肌は、皮膚の汚れを石けんで落としているため乾燥しやすくなっています。そのため、お風呂上がりの赤ちゃんにベビーローションを塗る際は、できるだけ5分以内を目安に保湿をしてください。

赤ちゃんの全身に丁寧にベビーローションを塗ることで、肌が保湿されて潤いが保たれた乾燥知らずの肌になりますよ。お風呂上がり以外にも、外出前や気になったときに塗るのも効果的です。

また、ベビーローションを選ぶ際は、天然由来成分を処方した赤ちゃんの肌にやさしい低刺激性の商品を選びましょう。

赤ちゃんの乾燥性湿疹対策に!おすすめベビーローション

1.アロベビー ミルクローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●税抜価格:2,300円(150ml)/4,600円 (380ml)
※お得な定期便もあります

99%以上天然由来成分配合で安心の純国産ベビースキンケアブランド「アロベビー」。

保湿効果が高く、肌にやさしい成分のベビーローションなので、乾燥性湿疹に悩む赤ちゃんにも安心して使用できます。

伸びがよいので、バタバタ動く赤ちゃんにも使いやすいですよ。

同商品のビッグボトルは高コスパで特に人気。「乾燥肌の赤ちゃんのスキンケアに惜しみなくたっぷり使いたい!」というママ達からの要望に応えて発売されたというだけあり、容量2.5倍で価格は倍とお得です。

アロベビー詳細バナー

2.ヴェレダ カレンドラ ベビーミルクローション

ヴェレダ カレンドラ ベビーミルクローション
出典:www.weleda.jp

●商品名:ヴェレダ カレンドラ ベビーミルクローション
●税込価格:2,376円(200ml)

ママのスキンケア・ボディケアブランドとしても有名な「ヴェレダ」。しっかり赤ちゃんの肌を保湿しながらも、軽い付け心地が塗りやすいベビーローションです。

肌の保湿効果に期待できるカレンドラを使用し、赤ちゃんの角質層まですばやく浸透します。

肌に潤いを与えて、きめ細やかな肌へと導きますよ。

3.ピジョン ベビーミルクローション

ピジョン ベビーミルクローション
出典:www.pigeon.co.jp

●商品名:ピジョン ベビーミルクローション
●オープン価格(300g)

赤ちゃんの胎脂に近い保湿成分が配合された、ベビースキンケアブランドで知名度の高い「ピジョン」のベビーローション。

無着色・無香料・弱酸性・パラベンフリーなので、安心して使えますね。持ち運びに便利なミニサイズの用意もあります。

赤ちゃんの乾燥性湿疹は保湿ケアで対策をしよう

ママと笑顔になっている赤ちゃん

赤ちゃんの乾燥性湿疹対策には、保湿ケアが必須です。ベビーローションで保湿をしてあげることで、赤ちゃんの肌がしっかり保湿され、バリア機能が整った潤いのある肌となります。

また、ベビーローションを塗っている時間は、ママと赤ちゃんのスキンシップのひとつにもなります。ぜひ、触れ合いを楽しみながら毎日の生活に保湿ケアを取り入れてみてくださいね。

※1 参考文献:日本皮膚科学会ガイドライン アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版
※2 参考文献:国立成育医療研究センター(プレスリリース,2014)