新生児ニキビの特徴・原因は?自宅ケアで治る?症状がひどい場合は?

皮脂分泌が盛んな生後3ヶ月頃までの赤ちゃんによくみられる新生児ニキビ。大人と同様、赤ちゃんにもニキビができるのはご存知でしたか?そこで今回は、新生児ニキビの特徴や原因、自宅ケアの方法、さらに症状がひどいときはどうするのか、についてご紹介します!

新生児ニキビとは?症状の特徴は?

新生児ニキビが出ているうさぎのぬいぐるみと一緒に寝ている赤ちゃん

生後間もない頃から生後2,3ヶ月頃の赤ちゃんに多く見られる乳児湿疹の1つが「新生児ニキビ」。

新生児ニキビは、顔・頬・おでこ・頭などに、白い芯を持った吹き出物や赤いポツポツとした症状が現れ、痒みを感じないのも特徴です。

新生児ニキビの軽度の症状は、白や赤の突起物ができる程度ですが、悪化すると膿ができて、ジュクジュクとしたニキビが広範囲に及ぶため、皮膚科や小児科を受診しましょう。

新生児ニキビの原因は?

WHAT!?の文字と口に手を当てる赤ちゃん

新生児ニキビは、ママの体から受け継いだホルモンの影響によって引き起こされます。

新生児から生後3ヶ月頃までは、ママのホルモンの影響が残っているため、皮脂分泌が盛んで新陳代謝もよく、汗もかきやすい状態。

しかし、新生児の皮膚は未熟なため、分泌された皮脂や汗が毛穴に詰まり、その結果、新生児ニキビを発症してしまうのです。

新生児ニキビは母乳の影響もある?

母乳をあげているママ

「新生児ニキビや肌荒れの原因は母乳なのでは?」と考えるママもいるようですが、直接的な影響はなく、医学的な根拠もありません。

しかし、赤ちゃんに質のよい母乳を飲んでもらうためにも、ママの食事は和食中心を心掛けるのがよいでしょう。

※関連記事
赤ちゃんの肌荒れは母乳が原因?健康的な食事と保湿ケアで対策

新生児ニキビをケアする方法とは?

泡立てたベビーソープを付けたお風呂に入っている赤ちゃん

新生児にニキビができたら、肌を清潔にして保湿をすることが大切です。ニキビが悪化しないために、そして将来の健康的な肌づくりのために、しっかりケアをおこないましょう。

1.皮脂汚れをしっかり落とす

赤ちゃんがお風呂に入るときは、ベビーソープを使って、しっかりと皮脂汚れを洗い流しましょう。このとき、しっかりと泡立てたベビーソープの泡で、やさしく新生児の顔に乗せて洗うのがポイントです。

2.お風呂上がりは保湿ケアをする

ベビーソープで皮脂汚れを落とすだけではNG。薄い皮膚を持つ赤ちゃんは、体内に水分を保つことができず、バリア機能も未熟です。過剰な皮脂分泌が、新生児ニキビを引き起こす原因ですが、お風呂上がりはしっかり保湿をしてあげましょう。

新生児ニキビのときに使う保湿剤は、サラサラとした使用感がおすすめです。特にベビーローションは、新生児の肌に適度な水分と油分を補ってくれますよ。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる商品を比較

3.新生児の肌に触れる衣類・寝具を清潔にする

赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごすため、新生児の衣類や寝具は清潔さを保ちましょう。寝汗や皮脂、よだれなどの汚れが付着したままの状態は、菌が繁殖しやすく、肌に触れると刺激が加わり、新生児ニキビを悪化させる恐れがあります。

新生児が触れる機会の多い衣類や寝具は洗濯をして、清潔に保つように心掛けましょう。

新生児ニキビがひどい・治らない場合は?

病院の受付

皮脂汚れを落とし、肌を保湿し清潔な状態を保っているにも関わらず、新生児ニキビが治らない・症状がひどい場合は、悪化する前にかかりつけの皮膚科や小児科を受診しましょう。

適切な治療方法を指示してくれたり、外用薬を処方してもらえます。

新生児ニキビがひどい・治らないからと、自己判断で市販の大人用ニキビ治療薬を使うのはやめてください。

新生児ニキビは治る!それまではしっかりケアをしよう

ママとスキンシップを取ってうれしそうな赤ちゃん

新生児の顔やおでこなどに、白い芯のようなものや赤いニキビができると、心配になりますよね。

しかし、新生児ニキビはホルモンの影響で起こる、活発な皮脂分泌が原因なので、気にしすぎる必要はありません。

新生児ニキビの症状が出たら、皮脂汚れをしっかり落として、清潔な肌の状態を保ってあげましょう!