プロペトにはどのような効果がある?副作用や注意点をチェック!

お肌を保湿するために使用されることの多い、プロペト。耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。特徴はもちろん、副作用や使用時の注意点も確認してから使うことで、より高い効果を実感できるはずです。今回は、知っておきたいプロペトの基本情報について、ご紹介します!

プロペトとは?

?

プロペトは、石油を精製して作られた保湿剤です。

名前を初めて聞いた人の中にも、保湿剤の定番アイテムである「ワセリン」ならば聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

プロペトはワセリンの仲間であり、ワセリンよりもさらに純度が高い保湿剤として親しまれています。

※関連記事
赤ちゃんの肌荒れ予防にワセリンは効く?ベビーローションとの違い

プロペトの効果

ワセリン

プロペトは、ワセリンと同じく乾燥肌に悩む人や、お肌に水分をしっかり閉じ込めたいときに重宝します。

純度が高く、お肌に負担を与える不純物があまり含まれていないため、敏感肌にも使いやすいのが特徴です。

肌トラブルが起きやすい人も、安心してケアできます。

プロペトは病院でも処方されている

プロペトは安全性の高さから、皮膚科で処方されることもあります。

さらに、小児科でも保湿剤として処方されるケースも少なくありません。

プロペトを赤ちゃんに使っても安全なの?

赤ちゃん 肌

オーガニック原料や、無添加のベビーローションなどを意識的に使っているママの場合、石油が原料と聞いて不安を感じてしまうかもしれません。

ですが、プロペトは安全性が高いため、ほとんどの場合は心配せずに使うことができます。

顔に使ったり、口に入ってしまっても基本的には問題ありません。

アトピーなどデリケートな肌質の赤ちゃんは注意

ほとんどの場合、プロペトを使う上で不安を感じる必要はありませんが、アトピーなど肌質がデリケートな赤ちゃんは注意が必要です。

場合によって、かゆみやかぶれにつながってしまう可能性があります。

あかちゃんの体調や、お肌の状態を見ながら、上手に使うようにしてください。

プロペトを使う前に必ずパッチテストをしよう

アトピーに悩んでいる赤ちゃんも、そうでない赤ちゃんも、副作用が出てしまう確率はゼロではありません。

広い範囲に使う前に、腕の内側など目立たないところに少しだけプロペトを塗り、数時間~1日程度様子を見ましょう。

問題がなければ、使う範囲を広げてかまいません。

プロペトの正しい使い方

ポイント

プロペトは、お肌の水分が乾いてしまうのを防ぐことで、高い保湿効果を実現してくれます。

そのため、まずはベビーローションなどでケアをした上で、プロペトを使いましょう。

あらかじめ水分を与えたお肌に、上から蓋をするイメージで使うことで、高い効果を発揮します。

こすらず優しく塗り広げる

プロペトを使うときは、適量を指にとり、ベビーローションで潤ったお肌の上にのせていきます。

ワセリンのような独特のもったりとした質感があるため、薄く広く塗り広げましょう。

強くこすったり、すり込んでしまうと、肌への刺激につながりかねないので注意すましょう。

副作用が気になるときはベビーローションのケアにとどめる

アトピーのある赤ちゃんや、お肌が敏感な赤ちゃんの場合、プロペトがかゆみや赤みの原因になってしまうこともあります。

心配な場合には、ベビーローションを使ったケアにとどめておくことがおすすめです。

一人ひとり肌質や相性が違うため、合わないものを無理に使わないようにしましょう。

様子を見ながらプロペトを使って適切なケアをしよう

家族

乾燥したお肌は、かゆみや赤ぎれをはじめとした肌トラブルに悩まされてしまいます。

清潔ですべすべな状態をキープするためには、効果的なアイテムを使って、丁寧にお手入れをしてあげましょう。

お肌に合う保湿アイテムを見つけて、トラブル知らずのお肌を手に入れてくださいね。