赤ちゃんはアトピーだと耳切れになる?何科を受診するべき?

赤ちゃんは、アトピーが原因で耳切れしたり、赤くなったりするのでしょうか?耳が切れる以外にも、じゅくじゅくしたり、ただれている場合はどのように対策するべきか、病院は何科に相談するべきか悩むママは少なくありません。今回は、赤ちゃんのアトピーが原因の耳切れについて、ご紹介していきます。

赤ちゃんがアトピーが原因で耳切れになっているのか見分けるには?

赤ちゃん 肌

赤ちゃんの肌は、モチモチとしてみずみずしいイメージがありますが、実は乾燥しやすく、とてもデリケートです。

寒い季節は特に、手足や耳などの外気に触れやすい部分は、しもやけや耳切れになってしまうことがあります。

アトピーになると、肌に必要な水分量を保つことが難しくなるため、乾燥して耳切れが引き起こされやすい状態になります。

赤ちゃんがアトピーになり乾燥した肌は、皮膚が割れたり、全体的にカサカサしたり、かゆみによって引っ掻き傷ができることも。

赤ちゃんの耳切れが単なる乾燥によるものなのか、アトピーなのかを判断するには、耳切れ以外の身体の症状を確認することが必要です。

耳が切れる原因を明確に知りたい場合は、病院でアレルギーやアトピーの検査を受けることもできます。

※関連記事
赤ちゃんのアトピーはいつからどんな症状が出る?

赤ちゃんがアトピー以外で耳切れになる原因

疑問 ?

赤ちゃんが耳切れしてしまう原因は、アトピーや乾燥だけではありません。

赤ちゃんは、寝転んでいる状態でいる時間が長いため、布団や衣類と顔が直接接触している部分の衛生状態が関係していることもあります。

ここでは、赤ちゃんの耳切れでアトピー以外に考えられる理由について、ご紹介していきます。

よだれや鼻水

いつも同じ向きで寝ている赤ちゃんの頭の下にある耳は、布団と頭に挟まれて高温多湿な環境にあります。

また、よだれや鼻水が流れて、耳に溜まってしまうこともあります。

このような状態が続くと、衛生状態が悪く、かぶれを引き起こしてしまうことがあります。

耳切れの状態がじゅくじゅくとして傷が広い場合は、溜まったよだれや鼻水が原因かもしれません。

洗い残し

赤ちゃんをお風呂に入れる時に、きちんと耳の中や裏まで洗えていない場合も要注意です。

垢や汚れが溜まり、炎症を起こして耳切れしているのかもしれません。

慣れるまで赤ちゃんをお風呂に上手に入れるのは大変ですが、ガーゼのハンカチなどを用意して、隅々までキレイに洗ってあげましょう。

また、シャンプーやボディーソープがキレイに洗い流されておらず、耳の周りに洗い残した成分が残った状態だと、ただれて耳切れすることがあります。

耳の中や、裏がじゅくじゅくしていないか確かめてみましょう。

赤ちゃんのアトピーや耳切れなどは何科を受診すればいいの?

赤ちゃんにアトピーや耳切れなど肌のトラブルがある時、何科の病院を受診すればいいのでしょう?

赤ちゃんの病気は、ケガ以外は小児科で対応してくれるので、何科がよいか迷ったら、まずは小児科を受診してみましょう。

アトピーの場合は、専門のお医者様を紹介してくれることもあります。

耳切れの原因によって、処方される薬や対策が変わってくるので、気になる症状や不安なことは相談してみてください。

赤ちゃんがアトピーが原因で耳切れしているときの対処法は?

チェック

アトピーの治療

耳切れの原因がアトピーである場合は、耳以外の部分も切れていることが多いです。

アトピーは肌全体が乾燥し、赤ちゃんが掻きむしって悪化しやすい特徴があります。

アトピーの場合は、市販の薬ではなかなか治らないので、必ず病院でアトピーの治療をすることが大切です。

赤ちゃんは、不快な症状を自分で言えないので、アトピーが悪化しないように、早めにママやパパが気付いてあげるように意識しましょう。

ただれている場合の対応

耳切れしていて、患部がじゅくじゅくとただれている場合は、傷を乾燥させるように工夫しましょう。

赤ちゃんの寝返りの頭の向きを変えたり、こまめに拭いてあげたりしてみてください。

お風呂で耳まわりをやさしく洗って、ベビーソープを洗い残さないように気を付けます。

それだけでも症状が改善することもあるので、ぜひ試してみてください。

しかし、傷口が深くなってしまっている場合や、複数傷が見られる場合は、ばい菌が入ってとびひになってしまうこともあるので、病院で診てもらいましょう。

赤ちゃんがアトピーで耳切れに悩まないようにこまめにチェックしよう

赤ちゃん

アトピーは、素人目にすぐに特定することが難しい肌トラブルのひとつです。

赤ちゃんが耳切れを引き起こしている場合は、耳以外の全身の様子をチェックしながら、心配なときは早めに医師に相談するようにしてください。

また、赤ちゃんのアトピーは、新生児期からの保湿ケアで予防することができると言われています。

顔まわりにも安心して使える低刺激のベビーローションで、お風呂上がりや、外出前後などこまめに耳にも保湿ケアをすることをおすすめします。

当サイトでは、ベビーローション比較おすすめ12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!