赤ちゃんのあせもの原因とは?症状や治し方、予防・対策法を紹介!

あせも(汗疹)は、赤ちゃんに多い肌トラブルのひとつ。夏場に限らず、秋や冬でもあせもになることがあるので注意が必要です。しかし、赤ちゃんのあせもは適切なケアをおこなうことで予防ができます。今回は、あせもができる原因や、種類別の症状、治し方、予防・対策法をご紹介します。

赤ちゃんのあせもはなぜできる?原因は?

ぬいぐるみと一緒に寝ているあせもの症状が出た赤ちゃん

人間には、「汗腺(かんせん)」という汗を分泌する皮膚線があります。あせもは、その汗腺にホコリや汗が溜まり、皮膚の内側に溜まると炎症や発疹を起こしてしまう皮膚トラブルのことです。

赤ちゃんと大人の汗腺は同じ数ですが、汗をかく量は大人の約2~3倍。赤ちゃんの汗腺は密集していて、そのうえ新陳代謝もよいため、汗腺に汗が溜まりやすくあせもが発症しやすくなるのです。

また、あせもは、夏場だけではなく、冬の暖房や洋服の着せすぎも原因のひとつとなります。

あせもの症状には種類がある!

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

直径1~3mm程度の、透明または白色の水疱(水ぶくれ)のあせも。かゆみの症状はなく、1日~数日ほどで自然と治ります。そのため、自宅ケアでの対策が可能です。

赤ちゃんが過度に汗をかかないよう、クーラーや扇風機を活用して適度な室温に調整する、汗をかいたらこまめに着替えをする、などをしてあせもの対策をおこないましょう。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

赤くブツブツとした症状が現れ、強いかゆみが伴うあせも。一般的な「あせも」は、この紅色汗疹を指します。主に、首、おでこ、ワキの下、肘、膝の裏側、お腹、背中など体全体にも症状が現れます。

紅色汗疹の症状が悪化し、かゆみがひどくなり掻きむしると、細菌に感染して、とびひや、あせものよりになることがあります。

赤ちゃんのあせもの治し方!病院に行くべき?

病院の受付 ロビー

水晶様汗疹のような、かゆみが強くなく広範囲に及ばないあせもの場合は、自宅ケアで様子を見てみましょう。自宅ケアでは赤ちゃんの肌を清潔に保ち、保湿することが大切です。同時に、市販薬の使用もよいでしょう。

しかし、紅色汗疹のような、強いかゆみや痛みを伴うあせもの場合は、自宅ケアや市販薬ではなく、病院を受診するのがよいでしょう。

あせもを放置して症状が悪化すると、とびひやあせものよりに発展してしまうことがあるので、自己判断をせず皮膚科や小児科を受診してください。

赤ちゃんのあせもに使う薬は?

市販薬を赤ちゃんのあせもに使う場合は、非ステロイド薬を選ぶようにしましょう。選ぶ際は、薬局の薬剤師に相談して決めるのがよいですよ。

一方、あせもの症状が治らない・ひどい場合は、皮膚科や小児科を受診し、医師の指示に従い適切な薬を処方してもらいましょう。

病院では、症状によって処方される薬が異なりますが、ステロイド薬が処方される場合もあります。いずれも、ステロイド薬を使用する際には、医師の指示に従い、用法・容量を守り使用しましょう。

赤ちゃんのあせも予防・対策は?

赤ちゃんの肌

1.赤ちゃんの皮膚を清潔に保つ

赤ちゃんのあせも対策として1番重要なことは、皮膚を清潔に保つことです。赤ちゃんは背中に汗がやまりやすいので、背中に手を入れて汗の確認をしたり、定期的にタオルで汗を拭いたりしましょう。

夏場や、外出時に汗を大量にかいた場合は、シャワーで汗を洗い流してください。通常のお風呂のときには、あせもの症状が出やすい部分を、丁寧に洗って清潔さを保ちましょう。

2.通気性や吸水性のよい衣服にする

赤ちゃんの衣服は、汗がこもらない通気性がよく吸水性にすぐれたものがよいでしょう。コットンやメッシュ素材がおすすめです。

また冬場は、赤ちゃんが風邪を引かないように厚着をさせてしまいがちですが、厚着もあせもの原因の1つとなります。室内では1枚脱げるように、脱ぎ着ができるようなコーディネートを組むのがよいですね。

赤ちゃんが汗をかいたら、こまめな着替えとおむつ交換を心掛けましょう。外出時には、着替えセットを持ち歩くのがおすすめの予防対策法です。

3.部屋の温度調整をする

夏の暑い時期はクーラーを上手に活用して、赤ちゃんが余計に汗をかかないような環境づくりをしましょう。室温は、外気との差が5℃くらいにするのが目安です。クーラーが赤ちゃんに直接当たらないように注意してください。

また、扇風機がある家庭は、クーラーとのW使いがおすすめです。エアコンに向けて扇風機を回すと、空気が循環されて室内が涼しくなりますよ。

赤ちゃんは寝ているときが特に体温が高いため、背中と布団部分に汗をかいていないか、こまめに確認をしてください。

4.ベビーローションで肌の保湿をおこなう

赤ちゃんの肌はベビーローションで保湿ケアをしましょう。ベビーローションで赤ちゃんの肌を保湿すると、デリケートな肌のバリア機能が高まり、あせもや肌荒れの予防・対策に効果的となります。

ベビーローションは、赤ちゃんの肌にやさしい保湿成分が配合されたものを選びましょう。

※関連記事
ベビーローション赤ちゃんの保湿におすすめ

赤ちゃんのあせも対策にはベビーローションがおすすめ!

アロベビー ベビーローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●税込価格:2,484円
●容量:150ml

アロベビーのミルクローションは、99%天然由来成分でできている国産オーガニックなベビーローションです。

世界的オーガニック認証団体である「ECOCERT(エコサート)」を取得しているため、赤ちゃんに安心して使えます。

アロベビーのミルクローションを使って「乳児湿疹が改善された」と口コミで好評の声や、たった1週間ほどで肌トラブルが改善されたという人もいます。

赤ちゃんのあせも対策にもおすすめのベビーローションです。

ピジョン 薬用ローション(ももの葉)

ピジョン 桃の葉ローション
出典:products.pigeon.co.jp

●オープン価格
●容量:200ml

あせものベビーローションで有名な「桃の葉ローション」。

昔から、桃の葉があせもに効くといわれています。桃の葉に含まれるタンニンやマグネシウム、カリウムなどの成分が、皮膚のトラブルに効果的に働いてくれます。

昔からの人間の知恵を生かした方法ですが、赤ちゃんのデリケートな肌に極力薬品は使いたくないいうママたちにとって、このローションは無添加で安心して使用できるのもうれしいですよね!

桃の葉ローションを手作りしよう!

桃の葉ローションは、自宅で手作りすることも可能です。

お手製桃の葉ローションの保存目安は、冷蔵庫で2~3日程です。保存料を入れない無添加製のローションなので、できるだけ早く使い切りましょう。

なお、桃の葉はネットで簡単に購入できます。お手製桃の葉ローションが使い切れないときは、お風呂に入れて入浴剤にするのもおすすめです。

【材料】

  • 乾燥させた桃の葉:5g
  • 水:500ml

【作り方】

  1. 鍋に水を入れ、桃の葉を投入し沸騰させる
  2. 沸騰したら弱火にして、10分ほど煮詰める
  3. 葉っぱを取り出し、鍋などでこしてから冷ます
  4. スプレーや瓶などに入れ替えて完成!

赤ちゃんのあせもは肌の清潔と保湿ケアが大切

赤ちゃんにキスをするママとうれしそうな赤ちゃん

新陳代謝が活発で汗っかきな赤ちゃんは、あせもなどの肌トラブルが起きやすいので、こまめなケアをおこないましょう。

汗をかいていたら拭き取り、できるだけきれいな皮膚の状態を保ち、保湿ケアで潤った肌をキープするのが、あせもにならないポイント。

赤ちゃんがあせもにならないように、ママとパパが気を付けながらケアをおこなってくださいね。