赤ちゃんのアトピーに遺伝は関係ある?原因や予防・対策方法まとめ

赤ちゃんのお肌に、ポツポツと赤い湿疹が出ていると、かわいそうに感じてしまいますよね。特にアトピーは、遺伝との関係も疑われているため「両親や親族がアトピーの場合は、遺伝するの?治るの?」と悩んでしまう声は少なくありません。今回は、アトピーなと遺伝の関係について、まとめてみました。

赤ちゃんのアトピーに遺伝は関係ある?

赤ちゃん ママ

父親、母親、祖父母など親族にアトピー体質の人がいる場合、赤ちゃんもアトピーになる確率が高い?と言われています。

理由としては、アレルギー体質が遺伝することに由来しているため、そのように言われることが多いよう。

しかし、だからといって必ず遺伝するわけでもなく、両親がアトピーでなければ安心というわけでもありません。

赤ちゃんにアトピーが遺伝する確率は?

厚生省によると、「父親と母親の両方がアトピーの場合、赤ちゃんに遺伝する確率は75%。どちらかがアトピーの場合なら56%。兄弟や姉妹がアトピーの場合は49%、遺伝する可能性がある」と発表されています。(※1)

さらに、家族にアトピーの人がいない場合も、21%の確率で発症するといわれています。

赤ちゃんがアトピーになってしまう遺伝以外の原因

疑問 ?

前述のように、遺伝がある場合もない場合も、赤ちゃんのアトピーは一定の確率で発症してしまう可能性があります。

それは、アトピーの原因となる対象は非常に多岐に渡るからです。

まだまだ解明されていないことも多い症状なので、原因になりやすいものから赤ちゃんを遠ざけてあげることも有効です。

ここでは、赤ちゃんのアトピーの原因に成り得るものについて、ご紹介していきます。

乾燥が大敵

アトピーの主な原因として、まず考えられるのが「乾燥」です。

常にすべすべで潤って見える赤ちゃんのお肌は、乾燥にとても弱く、しっかり保湿していないとすぐに肌トラブルにつながってしまいます。

乾燥から湿疹やアトピーが発症することも多く、遺伝に関係なく気にかける必要があります。

ストレス

強いストレスもアトピーの原因になります。

たとえば毎日の生活で赤ちゃんにとって、十分な睡眠時間がとれていますか?部屋の温度や湿度は快適でしょうか?父親や母親がイライラしがちではないですか?

赤ちゃんをストレスから守ることも、肌トラブルからお肌を守るために有効です。

赤ちゃんのお肌に触れるものは清潔な状態を保つ

赤ちゃんの肌着、シーツ、布団やタオルケット、スタイなど、身のまわりのものは常に清潔な状態になっているでしょうか。

汚れていたり、ハウスダスト、花粉、ダニなどはアレルギーを引き起こすきっかけになります。

父親や母親にアレルギーがあれば、遺伝する可能性が高いため、特に注意してください。

※関連記事
赤ちゃんのアトピーはいつからどんな症状が出る?

赤ちゃんがアトピーを遺伝に関係なく引き起こさないためには?

ポイント

赤ちゃんのアトピーは、遺伝のほかにもさまざまな原因で発症する可能性があります。

一方で、仮にアトピーが遺伝しても、しっかり予防をすれば、症状を抑えることもできます。

赤ちゃんのすべすべのお肌を守るためには、日頃から以下のような予防や対策を心掛けてみましょう。

常に十分な保湿ケアを心掛ける

まず、基本となるのが十分な保湿ケアです。

お風呂上がりや朝起きたときには、赤ちゃん用のベビーローションや保湿クリームを使って、お肌をしっかり潤してあげましょう。

塗り残しがないよう全身をケアすれば、遺伝のアトピーも抑えやすくなり、軽度の症状なら治るきっかけにもなります。

※関連記事
ベビーローション比較おすすめ12選 | 赤ちゃんの保湿にベビーローション

生活習慣の見直し

つい自分の都合で赤ちゃんの生活を左右してしまった経験はありませんか?

時には、赤ちゃんと一緒にゆっくり休む時間も作ってみてください。

親子お互いのストレスを軽くすることで、アトピーもスムーズに治るかもしれません。

赤ちゃんのアトピーを遺伝や外的要因で引き起こさないようにケアしよう

赤ちゃん ママ

赤ちゃんが痛い思いや、苦しそうにしているのは、見ていてつらいものですよね。

遺伝の影響が考えられるアトピーですが、遺伝がある場合もない場合も、予防ケアが大切という点は変わりません。

「遺伝したらどうしよう…」と不安がらずに、丁寧なケアを習慣づけましょう。

参考文献※1厚生省 「アトピー性皮膚炎」