赤ちゃんのアトピー予防にベビーローションを使った保湿ケアが効くのはなぜ?

ここ数年、赤ちゃんのアトピー発症率は年々増加しています。アトピー予防のためには、新生児の頃からベビーローションなどの保湿剤を塗ってあげることがポイントになってくるらしいのです。国立成育医療研究センターの研究によって明らかになった、アトピー予防と保湿剤の関係についてご紹介します。

赤ちゃんのアトピーって?

赤ちゃん

赤ちゃんにアトピーの症状が出始めるのは、早い場合で生後2~3ヶ月頃。最初に乳児湿疹と診断され、経過によってアトピー性皮膚炎だと診断されます。

耳の裏側や耳たぶ、ひじ、ひざなどの関節部分の皮膚が切れて、ジュクジュクとした状態になるのが特徴です。

また、「貨幣状湿疹」といって、体に円形の湿疹が見られるのも赤ちゃんのアトピーに多い症状です。

アトピーを発症してしまうと、かゆさに耐えられず泣き叫んだり、力加減がわからないため思い切り掻きむしってしまったり、アトピーを余計に悪化させてしまうことも珍しくありません。

そんな辛い事態を避けるためにも、新生児の頃からアトピー予防をしっかりしてあげましょう。

※関連記事
赤ちゃんのアトピーはいつからどんな症状が出る?

赤ちゃんのアトピーの原因のひとつは乾燥

赤ちゃん アトピー 予防 乾燥 原因 保湿

赤ちゃんがアトピーの症状を発症するのは、おもにアレルギー体質によるものです。そのため、発症する場合は、恐らく何らかのアレルギーが関係していると考えられています。

しかし、残念ながらアトピーの原因は、まだはっきりとわかっていません。よく「ダニやホコリが原因」などとささやかれたりもしますが、必ずしもそれだけだとは限らないのです。

食べ物や水、空気、化学物質など、毎日の生活の中で当たり前として周りにある環境が、多少なりとも赤ちゃんのアトピーに影響している可能性があります。

また、赤ちゃんの皮膚は大人の約半分の厚さしかありません。水分を保つことができないため、赤ちゃんの皮膚はとても乾燥しやすい特性を持っています。

カサカサに乾燥した皮膚はバリア機能が弱まっているため、外部のホコリや細菌などの異物が入り込みやすく、湿疹や肌荒れ、ひいてはアトピーを引き起こす原因になってしまうのです。

赤ちゃんのアトピー予防方法

赤ちゃん アトピー 予防 方法

これまでの赤ちゃんのアトピー予防方法

従来は、以下のような方法がアトピー予防に効果的であると考えられてきました。

「ばっかり食」から「バランス食」に

アトピー予防には、偏った食べ物ばかりを食べる偏食をせずに、野菜などバランスのいい食事を摂ることが大切です。

こまめに窓を開けて室内は風通しよく

アトピーの原因であるダニが生息しやすい、高温多湿の環境をつくらないことも大切。アトピー予防には、ホコリが溜まらないように、いつもきれいに掃除しましょう。

こまめな寝具の手入れ

赤ちゃんは基本的に1日中寝ています。ホコリやダニ、赤ちゃんの皮脂やよだれの汚れなど、寝具はすぐに不清潔に。アトピー予防には寝具の清潔も保ちましょう。

赤ちゃんの肌に触れる物は刺激の少ない物を

アトピー予防には、ベビーローションやクリームといった肌に直接塗る化粧品は無添加のオーガニック製品に、衣類もできるだけ綿などの刺激が少ない物を選びましょう。

上記のようなアトピー予防方法は、現在も変わらず推奨されていますが、その効果は専門機関が科学的に証明したわけでありません。

一方で、国の機関の研究によってアトピー予防に効果があると証明された事項があります。

アトピー予防に保湿が効果的と実証されている?

赤ちゃん

前述のようなアトピー予防方法は、現在も変わらず推奨されていますが、その効果は専門機関が科学的に証明したわけでありません。

一方で、国の機関の研究によってアトピー予防に効果があると証明された事項があります。

これまで実証されたことのなかったアトピー予防方法ですが、国立成育医療研究センターがおこなった研究の結果によって、判明されたことがあります。

保湿ケアがアトピー発症リスクを3割以上下げる

国立成育医療研究センターによると、生後間もない新生児期からこまめにベビーローションなどの保湿剤を塗り続けることによって、アトピー性皮膚炎の発症リスクを「3割以上」も減らすことができると発表されました。(※1)

特定の方法で、アトピーの予防効果があると証明されたのは、これが世界で初めてとなります。

保湿によるアトピー予防の効果はどうやって証明された?

国立成育医療研究センターによる保湿とアトピー予防の効果を調べる研究は、アトピー性皮膚炎を発症している家族が1人以上いる、生後間もない赤ちゃん118人を無作為に半分に分けておこなわれました。

一方のグループの赤ちゃんには一般の薬局などで売られている保湿剤を毎日全身に塗り、もう一方のグループでは皮膚の乾燥している部分にのみワセリンを塗りました。

そして、8ヶ月後に調べたところ、保湿剤を全身に塗った赤ちゃんのグループでは19人がアトピー性皮膚炎を発症したのに対し、ワセリンを塗ったグループは28人という結果に。

この研究によって、保湿剤にはアトピー発症のリスクを32%抑える効果があると証明できたとされています。

また、この研究結果により、家族にアトピー性皮膚炎の患者がいるハイリスクの赤ちゃんは、かゆみが発症してからではアトピー予防は遅く、皮膚の状態が正常な段階からベビーローションなどの保湿剤を使うようおすすめしているとのことです。

なお、アトピー性皮膚炎を発症すると、食物アレルギーなどのほかのアレルギー性疾患にもなりやすいそうです。

この保湿による赤ちゃんのアトピー予防が証明されたことで、アレルギー性疾患の発症予防にも繋がる可能性が期待されています。

赤ちゃんのアトピー予防に使う保湿剤はオーガニックベビーローションがおすすめ

保湿 手

アトピー予防に使用する保湿剤は、低刺激でやさしい成分の、赤ちゃん用のベビーローションがおすすめです。

最近では、オーガニックや無添加にこだわったベビーローションの種類が豊富に販売されているため、成分なども見比べるとよいですね。

赤ちゃんのアトピー予防におすすめのベビーローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2484円

アロベビーは、純国産の赤ちゃん向けオーガニックブランドとして、注目を集めています。

フランスのオーガニック認証機関「エコサート」の厳しい基準をクリアしている、品質にこだわった安心して使えるベビーローションは、ママ達からとても人気。

99%以上が天然由来の成分でつくられているので、アトピー予防の保湿剤として、とてもおすすめです。

赤ちゃんのアトピー予防に保湿ケアをはじめよう

赤ちゃん ママ

アトピー予防のためにベビーローションを塗っているのに、製品自体の成分のせいで肌荒れしてしまう…なんてことのないように、保湿剤選びには気を付けるようにしましょう。

アトピー予防以外に、トラブルのない健康なお肌を育てるためにも、新生児の内からお風呂上がりには、ベビーローションでの保湿を習慣づけましょう。

親子のスキンシップやコミュニケーションをとりながら、楽しんで保湿ケアをしてあげてください。

※関連記事
ベビーローション赤ちゃんの保湿におすすめ

※1 参考文献:国立成育医療センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見