赤ちゃんのアトピー予防には保湿が効果的?保湿剤はベビーローションがおすすめ

赤ちゃんのアトピー発症率は年々増加しています。アトピーの原因は、遺伝や環境などさまざまな要因があるとされていますが、予防には新生児の頃からベビーローションなどの保湿剤を塗ることがポイントとなるようです。今回は、赤ちゃんのアトピー予防と、保湿の関係性についてご紹介します。

赤ちゃんのアトピーとは?

アトピーによる強いかゆみが生じて泣いている赤ちゃん

アトピーの症状は、よくなったり悪くなったりを繰り返す湿疹が長く続き、強いかゆみを伴うのが特徴です。

日本皮膚科学会によると、アトピーと見られる症状が乳児では2ヶ月以上、そのほか6ヶ月以上続くと、アトピー性皮膚炎と診断するとのこと(※1)。

最初は頭や顔にジュクジュクした湿疹が出始め、その後、徐々に体の下に降りていきます。

手足の関節の湿疹、耳のつけ根のただれ・耳切れも、アトピーでよく見られる症状です。

アトピーを発症した赤ちゃんは、かゆみに耐えられず泣き叫んだり、思い切り掻きむしってしまったりして、アトピーの症状を悪化させてしまうことも珍しくありません。

赤ちゃんがアトピーでつらい思いをしないためにも、新生児の頃からしっかりと保湿などのスキンケア対策をおこないましょう。

※関連記事
赤ちゃんのアトピーはいつからどんな症状が出る?

赤ちゃんのアトピーの原因は?

乾燥肌の赤ちゃん

赤ちゃんがアトピーを発症する原因は、まだはっきりと判明していません。

遺伝や環境、心理的など、赤ちゃんがアトピーを発症する原因には、さまざまな要因が考えられます。

しかし、アトピーを発症する赤ちゃんの肌は乾燥しやすく、バリア機能が弱い特性を持っています。

肌のバリア機能が低いと、カサカサに乾燥した皮膚に外部からの刺激やホコリなどのアレルゲンが侵入しやすくなり、アトピーを引き起こすと考えられています。

そのため、赤ちゃんの肌のバリア機能を高めるためにも、保湿ケアが大切となるのです。

赤ちゃんのアトピー対策・ケア方法は?

what!?の文字と口に手を添えている赤ちゃん

病院を受診する

アトピーは、時間をかけて治す病気です。乳児湿疹がなかなか治らず、アトピー特有の症状がみられる場合は病院へ行き、アトピーの症状に合う適切な薬を処方してもらいましょう。

赤ちゃんのアトピーで処方される薬は、多くの場合ステロイド薬が処方されます。副作用が怖いからと自己判断で使用回数や頻度を変更せず、医師の指示通りに使用しましょう。

また、ステロイド薬以外に、かゆみ止めや非ステロイド薬、保湿剤が処方されることもあります。

肌を清潔にする

毎日お風呂に入り、赤ちゃんの肌を清潔に保ちましょう。赤ちゃん専用の石鹸やベビーソープをたっぷり泡立てて、擦らずに優しく撫で洗いをします。

保湿ケアをする

入浴後は赤ちゃんの肌をしっかり保湿しましょう。5分以内を目安にワセリやベビーローションなどの保湿剤を塗ります。

赤ちゃんの身の回りの環境設備を整える

病院で処方された薬や、赤ちゃんの肌を清潔・保湿をする以外に、赤ちゃんの身の回りの環境を整えることも大切です。

赤ちゃんの衣類は、できるだけコットン製などの刺激の少ない清潔なものを選びましょう。

ダニやホコリを除去するために、赤ちゃんが使用した寝具はこまめに洗ってください。

赤ちゃんのアトピー予防には保湿が効果的?

保湿中の赤ちゃん

これまで、赤ちゃんのアトピー予防について実証されていませんでした。しかし、国立成育医療研究センターがおこなった研究結果によって、赤ちゃんのアトピー予防には保湿ケアが効果的だと判明したのです。

保湿ケアでアトピー発症リスクが3割以上低下する

国立成育医療研究センターによると、生後間もない新生児期からこまめに、ベビーローションなどの保湿剤を塗布すると、アトピー性皮膚炎の発症リスクが「3割以上」も低下するとのこと(※2)。

アトピーの発症を予防する特定の方法を発見したのは、今回の研究結果が世界で初めてとなります。

保湿によるアトピー予防の効果の証明方法とは?

アトピー予防として保湿剤の効果を調べる研究は、アトピー性皮膚炎を発症した家族が1人以上いる生後間もない新生児の赤ちゃん118人を、ランダムに半分に分けておこなわれました。

研究方法は、赤ちゃんを毎日入浴させるのは同じとして、一方のグループは保湿剤を1日1回以上全身に塗布し、もう一方のグループではワセリンを乾燥した部分にだけ塗布するというもの。

8ヶ月後両グループを調べると、全身に保湿剤を塗布したグループではアトピー発症者が19人、一方、乾燥した部分にのみワセリンを塗布したグループは、アトピー発症者が28人という結果となりました。

よって今回の研究結果では、赤ちゃんの全身に保湿剤を塗布することで、アトピーの発症リスクを32%抑える効果があると証明できます。

したがって、生後すぐの段階からベビーローションなどの保湿剤を使用するのがよいと言えるでしょう。

また、乳児期にアトピーを発症すると、食物アレルギーなどのアレルギー発症の誘発となる、とも示唆しています。

赤ちゃんのアトピー予防にはベビーローションがおすすめ!

ベビーローションを手に出している女性の手元

生まれて間もない新生児の赤ちゃんに保湿剤を使用するので、できるだけ保湿力が高く、肌のバリア機能を高めてくれるものを選びましょう。

さまざまな種類の保湿剤がある中で、一番おすすめの保湿剤がベビーローションです。赤ちゃんのデリケートな肌にたっぷりと水分補給をし、乾燥しがちな肌をしっかり保湿します。

赤ちゃんに使用するベビーローションは、低刺激で優しいだけではなく、無添加やオーガニックにこだわったものがおすすめです。

ベビーローションを購入する前に、成分表を見て各商品を見比べるのがよいでしょう。

赤ちゃんのアトピー予防におすすめのベビーローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円

赤ちゃん向けオーガニックブランドとして注目を集めている、純国産「ALOBABY(アロベビー)」のベビーローションがおすすめ。

フランスのオーガニック認証機関「エコサート」の厳しい基準をクリアしており、品質にこだわった、赤ちゃんに安心して使用できるベビーローションです。

99%以上の天然由来成分で作られているので、赤ちゃんの肌に刺激が少なく、アトピー予防にも効果的です。

※関連記事
ベビーローション赤ちゃんの保湿におすすめ

赤ちゃんのアトピー予防に保湿ケアをはじめよう

赤ちゃんとママ

赤ちゃんがアトピーを発症する決定的な原因は判明されていないですが、生まれてすぐに保湿ケアをおこなうと予防に効果的だという研究結果があります。

そのため、赤ちゃんがアトピーを発症しないために、生まれてからすぐ保湿ケアをおこないましょう。

お風呂上がりの赤ちゃんの肌はもっちりしているように見えますが、水分が蒸発しすぐに乾燥してしまいます。そのため、お風呂上がり5分以内にベビーローションで保湿をしましょう。

また、保湿ケアは親子のスキンシップの時間にもなります。こまめに保湿ケアをして、赤ちゃんのアトピーを予防しましょう!

※1 参考文献:日本皮膚科学会ガイドライン アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018
※2 参考文献:独立行政法人 国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見