赤ちゃんのアトピーは治る?原因を知って根気よくケアをしよう!

赤ちゃんに起こるアトピー(アトピー性皮膚炎)は、治る病気なのでしょうか?また、症状を治すために使われる薬や、ホームケアの方法は何があるのでしょう。今回は、赤ちゃんのアトピーは治るのか、そもそもアトピーが発症する原因、さらに対症療養とホームケアの方法についてご紹介します。

赤ちゃんのアトピーは治る?

アトピーで泣いている赤ちゃん

アトピー(アトピー性皮膚炎)は、正しいケアをおこなえば症状が改善していきますが、成人になっても症状が治らない場合もあります。

かゆみの強い湿疹が、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、時間をかけて治す病気だと理解しましょう。

アトピーは自然に治る?

アトピーの疾患そのものを完治させる治療法はありません。しかし、対症療法として、外用薬・かゆみ止め・保湿剤を使用して治療にあたります。

アトピーの症状が治まってくると、保湿ケアが中心となる場合もあるそうです。

アトピーの治療は、医師の判断に従い根気よく薬の使用やスキンケアをおこないましょう。

そもそも、アトピーとは?赤ちゃんが発症する原因は?

赤ちゃんのデリケートな肌

アトピーは慢性的に続く湿疹

アトピーとは、アレルギー性の皮膚炎で、皮膚の乾燥と強いかゆみを伴う湿疹が慢性的に続きます。

頭や顔に湿疹ができ、次第にお腹や背中、足へと全身に広がっていきます。耳の付け根部分が切れる「耳切れ」もアトピーの特徴です。

赤ちゃんのアトピーの原因は?

赤ちゃんがアトピーを起こす原因はさまざまありますが、皮膚のバリア機能の弱さも原因の1つとして挙げられます。

赤ちゃんの皮膚はとても薄く、ホコリや汗などの外的刺激に反応し、炎症が起こりやすい状態。その炎症部分を掻いているうちに皮膚の表面が傷つき、肌のバリア機能が壊れた部分にアレルゲンが侵入しやすくなり、アトピーを発症すると考えられています。

また、アトピーを引き起こす原因として、食物アレルギーがきっかけになる場合もありますが、必ず当てはまるわけではないので、自己判断で特定の食べ物を控えるというのはやめましょう。

赤ちゃんのアトピーは母乳も原因?

赤ちゃんのアトピーの原因と母乳の関連性は、小児科、皮膚科、医師の間でも判断が異なるため、確実なことは断言できません。

しかし、母乳の質をよくするという意味では、バランスのよい食事を心がけるのがよいでしょう。

赤ちゃんのアトピーを治す対症療法とケア方法は?

薬を塗られている赤ちゃん

赤ちゃんのアトピー治療で大切なのは、皮膚のバリア機能を高めることです。そのために、赤ちゃんがかゆい部分を掻かないようにして、こまめに保湿剤を塗り、肌の保湿を保ちましょう。

アトピーでかゆみを抑えるために、病院からステロイド外用薬を処方されることが多いでしょう。

1.薬の使用

赤ちゃんのアトピー療法に使われる処方される薬は、多くの場合かゆみの炎症を抑えるステロイドの塗り薬です。赤ちゃんにステロイドの使用するのは不安が募りますが、医師の指示通りに正しい使い方をすれば心配ありません。

自己判断で薬の使用を控えたり、医師から指導された回数を変えたりするのはやめましょう。

2歳以上の赤ちゃんであれば、タクロリムス軟膏(プロトピック軟膏)が使用できます。

また、アトピーのかゆみが強い場合、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー剤が処方されることもあります。

2.皮膚を清潔に保つ

赤ちゃんは新陳代謝がよく汗っかきなので、皮膚の清潔を保ちましょう。1日に1回はお風呂に入り、低刺激性のベビーソープや固形石鹸を使用し、よく泡立てて汚れを洗い流します。

また、こまめに着替えをおこなうことも大切です。赤ちゃんは特に背中部分に汗をかきやすいため、頻繁に様子を見ましょう。

3.皮膚を保湿する

赤ちゃんの肌のバリア機能を高めるため、保湿剤で肌の保湿をおこないます。お風呂上がりは乾燥の進みが早いので、5分以内を目安に保湿剤を塗ってください。

保湿剤を塗るタイミングは、お風呂上がり以外にも、起床時や就寝前にも塗りましょう。乾燥が気になったらこまめに塗るのが重要ですよ。

アトピーの保湿ケアに使用する保湿剤は、ベビーローションがおすすめ。水分を肌に補う役割を果たしてくれます。

アトピー予防に効果的!アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円

高保湿成分「ホホバオイル」「シアバター」を配合した99%以上天然由来、アロベビーのミルクローション。

世界的なオーガニック基準「Ecoccert(エコサート)認証」も取得済で、赤ちゃんに安心して使用できます。

アロベビーのミルクローションを使い続けていると、乳児湿疹が治ったとの口コミも。

赤ちゃんのアトピーに悩むパパ・ママはもちろん、アトピーの発症を防ぎたいパパ・ママにもおすすめです。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる商品を比較

赤ちゃんのアトピーが治るようにじっくりケアをしよう

赤ちゃんとママ

見た目にも痛々しい赤ちゃんのアトピーは、いつ治るのかと不安になってしまいます。しかし、アトピーの治療やケアは長い目で付き合うことが肝心。

医師から処方された薬を使用し、日々のスキンケアをおこない「いつか治る」とプラスに考え、赤ちゃんと向き合っていきましょう。