ベビーローションで赤くなる理由と病気の可能性は?正しい選び方紹介

赤ちゃんの肌は、とっても薄くてデリケート。乾燥しやすいので、ベビーローションを使って保湿をするママ・パパは多いです。しかし、ベビーローションを赤ちゃんに塗っていると、肌が赤くなることがあります。ベビーローションが合わない?肌荒れ?今回は、ベビーローションで赤くなる理由について、ご紹介していきます!

ベビーローションを塗ると赤ちゃんの肌が赤くなるのはなぜ?

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんの肌はとっても敏感なので、様々な理由がきっかけとなり、赤くなることがあります。

ベビーローションを塗って赤くなる場合には、以下のような理由が考えられます。

ベビーローションの成分の刺激で赤くなる

ベビーローションには、肌にうるおいを与えたり、乾燥して硬くなった肌を柔らかくしたりするために、様々な成分が配合されています。

アルコールや界面活性剤、着色料、パラベンが含まれていると、その成分が刺激となって肌荒れを起こし、赤くなることがあります。

また、厚生労働省が発表した「旧表示指定成分」が含まれているベビーローションもあり、「旧表示指定成分」は、人によって、アレルギーなどの肌トラブルを起こす恐れがあるため、ベビーローションを選ぶ際は注意しましょう(※1)。

生活習慣や体調不良によって、一時的に肌が赤くなる

人間は、日々の過ごし方や食べ物、病気などの影響で体調がその都度変わっていきます。

これは赤ちゃんも同じで、体調がよくないときには、ベビーローションが刺激となってしまうことがあります。

普段なら問題なく使えるベビーローションでも、体調の変化によってかぶれたり、赤くなったりすることがあるのです。

ベビーローション以外で赤くなるのは病気?

体が赤くなっている赤ちゃん

赤ちゃんのほっぺや全身が赤くなる場合、ベビーローションが合わない以外に、病気である可能性も考えられます。

皮膚が赤くなる症状が現れるのは、どのような病気が考えられるのでしょうか?

風邪をひいて赤くなる

風邪をひいて体温が上がると、ほっぺが赤くなります。ほっぺが赤くなるときは、まず体温を測りましょう。

アレルギー症状で赤くなる

特定の食べ物を食べたことでアレルギー反応が出て、赤くなることがあります。赤くなるのはお腹やほっぺなど、さまざまな場所に現れます。

りんご病(伝染性紅斑)で赤くなる

「りんご病」は、赤ちゃんのほっぺがりんごのように赤くなる病気です。ほっぺが赤くなると、腕や太ももの外側にレース状の赤い発疹が現れます。

乳児湿疹でかぶれて赤くなる

「乳児湿疹」は、新生児から乳児期に現れやすい肌トラブルです。乳児湿疹は、汗の分泌が活発で、皮膚が乾燥しやすいことで起こります。

また、皮膚が薄くて敏感肌の赤ちゃんは、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こすため、乳児湿疹は珍しい症状ではありません。

乳児湿疹になると肌の状態が悪化し、かぶれや肌荒れ、赤くなることがあります。

※関連記事
赤ちゃんの乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の症状や原因の違いは?

ベビーローションの選び方のポイント

チェック 項目

肌質に合っていない保湿剤を使うと、赤ちゃんの肌状態が悪化してしまいます。そのため、赤ちゃんに優しく安全なベビーローションを選びましょう。

テクスチャのよいベビーローションを選ぶ

赤ちゃんの顔や全身の保湿には、ワセリンやベビーオイルよりもベビーローションがおすすめです。

ベビーローションは、水分と油分のバランスがよく配合されており、乳液状で全身に伸ばしやすいですよ。

低刺激のベビーローションを選ぶ

大人には問題のない成分も、赤ちゃんには刺激となることがあります。

赤ちゃんの肌に負担が少ない「低刺激」「自然由来」「オーガニック」成分を使用したベビーローションがおすすめです。

赤ちゃんの肌に優しい!アロベビーのミルクローション!

アロベビー ミルクローション

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税抜価格:2,300円 ※お得な定期便もあります!

こだわり抜いた優しさがうれしい「ALOBABY」のミルクローション。

99%以上天然由来成分で国産オーガニックだから、赤ちゃんにも安心して使えます。

高保湿成分のホホバオイルやシアバター、さらに肌荒れやかゆみのケアをする成分も配合されています。

多くの雑誌に掲載され、多くの芸能人ママ・SNSでも人気の無添加処方のベビーローションで、しっかり保湿をしてください。

※関連記事
ベビーローション比較おすすめ12選

ベビーローションはパッチテストをしてから使う

低刺激や自然由来、オーガニック処方のベビーローションでも、赤ちゃんの肌に合う・合わないがあります。

そのため、肌に優しいベビーローションを使っても、アレルギー反応が出ることがあります。

ベビーローションの使用前に、太ももや二の腕の内側などの目立たない部分でパッチテストをおこない、赤ちゃんの肌にアレルギー反応が出ないか確認しましょう。

ベビーローションを使って赤くなるときは正しく見極めよう

ベビーローションを塗ってもらっている赤ちゃん

成長途中の赤ちゃんの肌は不安定な状態なので、赤くなることは珍しくありません。

しかし、ベビーローションとの相性が原因なのか、それとも病気が潜んでいるのかによって、ケアの方法は変わっていきます。

ベビーローションを使って赤くなる症状に気が付いたら、様子を見ながら、不安な場合は病院へ行き医師に相談してください。

適切な症状をおこないながら、赤ちゃんの健康な肌を育てていきましょう!

※1 参考文献:厚生労働省「化粧品基準」