赤ちゃんの保湿は夏でも必要!理由やおすすめのスキンケア方法とは?

赤ちゃんはいつもお肌が潤って見えるので、気温も高く汗をかきやすい夏の保湿ケアはベタつくのでは…?と敬遠しがちなママも多いです。しかし実は、赤ちゃんには夏にもしっかりと保湿することがとても大切!ここでは、赤ちゃんに保湿が夏も必要な理由や、おすすめのスキンケア方法についてご紹介していきます。

赤ちゃんに保湿が夏も必要なのはなぜ?

太陽 日光

赤ちゃんのお肌はすべすべしていて、よく潤っているように見えます。しかし赤ちゃんは、まだまだ未発達。

大人の肌の3分の1の厚さしかなく、お肌のバリア機能も弱いため、皮膚から水分が蒸発しやすく乾燥しやすいのです。

そのため、汗をかきやすくベタつきが気になる夏でも、赤ちゃんのお肌は変わらず乾燥しやすい状態にあります。

そのため、赤ちゃんのお肌は夏であっても、しっかりと保湿しなければいけないのです。

赤ちゃんの保湿ケアが足りないと湿疹ができやすい?

赤ちゃんの肌は、「皮脂が過剰になると、湿疹ができる」と思っているママも多いです。しかし、湿疹の原因は、皮脂だけではありません!

実は、乾燥も湿疹の原因となることがあるのです。

夏に赤ちゃんの肌の保湿が足りないと、皮膚が乾燥してしまい、それで炎症を起こし「乾性湿疹」を起こしてしまうことがあるのです。

この「乾性湿疹」の原因は乾燥にあるので、夏でも赤ちゃんにしっかりと保湿をすることが大切です。

※関連記事
赤ちゃんの乾燥性湿疹の見分け方とベビーローションを使った保湿対策

赤ちゃんの肌が夏に乾燥しやすい理由とは?

疑問 ?

1年中乾燥しやすい赤ちゃんの肌ですが、夏に乾燥を招きやすい原因は何なのでしょうか?

上手に乾燥を防ぐためにも、代表的な理由を把握しておきましょう。

クーラー

気温が上がる夏は、赤ちゃんもクーラーの効いた部屋で過ごすことが多くなるでしょう。

クーラーを使っている部屋は、どうしても空気が乾燥してしまうものです。

夏は熱中症の心配があるため、クーラーの使用は避けられませんが、その分赤ちゃんの保湿にも気を配るようにしましょう。

紫外線

夏は紫外線が強くなるので、日焼けを避けるため、なるべく赤ちゃんとの外出を控えるママもいるかもしれません。

紫外線は日焼けだけではなく、肌のバリアを破壊して乾燥を招いてしまうのです。

夏の日焼け止め対策の前に、赤ちゃんのスキンケアをおこない、しっかりとお肌を保湿してあげましょう。

皮脂不足

汗っかきの赤ちゃんは、あせもができやすいもの。さらに汗をかきやすい夏は、こまめに汗を拭いてあげることが必要です。

しかし、汗を洗い流そうと何度も石けんで洗い流すと、かえって肌の皮脂や水分が奪われてしまい、乾燥を招きやすいです。

赤ちゃんのお肌が乾燥すると、お肌が様々な外部の刺激に弱くなってしまうので、やはり夏は赤ちゃんの保湿ケアが大切なのです。

赤ちゃんの保湿ケア!夏におすすめの方法

保湿 ローション

前述のように、様々な要因で肌が乾燥しやすい夏は、赤ちゃんのスキンケアに気を配ってあげましょう。

赤ちゃんの夏の保湿方法には、いくつかポイントがあるので、ご紹介していきます!

赤ちゃんの夏の保湿にベストなタイミング

赤ちゃんの夏の保湿のベストタイミングは、入浴後です。お肌がまだ完全に乾着切る前の潤いを保った状態で、入浴後にスキンケアをしてあげましょう。

お肌の水分を閉じ込めて、しっかりと保湿することができます。

それ以外にも、クーラーの効いた部屋にいるとき、紫外線に当たった外出後など、日中もこまめに保湿をしてあげることが大切です。

赤ちゃんの夏の保湿におすすめの保湿剤

赤ちゃん用の保湿剤には色々なタイプがありますが、夏の保湿ケアにおすすめなのは、ベビーローションです。

ベビーローションはさらっとしているので、塗った後に肌がベタつきません。

また、ベビーローションは水分量も多くお肌全体に広げやすいので、手早く塗り広げることができるのも嬉しいポイントのひとつです。

ベビーローションと一言でいっても色々な種類がありますが、保湿力が高く、化学成分が含まれていない低刺激のベビーローションを選ぶようにしましょう。

※関連記事
ベビーローション比較おすすめ12選 | 赤ちゃんの保湿にベビーローション

その他におすすめの保湿対策

クーラーを使うときには、部屋を加湿するようにしましょう。加湿器を使わなくても、部屋にぬれたタオルを吊るしたり、洗濯物をかけることでも室内の保湿対策ができます。

また、外出時には赤ちゃんにしっかりと日焼け止めを塗って、紫外線対策をしましょう。水分が逃げないようなお肌づくりをすることも、ママのできる保湿対策のひとつです。

赤ちゃんの保湿ケアは夏も忘れずにおこなおう

赤ちゃん

赤ちゃんのお肌は、いつもすべすべでもちもちしているので、一見肌トラブルはないように見受けやすいです。

しかし、成長途中の赤ちゃんは身体の機能も未発達。今回ご紹介したように、夏も乾燥しやすく保湿ケアが欠かせないのです。

寒くて乾燥しやすい秋~冬場だけではなく、夏もしっかり保湿対策をおこなって、トラブル知らずな健康なお肌を育ててあげましょう。