赤ちゃんの保湿ケアはいつから必要?顔や体を保湿する方法・ポイントを紹介

赤ちゃんの保湿ケアはいつから始めるのがよいのでしょう?そもそも、必要なのでしょうか。赤ちゃんの肌はとても薄く、湿疹などの肌荒れを起こしやすいので、保湿ケアは必須です。今回は、赤ちゃんの肌状態の知識や、いつから保湿をするべきか、また塗る際のポイントをご紹介します。

赤ちゃんに保湿が必要な理由は?

頬と胸部分に保湿剤が塗られた赤ちゃん

赤ちゃんの皮膚の厚さは、大人の約半分程度と薄く、外的刺激に弱いため肌トラブルが起きやすい状態。

また、赤ちゃんは肌のバリア機能が未熟なだけではなく、保水力も弱いため、体内から水分が蒸発し、肌が乾燥しやすくなります。

さらに、赤ちゃんは新陳代謝がよく汗っかき。しかし、赤ちゃんの体は小さいにも関わらず、汗腺の数は大人と同じなので、大量に汗をかいて体が蒸れやすくなるのです。

保水力が弱く外的刺激に弱い赤ちゃんは、肌トラブルを起こしやすいので、保湿ケアは必要と考えます。

赤ちゃんの保湿はいつから?新生児にも必要なの?

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんの保湿は、「いつから」始めなければいけないという決まりはありませんが、できるだけ、生後すぐの新生児から保湿ケアを始めるのがよいでしょう。

春夏は、汗をかいて水分が蒸発しやすく、冷房が要因で肌が乾燥します。また、秋冬は空気が乾燥しやすいため、赤ちゃんは年間を通した保湿が重要となります。

生後3ヶ月頃までは皮脂分泌が活発

生後3ヶ月頃までは、ホルモンの影響で皮脂分泌が盛んなため、毛穴に皮脂が溜まりやすく「乳児脂漏性湿疹」や「新生児ニキビ」を起こしやすくなります。

清潔と保湿を心がけ、お風呂場で不要な皮脂を取り除き、その後しっかり保湿をしましょう。

生後3ヶ月を過ぎると乾燥肌へと傾く

生後3ヶ月頃が過ぎると、徐々に皮脂分泌も落ち着き、乾燥肌へと肌質が傾いて、「乾燥性湿疹」を含むさまざまな肌トラブルを招きかねません。

肌トラブルを防ぐためにも、できるだけ早めに保湿を始めましょう。

新生児期からの保湿でアトピーリスクが低下する

国立成育医療研究センターによると、新生児期から保湿剤を塗布することにより、アトピー性皮膚炎の発症リスクが、3割低下することが分かったようです(※1)。

研究結果から分かるように、赤ちゃんには早い段階から保湿ケアをおこない、肌のバリア機能を助け、肌荒れを防ぎましょう。

赤ちゃんの保湿ケアの方法・ポイントとは?

保湿をしてもらっている赤ちゃん

赤ちゃんに保湿ケアをするときのポイントは、優しく塗ること。保湿ケアはスキンシップも兼ねて、マッサージをしながら全身に伸ばしてくださいね。

1.季節・気温・乾燥状態に合わせて保湿剤を選ぶ

赤ちゃんに使用する保湿剤は、季節や気温、肌の状態に合わせて使い分けるのがおすすめ。

春夏は汗をかきやすいので、軽い付け心地のミルクローションやミルクを、秋冬は肌の乾燥も激しくなるので、重めのワセリンやオイル・クリームを使うのがよいでしょう。

赤ちゃんに保湿剤を使用する前には、必ずパッチテストをおこない、皮膚に赤みやかぶれが出ないか確認しましょう。

2.手のひらで温めてから赤ちゃんに塗る

いきなり赤ちゃんに保湿座を塗ると、冷たさに驚いてしまう可能性があります。

手のひらで保湿剤を十分に温めてから、赤ちゃんの体や顔にのせていきましょう。

手足の付け根や関節、耳の後ろなどは、塗り残しが起きやすい場所です。丁寧に塗るように心がけてください。

3.こまめに保湿ケアをおこなう

肌が乾燥しやすいお風呂上がりは必ず保湿をおこないましょう。

お風呂上がり以外も、起床後・外出前・帰宅後など、赤ちゃんの肌の乾燥が気になったタイミングで、保湿ケアをしてください。

4.食事後は口周りや頬を保湿する

ママの母乳やミルク、月齢が進むと離乳食が始まりますが、赤ちゃんは口周りや頬が、食べこぼしやよだれで汚れがちです。

汚れを拭き取るたびに肌は刺激を受けているため、きれいに口周りの汚れを拭き取ったあとは、保湿ケアを忘れずにおこないましょう。

新生児から使える保湿剤!おすすめ3選

1.アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●容量:150ml
●税込価格:2,484円 ※お得な定期便もあります!

新生児から使えるベビーローションとして、雑誌掲載や多くの芸能人ママから支持されている「アロベビー」のミルクローション。

赤ちゃんにも安心して使える無添加処方で、世界的オーガニック基準の「Ecocert(エコサート)」を取得しています。

ホホバオイルやシアバターなどの高保湿成分と、高品質の天然由来成分を配合しているので、赤ちゃんの肌に優しいですよ。

ほのかに香るオーガニックラベンダーで、赤ちゃんと一緒に癒されながら保湿ケアの時間を過ごしてくださいね。

2.ヴェレダ カレンドラ ベビーミルクローション

ヴェレダ カレンドラ ベビーミルクローション
出典:www.weleda.jp

●容量:200ml
●税込価格:2,376円

国際オーガニック認証基準「Nature(ネイトゥルー)」を取得している「ヴェレダ」のミルクローション。

カレンドラは、ヨーロッパでは保湿・保護・肌荒れ防止効果に優れており、古代エジプト時代から重宝されています。

また、ヨーロッパでは敏感肌ケアに長年、使用されているようです。

ベビーローションが角質層まですばやく浸透し、きめ細やかな肌へと整えます。

3.ドゥーエ ベビープラス ミルキーローション

ドゥーエ ベビープラス ミルキーローション
出典:www.rakuten.co.jp

●容量:150ml
●税込価格:1,404円

「スキンケアは育児の一部」という考えのもと、赤ちゃんに安心して使用できる低刺激性スキンケア製品をつくる「ドゥーエ ベビープラス」のベビーローション。

健やかな肌の潤うバランスを同じように、水分・油分・保湿剤をバランスよく配合しています。

鉱物油・パラベン・香料・アルコールは使われていません。

伸びのよいテクスチャのベビーローションで、赤ちゃんを保湿してあげましょう。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる商品を比較

赤ちゃんの保湿ケアは新生児から始めよう!

スキンシップをしている赤ちゃんとママ

赤ちゃんの保湿ケアを始めるタイミングに「いつから」という決まりはありません。

しかし赤ちゃんの肌は、パパやママが思っている以上に乾燥しやすいので、できるだけ新生児期から保湿ケアを始めるのがよいでしょう。

毎日の地道な保湿ケアで、赤ちゃんの健康的な肌がつくられていきます。

赤ちゃんの保湿ケアは、スキンシップも兼ねて楽しみながらおこないましょう!

※1 参考文献:国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見