赤ちゃんのささくれの原因とは?ベビーローションで対処ができる?

大人にとっても痛いささくれが、赤ちゃんにもできるものだと知っていますか?赤ちゃんのささくれの痛みやストレスを軽減してあげるため、原因や対処法を知っておきましょう。今回は、ベビーローションを使ったささくれの対処法について、ご紹介していきます!

赤ちゃんにささくれができる原因とは?

赤ちゃん 手

ささくれとは、爪の根元や周辺の皮膚が毛羽立ったような状態になってしまうことです。ささくれができると、化膿をまねいてしまうことも少なくありません。

赤ちゃんの場合、ささくれが気になってぐずりやすくなることもあるため、原因を知ってあらかじめ予防しましょう。

赤ちゃんに必要な栄養素が不足している

身体を作るために必要な栄養素が不足していると、爪や皮膚がすぐボロボロになってしまいます。

赤ちゃんにささくれが見つかったら、普段の食生活を見直して、十分に栄養をとれているか確認しましょう。

特に、たんぱく質やビタミン類は、健康な皮膚を作るために欠かせないので意識してみてください。

肌が乾燥している

栄養をしっかり摂取していても、お肌に水分や皮脂が足りていないと、ささくれの症状を引き起こしかねません。

デリケートな赤ちゃんのお肌は、少しの乾燥でひび割れたり、そこからささくれができたりするのです。

赤ちゃんの手が赤いときには、しっかり温めて保湿してあげましょう。

指しゃぶり

赤ちゃんはママのおっぱいの恋しさから、指をしゃぶる癖がついてしまうことも珍しくありません。

しかし、指先を何度もくわえたりしゃぶったりして刺激を与えていると、ささくれができやすくなります。

指をしゃぶる癖がある赤ちゃんには、声かけをしながら指しゃぶりを直してあげられるようにサポートしてみてください。

赤ちゃんにささくれができてしまったときの対処法

疑問 ?

ささくれは、放置していると雑菌が入り、化膿などの重症化をまねきます。

赤ちゃんの指先が赤く痛々しい状態になってしまう前に、正しい対処法を知ってきちんとケアしましょう。

ケアをしても赤いままだったり、ひどい化膿ができている場合には、必要に応じて医師に相談することも大切です。

ここでは、あかちゃんにささくれができているときの対処法について、ご紹介していきます。

爪切りやハサミでささくれをカットし消毒する

できてしまったささくれは、爪切りやハサミを使ってカットしてあげます。

根元からしっかりカットしたら、雑菌が入って化膿しないように、消毒を忘れないように注意してください。

そのまま放置すると、出血などもまねきかねないので、ささくれはしっかり取ることが大切です。

ベビーローションでささくれ部分をしっかり保湿する

お肌に必要な量の水分や皮脂がなくなると、新たにささくれができたり、悪化する可能性があります。

おすすめの方法は、ささくれ部分をキレイにした後に、お風呂上がりなどに使う低刺激で肌馴染みのいいベビーローションを爪先にもしっかりと塗ることです。

赤ちゃんにも安心して使えるベビーローションをこまめに塗って、しっかり保湿してあげましょう。

保湿はできてしまったささくれの対策だけでなく、予防にも効果的です。

※関連記事
ベビーローション比較おすすめ12選 | 赤ちゃんの保湿にベビーローション

絆創膏を貼って雑菌が入らないようにカバーする

赤ちゃんがささくれのできた部分を気にしているときや、何度もいじっているときには、絆創膏を貼ってカバーしましょう。

絆創膏は、ささくれをカットした部分に雑菌が入る危険からも防いでくれます。

また、ささくれを痛がっている場合や、炎症を起こして赤くなっているような状態になっている場合にも、刺激を防ぐ役割を果たします。

赤ちゃんの皮膚は薄くてデリケートなので、絆創膏をずっと貼りっぱなしにしない、きつく巻き付けないように注意する等、お肌に負担をかけないようにも注意しましょう。

ミトンなどを活用する

赤ちゃんが、ささくれが化膿する原因にもなる指しゃぶりをやめられない場合、治るまでミトンやグローブ等をつけてあげるのも効果的です。

指しゃぶりをしづらくなり、ささくれの悪化を防いでくれます。ベビーローションなどの保湿剤が口に入らなおか心配なときにも、おすすめです。

赤ちゃんのささくれは適切な対処法で改善に導こう

赤ちゃん ママ

ささくれによってひびわれた赤ちゃんの指先を見ると、「大丈夫かな?」と不安になってしまうかもしれません。

しかし、栄養補給や保湿に気を配り、しっかり対処していれば改善へ導く効果へ期待ができます。

赤ちゃんに不安が伝わらないように、おおらかな気持ちでケアをしましょう。