USDAとはどのようなオーガニック認証機関?認められるためには?

低刺激で人気の高い、オーガニックコスメ。認証機関の基準を満たした、安全性の高い商品が様々に展開されていますが、中でも有名な「USDA」という認証機関の名前を耳にしたことがありますか?今回は、USDAはどのようなオーガニックの認証機関なのか、求められているクリアすべき基準についてご紹介します。

オーガニック認証機関のUSDAとは?

USDA
出典:www.usda.gov

USDAは米国政府機関である農務省を表す言葉、「United States Department of Agriculture」の頭文字をとった、略称のことをあらわしています。

USDAの傘下に、全米オーガニックプログラム(NOP)という機関があり、こちらでオーガニック認証をおこなっているのです。

農務省の機関なので、食品や農産物を中心に認証をおこなっています。

USDAは、原材料や土地の管理方法など厳しい独自の基準を設けており、これらをパスしないと、USDAの認証マークを付けることができません。

USDAのマークを表示できるのは、製品の原料がすべてオーガニックである「100% Organic」、オーガニック原料を95%以上がオーガニックである「Organic」の2つだけ。

70%以上オーガニック原料の製品は「Made with Organic ingredients」というカテゴリーの製品となり、USDAのマークを使用することはできず、オーガニック製品と記載することができません。

USDAのオーガニックの定義について

オーガニックと一言でいっても、その基準は機関によって少しずつ異なります。

NOPのホームページにはオーガニックの定義について「認可された手法で生産された食品、あるいはその他農業製品のことを指す表示用の用語。その手法とは資源の循環を育み、生態系のバランスを整え、生物多様性を保護することが可能な、文化、生物、機械を使用して行う農法を取り入れたものである。合成肥料、下水汚泥、放射性照射、遺伝子操作は使用してはならない」と説明されています。

つまり、化学肥料を使用していない、土や水を汚染から守りながら、生態系にも気を配った手法で生産されているというのがポイント。

これらは自然に優しいだけでなく、私たちも安心して使うことができるのです。

オーガニックコスメもUSDAを取得できる?

USDAは前述でご紹介したように、主に食品や農産物、畜産物を対象としています。

アメリカにはオーガニックコスメの認証機関がなく、明確な基準が定められていません。

そのため、最近では化粧品類にも農務省の審査を受けて、USDA認証のオーガニックコスメとして販売しているケースが多くみられます。

USDAのオーガニック認証を受けることのできる基準

チェック

USDAの認証の基準は、それぞれの品目ごとにかなり細かく設定されています。主な基準は、以下のとおりです。

  • 栽培地では収穫前の3年以上農薬、化学肥料を使用せず、有機栽培をしている
  • 全成分の95%から100%がオーガニック原料であること
  • 遺伝子操作、電離放射、下水汚泥の使用は禁止

これらを証明する資料と、認証を得たい製品を提出します。

さらに、政府の承認を得た検査官が実際に現地を訪れて、農地や施設に入って査察することが求められています。

オーガニック認証を受けた後であっても査察は行われ、その厳しい基準をしっかり守っているのかが常にチェックされます。

USDAの認証を受けたオーガニックコスメの安全性は?

疑問 ?

土作りから製品化に至るまで、オーガニック製品に厳しい基準を設けているUSDA。農務省が定めた機関なので、その品質は保証済です。

もともと食品や農作物など私たちが口にするもののための基準なので、そのオーガニック認証を受けた化粧品は化学物質を排除した、安心して使用することのできるオーガニックコスメであるといえます。

USDAマークの付いた製品をチェックしてみよう

ポイント

オーガニックコスメなどで、よく見かける認証マークが付いていても、詳しい基準まで把握できていない人は少なくありません。

USDAについて少しでも理解を深めて、身体にもお肌にも良い製品選びへと役立ててみてください。

当サイトでは、USDA以外のオーガニック認証機関の情報や、認証機関の基準をクリアしたベビーローションの情報などをご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!