ベビーローション・ベビーオイルでデリケートゾーンの黒ずみ対策?使い方や保湿方法

実は、ベビーローション・ベビーオイルが、デリケートゾーンの黒ずみ対策や保湿ケアにも使えると知っていましたか?デリケートゾーンのお悩みは、なかなか人に相談できないという声は珍しくありません。今回は、ベビーローション・ベビーオイルを使ったデリケートゾーンの黒ずみ悩みのケア方法について、ご紹介します!

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

マスタードカラーのスカートを履いた女性

原因1.下着や生理用ナプキンなどによる摩擦

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、下着や生理用ナプキンなどによる摩擦が刺激となっていること。

一日中覆われているデリケートゾーンは、摩擦や締め付けなどの刺激や負担から、お肌を守ろうとしてメラニンを生成し、黒ずみができてしまうのです。

また、下着や生理用ナプキンの素材自体がデリケートゾーンに刺激を与えて、黒ずみにつながります。

原因2.乾燥

デリケートゾーンは、とても皮膚が薄く乾燥しやすい場所。

下着や生理用ナプキンの摩擦によって肌のバリア機能が低下し、乾燥状態が続いてしまうのです。

デリケートゾーンの乾燥によって、雑菌が増えやすくなりニオイの元にもつながってしまいます。

原因3.妊娠や出産の影響

妊娠や出産をきっかけとして、デリケートゾーンが黒ずんでしまう場合もあります。

出産時に大きな負担がかかるママの身体は、自分の身体とお腹の赤ちゃんを守るために、メラニンを活発に生成します。

産後、時間が経つにつれて黒すみは少しずつ薄くなっていきますが、気になる場合は早めの対策が必要です。

原因4.誤ったアンダーヘアのお手入れ

アンダーヘアを誤って自己流で脱毛しようとお手入れすることでも、皮膚が負担を受けて黒ずみの原因となります。

カミソリ負けをしてしまったり、毛抜きの使用で肌を傷つけてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

デリケートゾーンの脱毛を考えている女性は、エステサロンなどでプロに処理してもらう方法をおすすめします。

原因5.デリケートゾーンの間違った洗い方

ゴシゴシ強く洗うと、デリケートゾーンの皮膚が傷ついてしまいます。また、洗浄力の高いボディーソープは、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性も。

きれいにしているつもりの行動が、デリケートゾーンの乾燥を進ませてしまうのです。

ベビーローション・ベビーオイルがデリケートゾーンの保湿に向いている理由は?

手の甲にベビーローションを出している様子

肌に負担をかけにくい優秀アイテム!

デリケートゾーンのお悩みには、さまざまなケア方法がありますが、ひとつの方法として、ベビーローションやベビーオイルを使った保湿ケアが挙げられます。

ベビーローション・ベビーオイルは、一般的に赤ちゃんにも使えるほどお肌に負担をかけず、乾燥対策や保湿ケアができるアイテム。

デリケートゾーンに使う場合にも、低刺激のベビーローション・ベビーオイルなら、安心して使えますよね。

生理中などのかゆみや、刺激に敏感な時期も、ベビーローションやベビーオイルは刺激を与えないので、マイルドな保湿が可能。

基本的にデリケートゾーン専用のケア用品がよいのですが、なかなか見つからない場合は、ベビーローションやベビーオイルを活用してください。

使うならコレ!アロベビー ミルクローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円

乾燥しがちなデリケートゾーンには、高保湿のベビーローションを塗るのがおすすめです。

アロベビーのミルクローションは赤ちゃん向けですが、もちろんデリケートゾーンに使用してもOK。

純国産の無添加処方。さらにオーガニック認証と安心にこだわっています。

ベタつかないテクスチャーは、デリケートゾーンの保湿にぴったり。しっとりうるおいますよ。

バナー

こちらもおすすめ!アロベビー アンジュ ベビーマッサージオイル

アロベビー アンジュ ベビーマッサージオイル
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー アンジュ ベビーマッサージオイル
●容量:80ml
●税込価格:2,592円

新生児から使えるアロベビー アンジュのベビーオイル。

保湿成分のホホバオイルを配合しているので、デリケートゾーンのケアにぴったり。

ベビーオイルはマッサージにも使えるため利便性がよく、1本は持っておきたいアイテムです。

デリケートゾーンの保湿ケアでニベアは使える?

乾燥対策として多くの人が使用しているニベア。デリケートゾーンの黒ずみや乾燥、保湿ケアにも使ってよいのでしょうか?

結論から言うと、デリケートゾーンにニベアを使うのは控えるのがよいです。

ニベアには、かゆみや黒ずみをケアする特別な成分は入っておらず、美白成分も含まれていません。

保湿力が高い万能アイテムですが、ニベアではなくデリケートゾーン専用のアイテムを使うのがよいでしょう。

ベビーローション・ベビーオイルを使ったデリケートゾーンの正しい洗い方とケア方法

デリケートゾーンのお悩みを改善に導くためには、まず最初に正しく洗うことが大切です。

ゴシゴシと強く洗うとデリケートゾーンを傷つけたり、必要な皮脂を落としすぎてしまい、乾燥の原因になる可能性もあります。

正しい洗い方と、ベビーローションを使ったお風呂上がりの保湿ケア方法の手順を解説します。

1:デリケートゾーン専用の石鹸を使う

石鹸によって、弱酸性、アルカリ性などの配合成分やお肌への刺激性の特徴があります。

刺激や負担に敏感なデリケートゾーンには、負担が少なく、保湿成分もたっぷり含まれた石鹸を使うことがおすすめです。

最近では、デリケートゾーンのお手入れ専用の石鹸なども展開しているので、専用製品を使うと安心です。

お肌をより摩擦から守るためには、泡立てネットなどを使って、キメ細やかな泡を作りやさしく洗うことを意識しましょう。

デリケートゾーン専用石鹸のおすすめ!ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ

ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ
出典:www.amazon.co.jp

●商品名:ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ
●容量:100g
●税込価格:1,512円

「ジャムウ」とは、植物などからつくられたクスリを意味し、ハーブや植物の実、葉、根を悩みに合わせて調合します。

こちらの商品は、デリケートゾーンの黒ずみや乾燥、ニオイを防ぐ12種類を特別配合。

さらに美容成分も含まれており、デリケートゾーンをしっかり保湿します。気になる部分には泡パックがおすすめ。

2:デリケートゾーンを泡で包み込んで優しく洗い流す

たっぷりの泡を作ったら、デリケートゾーンにのせて指で優しく洗っていきましょう。前から順番に、肛門付近は最後に洗うようにしてください。

このとき、ゴシゴシと強く擦らないようにくれぐれも注意!泡で包み込むようにして、1~2分ほどパックするのも効果的です。

なお、膣には自浄作用があるため、デリケート専用の石鹸で洗う必要はありません。

泡のすすぎ残しに注意して、体温よりも少し温かい温度のぬるま湯で流します。

3:水気をとったらベビーローション・ベビーオイルで保湿

デリケートゾーンをきれいに洗ったら、タオルで水気をとります。タオルは優しく押し当てるようにしましょう。

強く擦ると刺激を与えて必要な水分まで奪ってしまい、デリケートゾーンの乾燥の原因となってしまいます。

よく乾かしたら、最後にベビーローション・ベビーオイルで保湿をしましょう。指で優しくなじませながら塗るのがポイントです。

デリケートゾーンは、ベビーローション・ベビーオイルで保湿して清潔に保とう

スキンケアを始める女性の手

「デリケートゾーンが黒ずんでいる気がする」「ニオイが気になる」というお悩みは人に相談しづらく、一人で抱えてしまいがちな問題。

しかし、それらのお悩みは日頃のケアで改善していくかもしれませんよ。

デリケートゾーンの黒ずみやかゆみ、ニオイの問題は、乾燥が原因です。

ベビーローションやベビーオイルでしっかり保湿をして、デリケートゾーンの黒ずみや、かゆみを改善していきましょう。