パーム油とはどんな成分?危険性や問題点があるの?

パーム油は、世界でもっとも生産されているといわれる植物油のひとつ。食品などの成分表示には「植物油脂」として表示されていることもあり、パーム油だと気付かないこともあるかもしれません。今回は、パーム油のもつ効果や、危険性の有無についてご紹介していきます。

パーム油とは?

アブラヤシ

パーム油は、アブラヤシという熱帯地方に生息しているヤシの木の果実を圧搾することで抽出できる、植物脂です。

ベビーローションなどの化粧品や洗剤、食品など、と幅広い分野の原料として使用されているため、世界で1~2を争うほど多く生成されています。

パーム油は比較的安価なうえ、固体でも液体でも使うことができるので、非常に使いやすい油として好まれています。

パーム油の成分の効能とは?

ポイント

パーム油の成分を摂取した時に、どのような影響が出るのでしょうか。ここでは、パーム油のもたらす良い効果についてご紹介していきます。

お肌の老化を防ぐ

パーム油には、オレイン酸とアルミリン酸というふたつの脂肪酸が成分の大半を占めています。

これらは、人間の皮脂にもともと含まれている脂肪酸で、ビタミンEも豊富に含まれているので、お肌への負担もかけにくいと考えられています。

スキンケア製品にパーム油が含まれている場合、お肌に使うことで酸化を防ぐ効果に期待ができます。

その結果、お肌の保湿効果や、アンチエイジングに役立つと考えられています。

体内から老化を防止する

脱色精製されていないパーム油には、大量のβカロテンが含まれています。

βカロテンは体内でビタミンAに変換されて、粘膜や皮膚を健やかに保ったり、ガンや動脈硬化の予防にも効果的だといわれています。

また、パーム油に含まれるパルミチン酸がビタミンAを安定させてくれるので、内側からもアンチエイジングや様々な嬉しい効果をもたらすといわれています。

パーム油に危険性はある?注意点は?

注意点

パーム油のことを調べていくと「危険性があるの?」など、安全面を心配する声が多く挙がっています。

果たして、どのような部分が危険だと考えられているのでしょうか?ここでは、パーム油のもつ危険性や安全面、注意すべきポイントについてご紹介していきます。

精製方法に注意しよう

パーム油を抽出する際に、溶剤を使って抽出されたパーム油の場合、化学物質や高温に触れてからできているので、トランス脂肪酸などの有害物質を含んでいる可能性があります。

必ずしもすべてが該当して危険だとは限りませんが、抽出・精製の方法は注意しておきたいポイントです。

酸化防止剤による不調の可能性

植物油脂は酸化防止剤を使用してはならないものの、BHAやトコフェロールは酸化防止剤として使用してよいことになっています。

しかし、これらの酸化防止剤が危険な成分であるという指摘もあり、アレルギー、関節痛、不眠、発がん性などの不調に見舞われる恐れがあると言われています。

そのため、食用の植物油脂としてパーム油が配合されている場合、酸化防止剤の影響が危険視されています。

※関連記事
トコフェロールは抗酸化作用に期待できる?毒性や副作用は?

パーム油は成分を確認しながら上手に取り入れよう

保湿 ローション

パーム油自体は、上手に取り入れれば安全だといわれている一方で、精製段階で安全面への不安の声も挙がっている成分のひとつです。

選び方や、注意すべき点を把握しておくことで、危険を回避できることもあるので賢く取り入れていきましょう。