よもぎの効果や効能とは?副作用や注意点を知って賢く美肌になろう

今、美容業界で「よもぎ」の魅力が注目を集めています。薬草としてさまざまな効能がある以外にも、お肌にとって嬉しい効果ももたらすよもぎを活用して、美肌を目指しませんか?今回は、よもぎのメリットや、注意すべき副作用や注意点について、ご紹介していきます。

よもぎとは?

よもぎ

まず最初に、よもぎの基本情報からチェックしていきましょう!

よもぎは、日本では全国的に栽培されているキク科の多年草です。別名はモチグサとも呼ばれ、古くから草餅の材料など食用としても親しまれていました。

道端で自生しているよもぎを見つけた経験のある人もいるかもしれませんね。

よもぎを食用にして使うときには、餅やパンに練りこんだり、天ぷらにしたりしても美味しく食べることができます。

また、独特の香りがあることから、ハーブ系のアロマオイルや入浴剤にも活用されています。

美容大国ともいわれる韓国では、よもぎを熱した蒸気を下半身から取り入れて身体を包み込み、新陳代謝を活発にさせる「よもぎ蒸し」も人気の美容法として親しまれています。

よもぎの持つ効能・効果について

食べたり、煎じて飲んだり、香りを楽しんだり、身体にすりこんだりと、体質の改善や美肌づくりを目的として様々な方法で活用されているよもぎ。

「ハーブの女王」と呼ばれ、薬草としても親しまれるよもぎの特徴をさらに掘り下げていきましょう。

身体の内側からキレイにしてくれる豊富な栄養素

よもぎには、貧血予防や改善に役立つ「クロロフィル」や、お肌のターンオーバーを促し美肌を作ってくれる「ビタミン類」など、さまざまな栄養素が含まれています。

栄養不足の状態では、肌荒れを招いたり、髪や爪がボロボロになりかねません。

よもぎを積極的に取り入れることで、体内環境やお肌の環境を整えてくれる効果に期待ができます。

ダイエットやデトックスの効果

よもぎは食物繊維も豊富なので、便秘の改善にも役立ちます。腸内環境を整えて、身体の中に溜め込まれた老廃物や毒素のスムーズな排出を促します。

老廃物を排出するだけで体重が変化することも少なくないので、日常的なデトックスでダイエット効果を実感できるかもしれません。

お肌の調子を整える

新陳代謝を促進して、血流を促すよもぎは、身体の内側から肌を整えてくれます。

さらに、炎症を抑える薬草として親しまれ、アレルギー性の湿疹改善やニキビ予防にも活用されています。

ハーブの香りはリラックス効果もあるので、心地よくお肌のお手入れができるのも特徴です。

※関連記事
【草花木果】よもぎの力を活用したベビーローションの特徴とは?
【アルテクリーム】よもぎを使ったベビーローションの効果・口コミ

ホルモンバランスや自律神経を整える

よもぎに含まれる成分が血行を促進することで、体温が上昇し、ホルモンバランスや自律神経の乱れを改善させてくれます。

ホルモンバランスや自律神経が乱れていると、肌が荒れやすくなってしまいますが、よもぎの摂取によって根本の原因にもアプローチできます。

よもぎの副作用や注意点

! 注意点

よもぎに副作用はある?

薬草やハーブ類は、刺激が強いものを選ぶと副作用が発生する可能性もあります。

現時点では、よもぎには目立った副作用が報告されていません。比較的安全な製品として、妊婦さんでも安心してよもぎ配合の製品を使うことができます。

よもぎをより安全に楽しむための注意点

基本的には副作用のないよもぎですが、身体やお肌に合わない場合は使用を控えましょう。また、薬を飲んでいるときなどは相性が悪くなる可能性があるので、注意が必要です。

また、食べ物や飲み物からよもぎを摂取するときは、食べすぎには気を付けましょう。

デトックス効果が高いことから、過剰に摂取すると下痢などを招く可能性があるといわれているので、注意してください。

よもぎでキレイなお肌と健康的な身体を手に入れよう

女性 肌

食品としても、薬草やハーブとしても親しまれているよもぎ。

風味や香りを楽しみながら、美しい肌や健康的な身体が手に入るとあれば、ぜひ活用したいですよね。

体調なども踏まえながら、上手に利用して美容と健康に役立てていきましょう。