【ケアベビー】saita読者ママの声から生まれたベビーローション

ケアベビーのベビーローションは「赤ちゃんの敏感肌と大人の缶素肌に、365日❝与えて守る❞」をコンセプトにしたベビーローションです。母子そろって家族で使える、ケアベビーのベビーローションの特徴や効果について、ご紹介していきます。

ケアベビーのベビーローションとは?

赤ちゃん ママ

赤ちゃんのお肌は、生後3ヶ月~3歳までの間は皮脂の分泌が極端に少なくなるため、人生で最も乾燥する時期だといわれています。

そのため、この乳児期は赤ちゃんの将来の肌質を左右するとされる、大切な時期に当たります。

少しの刺激でも肌荒れが起きてしまう赤ちゃんのお肌を守るために、保湿ケアをしっかりおこなうことが大切なのです。

ケアベビーは、そんな大切な赤ちゃんの乳児期に安心できる保湿剤を作り出すため、国内でもママ達に人気の「Saita」の読者ママ達にヒアリング。

実際のママ達の座談会から生まれた、リアルな声から生まれた、安心・安全のベビーローションが開発されました。

※関連記事
ベビーローション赤ちゃんの保湿におすすめ

ケアベビーのベビーローションの4つの特徴とは?

4 ポイント

1.医師のサポート

ケアベビーは、安心してベビーローションが使えるようにと、安全性に関してのアドバイスを求めるため医療機関へサンプリング・アンケートを実施。

その結果、95%の医師から「使いたい」との声が挙がる結果を得ています。

医療連携ネットワークであるAMP(Advanced Medical Partnersip)推奨なので、デリケートな赤ちゃんへも安心して使うことができます。

2.サラッとしていてベタつかない使用感

ケアベビーのベビーローションは、高保湿で肌馴染みのいいオイルを厳選して配合しています。

伸びがよくしっとりするのに、ベタつかないテクスチャーを実現させています。通年使いやすいので、どうしても保湿ケアが億劫になりやすい夏場も快適に使うことができます。

3.ボトルデザインにもママならではの意見を採用

ケアベビーのベビーローションは、中身の安全性はもちろん、ボトルの実用性にもママの意見を取り入れて徹底的にこだわっています。

赤ちゃんを抱っこしていても使いやすく、キャップを開閉する手間を省くために「片手で押せるポンプ式」を採用。さらに、大きめのポンプヘッドで安定感もあり、押しやすい点がポイントです。

他にも、残量がわかりやすいように「半透明ボトル」な点も嬉しいポイント。急に無くなって困る恐れがないので、リピートしやすく毎日欠かさずにケアできる環境をサポートしてくれます。

また、自宅のどこに置いてもなじみやすいデザインなので、いつでも使いやすくて嬉しいとママ達の声が挙がっています。

4.経済的なコスパ

ケアベビーのベビーローションは、平均約1.5ヶ月使用することができます。

品質にこだわったベビーローションはどうしても高額になりがちで、リピートが難しい点とお悩みのママは少なくありません。

ケアベビーのベビーローションは、250mlと多めの容量なうえ、リピートしやすい価格帯を目指して製造されています。

ケアベビーのベビーローションの商品詳細

ケアベビー ベビーローション
出典:www.msh-labo.com

●商品名:ケアベビー ミルクローション
●容量:250ml
●税込価格:1944円

水、グリセリン、オレンジ果実水、トリ(カプリル酸/かプリン酸)グリセリル、オリーブ果実油、シア脂、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、カレンジュラエキス、アルがニアスピノサ核油、キュウリ果実エキス、オレンジ油、ローズマリー油、ビルベリー葉エキス、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ脂、キサンタンガム、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド。ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸

ケアベビーのベビーローションを試してみよう

赤ちゃん 足

最近では様々なベビーローションが発売されているので、何を使おうか迷っているママは、ぜひ候補のひとつに考えてみてもいいかもしれません。

肌との相性は個人差があるので、必ずパッチテストをおこなってから全身に使うようにしましょう。

※関連記事
ベビーローションを使う前に!パッチテストで赤ちゃんを守ろう