ベビーローションに使用期限はある?気になる正しい保管方法とは?

赤ちゃんのお肌にうるおいを与えてくれる、ベビーローション。なかなか減らない場合は、使用期限も気になりますよね。今回は、ベビーローションの開封前・開封後の使用期限について、また正しい保管方法のポイントについて詳しくご紹介していきます!

ベビーローションに使用期限はあるの?

ベビーローション 保湿剤

ベビーローションの使用期限は、未開封の場合と開封してすでに使用している場合で異なってきます。まず最初に、それぞれ詳しく説明していきます。

開封前のベビーローションの使用期限

日本には「医薬品医療機器等法」という法律があります。

東京都健康安全研究センターによると、化粧品の使用期限を記載しなければならないのは「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで、性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」(※1)と定めています。

そのため、ベビーローションを含む化粧品で製造年月日が記載されておらず、適切に保管されている場合は、未開封で3年程度は品質が保てるということになります。

しかし購入して時間が経つと、いつ購入したのかを忘れてしまうこともありますよね。

おすすめの対策法としては、購入した年月日を箱やボトルに記入しておくと、大体の目安になるのでおすすめです。

開封後のベビーローションの使用期限

開封後のベビーローションの使用期限は、使用や保管状況によって異なってきますが、開封後はできるだけ早めに使用するのがいいとされています。

適切に保管されていたとして3~6ヶ月程度を使用期限として、すべて使い切るようにしましょう。

オーガニックのベビーローションの場合の使用期限

刺激が少なく、赤ちゃんの肌に優しいと人気のオーガニックのベビーローション。

しかし、保存料や防腐剤が全く使用されていない場合は、化粧品が傷みやすく、使用期限が短くなるというデメリットもあります。

また、使用時に手に付いた雑菌がボトルの中に入り込んで、使用期限前であっても中のベビーローションの品質が変化してしまう、ということも考えられます。

オーガニックや無添加をうたったベビーローションは、通常のものよりも使用期限が短くなる傾向にあります。

一般的には、パッケージ製品の公式サイトに使用期限が記されていることが多いので、調べてみることをおすすめします。

ベビーローションは使用期限以外にも保管のポイントがある?

? 疑問点

ベビーローションは赤ちゃんの肌に直接つけるので、品質低下を防ぎたいものです。

そのために併せて気を付けたい、使用期限内の保管方法や、使い方のポイントをご紹介していきます。

保管環境

湿気が少ない環境

湿気がこもりやすい場所、たとえばバスルームなどに常に置くのは、なるべく避けましょう。細菌も繁殖しやすい環境なので、注意が必要です。

直射日光が当たらない環境

窓際など、直射日光が当たるところは避けましょう。成分が分離して品質に変化が起きることがあります。

温度が変化しやすい環境

温度変化は、ベビーローションの品質に影響してしまいます。ベビーローションの品質を変化させないように保管するには、保管時の温度や、環境にも気を付ましょう。

使い方

ふたをしっかりと閉める

使用後は、ふたをきちんと閉めることで、ベビーローションの酸化を防ぎ、異物が混入するのを防ぎましょう。

直接肌に触れないように気を付ける

ベビーローションのボトルの出口を、直接触らないようにしましょう。直接触ると手の雑菌が中に入ってしまい、ボトルの中で繁殖してしまう可能性があります。

ベビーローションは使用期限を守って安全に使おう

赤ちゃん ママ

赤ちゃんの健康なお肌を育てるためにも、ベビーローション選びはもちろん、購入後の使用期限に注意して正しく安全に使いましょう。

当サイトでは、他にも様々なベビーローションに関する情報やベビーローション比較おすすめ12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

参考文献※1:東京都健康安全研究センター 「医薬品医療機器等法における化粧品の表示」