ジメチコンの効果とは?配合された化粧品に危険性はある?

ジメチコンという成分名を化粧品などのボトルで見かけた経験はありますか?実は、赤ちゃんに使うスキンケア製品やシャンプーなどにも幅広く含まれている成分のひとつです。今回は、ジメチコンの成分の効果や危険性は無いのか?詳しくご紹介していきます。

ジメチコンとはどんな成分?

女性 疑問

ジメチコンとは、シリコンオイルの1種。シリコンオイルにはいくつか種類がありますが、その中でも代表的なのがジメチコンです。

油に溶けにくい性質をもっていて、無色透明でニオイもほとんどありません。また、薄い皮膜を形成して、お肌や髪の毛をコーティングするので、滑らかな手触りと使用感を与えてくれます。

ジメチコンが化粧品に配合されているときは、製品を乳化する際の気泡を取り除いたり、テクスチャーを変化させる調整剤として使用されることがあります。

ジメチコンを化粧品に配合したときの特徴とは?

女性 スキンケア

ジメチコンは、化粧品では乳液やクリーム、ファンデーションなどのメイク用品、ベビーローション、シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア用品と幅広い商品に配合されています。

また、冒頭でご紹介したような消泡作用を利用して、消化器官に発生したガスを体外に排出する、消泡剤(内服薬)としても用いられています。

ジメチコンが化粧品などに配合されるときは、別の名前が表示されていることがあります。

たとえば、「デカメチルテトラシロキサン」や「メチルポリシロキサン」や「ビニルジメチコン」などもジメチコンのことを指します。

ここでは、ジメチコンのもつ特徴や効果について、詳しくご紹介していきます。

油や水に強く保湿効果が高い

お肌や髪の毛の水分が不足すると、乾燥してカサカサになってしまいます。

ジメチコンは、油や水に強いシリコンの膜を作る働きを持つので、乾燥を防ぐ効果があります。

また、油や水に強いという性質を利用して、崩れにくいとうたわれるメイク用品などに多く配合されています。

光や熱の影響を受けにくい

ジメチコンは摩擦や光、熱の影響を受けにくいので、品質が安定している成分です。

他の成分と反応して、有害な物質を作り出すこともありません。そのため、様々な化粧品に配合しやすいのです。

特にヘアケア製品に配合されている場合は、お湯やドライヤーなどの熱の影響を受けずに、髪の毛を守ってくれます。

ベタつきのない使用感

ジメチコンは揮発性が高いので、お肌や髪を保護しつつも、表面にベタつきを残しません。

サラッとした使用感を感じさせてくれるので、保湿剤特有のベタつきが苦手な場合におすすめしたい配合成分です。

ジメチコンに危険性や注意点はある?

注意点

シリコンにアレルギー体質をもっている人にとっては、ジメチコン配合の製品を使用して肌トラブルが起きてしまうことがあるようです。

そのため、自分の肌質との相性をしっかり見ながら、ジメチコン配合の製品を使うようにしましょう。

特に赤ちゃんに使う場合は、必ずパッチテストをおこない、全身の肌トラブルを未然に防げるように注意してください。

我が子がジメチコン配合のベビーローションや、スキンケア製品で肌トラブルを起こしている場合は、ジメチコンやシリコン不使用のベビーローションを探してみましょう。

ジメチコン配合製品は上手に使おう

クリーム 保湿 ベビーローション

ジメチコンは使いやすく品質が安定しているので、様々なケア用品に活用されています。

しかし、肌質と合わない場合にアレルギー症状を引き起こす可能性があるといわれているので、初めて使うときには注意が必要です。

状態を確認しながら、上手に使うように意識しましょう。