アロエベラ液汁の成分の効果や毒性とは?お肌への嬉しいはたらき

アロエベラ液汁は、昔から身体にいい植物として認識されている、アロエベラの葉から抽出したエキスです。アロエベラ液汁には、実に多くの有効成分が含まれているといわれています。今回は、アロエベラ液汁の気になる成分や効果、使用上の注意点についてご紹介します。

アロエベラ液汁に含まれる成分とは?

アロエベラ液汁

アロエベラは、世界に300種類存在しているアロエの1種で、多肉植物です。そのため、葉に厚みがあり中がゼリー質となっていて、ここに水分を保管することができるようになっています。

このゼリー質の部分から得られるアロエベラ液汁には、なんと200種類以上の有効成分が含まれているといわれています。

アロエベラ液汁の主成分は、ムチン、アロエマンナンといった免疫を高め、腸内細菌を高めるムコ多糖類。その他にも、健胃作用のあるアロエエモジン、殺菌作用のあるアロエチン、胃の緩下作用のあるアロイン、抗腫瘍作用アロミチンなどが含まれています。

さらにビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、E、葉酸といったビタミン類、鉄分、カリウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラル類も含まれています。

このように、アロエベラ液汁は非常に栄養豊かなので、化粧品や赤ちゃんに使うベビーローションなどにも配合され、広く活用されています。

アロエベラ液汁の効果

疑問 ?

アロエベラ液汁には、前述でご紹介したように、非常に多くの成分が含まれています。

そのため、嬉しい効果も多岐にわたります。今回は、特にお肌への効果を中心にその効果を見ていきましょう。

やけどした肌の修復

アロエを使った民間療法のひとつに、アロエの葉肉部分をやけどの部分に貼り付けるという方法があります。

アロエベラ液汁には皮膚の炎症を抑えて、皮膚の細胞を活性化する効果があります。

皮膚の再生を促してくれるので、やけどした部分の修復に期待ができます。

肌のターンオーバーを促す

わたし達の肌は28日ごとに細胞が生まれ変わり、再生されていきます。

この過程を「ターンオーバー」といいます。

アロエベラ液汁には、肌のターンオーバーを促進する効果があるので、正常で健康な肌づくりを支えたり、肌トラブルの改善にもつながります。

美白効果

アロエベラ液汁に含まれるアロエシンは、シミやそばかすの原因となるチロシナーゼの作用を抑えます。

また、アロエチンは、メラニン色素の沈着を予防する効果ももっています。

そのため、お肌の美白効果に期待ができます。

肌をしっかりと保湿する

アロエベラ液汁の主要成分に、水分を蓄える働きのあるムコ多糖類があります。

ムコ多糖類とは、細胞と細胞を結合するジェル状の物質で、わたし達の身体にもたくさん存在しています。

優れた保水性を持つムコ多糖類の効果で、お肌を保湿する効果があります。

アロエベラ液汁の毒性や注意点とは?

ポイント 要点

アロエベラ液汁には胃を健康にして、腸のはたらきを活発にするアロインという成分が含まれています。

そのため、アロエベラ液汁を過剰摂取するとお腹が下ってしまうことがあるといわれています。

食品などから摂取する場合は、気を付けるようにしましょう。

また、まれにアロエベラにアレルギー反応が出てしまう人もいます。

全身に使用する前に、目立たない場所でパッチテストをおこなってから全身に使うことをおすすめします。

アロエベラ液汁配合のベビーローションを試してみよう

赤ちゃん ママ

アロエベラ液汁には、お肌への嬉しい効果や栄養素もたくさん含まれています。

赤ちゃんに使うベビーローションをお探しのママは、アロエベラ液汁配合のベビーローションのお試しをおすすめします。

当サイトでは、他にも様々なベビーローションや化粧品の配合成分、ベビーローションおすすめ比較12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!