プロリンの効果とは?コラーゲンとの関係や毒性の有無について

プロリンはコラーゲンの主成分となる、必須アミノ酸ひとつです。プロリンは豚肉などの食品にも含まれていて、美肌に欠かせないコラーゲンの生成に欠かせませんが、摂りすぎると危険性があるという声も…?今回は、プロリンの働きや効果、毒性の有無についてご紹介します。

プロリンとは?

女性 肌

プロリンは、人間の筋肉や内臓、皮膚などの大切な組織を生成するたんぱく質を構成する、非必須アミノ酸の一種です。

さらに、お肌にハリやうるおいをもたらすコラーゲンの主成分なので、美肌づくりにも欠かせない成分のひとつです。

プロリンは多く含まれている食材は、豚肉や魚や鶏肉の皮、また、マシュマロやゼリー、焼き麩、高野豆腐などにも含まれています。

最近では、アミノ酸系のサプリメントで効率よく摂取することもできます。

プロリンが不足すると、お肌のトラブルを起こすだけではなく、健康な骨や血管、筋肉を保てなくなってしまいます。

プロリンはお肌にとっても身体にとっても、人間に必要な栄養素です。そんなプロリンについて、詳しくみていきましょう。

プロリンの効果

疑問 ?

美容効果

プロリンには、紫外線などからダメージを受けたコラーゲンを修復したり、アミノ酸やたんぱく質からコラーゲンの合成を促進する効果を持つので、シミやそばかすを防いで、美しい肌を保つことができます。

お肌にハリや弾力を与えてくれるので、いつまでもみずみずしく、うるおいあるお肌にしてくれるのです。

プロリンは、美肌づくりに効果的なビタミンCなどと一緒に、化粧品やベビーローションなどの成分に配合されています。

関節痛・腰痛をやわらげる

関節痛や腰痛などの原因のひとつに、関節の軟骨がすり減ってしまうことがあります。

軟骨はコラーゲンから構成されているので、代謝が悪くなることで軟骨が固くなったり、少しの衝撃でも軟骨がすり減ってしまいます。

その結果、骨と骨が直接こすれてしまい、関節痛や腰痛を引き起こしてしまうのです。

プロリンはコラーゲンの合成を高めてくれるので、軟骨の新陳代謝を活発にして、関節痛や腰痛の原因を解消し、痛みををやわらげてくれます。

脂肪を燃焼させる

プロリンは脂肪を分解し、燃焼させるリパーゼを活性化させる作用があるため、脂肪燃焼にも効果をもつといわれています

特に運動する前にプロリンを摂取すると、リパーゼが活性化して代謝がよくなり、脂肪が燃焼しやすくなります。

代謝は年齢とともに悪くなっていくため、ダイエット効果が期待されます。

プロリンに毒性や危険性はある?

ポイント 注意点

プロリンが不足すると、身体の中のコラーゲンも減少してしまいます。

その結果、関節痛や腰痛に悩まされたり、お肌の老化を感じたり。シミやそばかす、傷が治りにくくなるといった影響があります。

また、プロリンは心臓の筋肉を合成するアミノ酸も合成しているため、プロリン不足によって心筋梗塞を引き起こす可能性もあります。

現在、プロリンを多量に摂取したことによって生じる副作用は、報告されていません。

しかし、ひとつのアミノ酸だけを10g以上摂ると、ショック症状が起きる危険性があるといわれています。

過剰摂取しないように、くれぐれも注意するようにしましょう。

プロリンを積極的に取り入れてみよう

美肌 女性 顔

プロリンは、美肌と健康のために欠かせない栄養素のひとつです。

プロリンが配合されているベビーローションなどの化粧品を取り入れたり、食品からの摂取を意識づけて、健やかな肌と身体づくりを目指しましょう。

当サイトでは、他にも様々なベビーローションや化粧品の配合成分や、ベビーローションおすすめ比較12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!