シア脂の効能や使い方や注意点とは?敏感肌でも使える?

シア脂(シアバター)は、高い保湿効果で世界中から注目され、スキンケア製品やベビーローションなどのボディケア用品にも使われている成分です。シア脂とは具体的にどんな効能があるか知っていますか?今回は、シア脂の効果と危険性の有無についご紹介していきます!

シア脂とは?

シアバター

シア脂は、中央アフリカに生育するシアーバターノキという木の実から採れる植物性の油脂です。

基本的に常温の状態だと、白か薄い黄色をした固形です。28~45℃という低い温度で溶けるので、体温で溶けるとオイルのように使うことができます。

シア脂は、古くからスキンケアやボディケア用品や、食品、燃料、傷の治療など薬品目的として使われてきました。

シア脂の効能

女性 手

保湿効果

シア脂の効能のひとつは、高い保湿効果と水分キープ力です。

シア脂の原産地では、生まれたばかりの赤ちゃんを乾燥から守るため、全身にシア脂を塗る風習が昔からあるそう。

その高い保湿効果は、科学的にも証明されています。

また、シア脂の主成分であるオレイン酸は人間の皮膚と相性が良く、ステアリン酸はオイルをなめらかにする効果があります。

そのため、少量でもよく肌にのびます。

抗炎症作用

シア脂には、炎症を抑える効果もあり、古くは火傷や傷に塗るための薬としても重宝されています。

ニキビなどの肌トラブルの改善にも効果的です。

乾燥や湿疹などの肌トラブルを抱えた赤ちゃんには、シア脂を含むベビーローションでスキンケアをしてみてもよさそうです。

抗酸化作用

シア脂は、酸化を防止する作用も持っています。そのため、お肌が酸化しないように老化やシミを防ぐ効果もあります。

アンチエイジングのスキンケア製品にも配合されていることがあります。

シア脂に危険性や副作用はある?

疑問 ?

スキンケアやボディケアにも万能な、シア脂。天然由来の成分のため毒性はなく、副作用やアレルギーの報告もありません。

安全性の高い成分なので、敏感肌やアレルギー体質の赤ちゃんにも安心して使えます。

ただし、保存料などの添加物が一緒に入っていると、添加物が肌に悪さをすることもあります。

現在、シア脂のみ100%使用している製品からの副作用の報告はされていません。

シア脂を含むベビーローションや化粧品を使う時には、一緒に配合されている成分にも気を配るように注意しましょう。

シア脂配合の製品に注目してみよう

赤ちゃん ママ

今回ご紹介したように、シア脂は安全性が高く、赤ちゃんや敏感肌の大人でも比較的安心して使える製品だと考えられています。

肌トラブルに悩んでいる時には、シア脂配合の製品を試してみてください。

当サイトでは、他にも様々なベビーローソンや化粧品の配合成分や、ベビーローションおすすめ比較12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!