ベヘニルアルコールは敏感肌でも安心?効果や毒性とは?

ベヘニルアルコールという化粧品に含まれる成分の特徴や効果を知っていますか?安心して使うためにも知っておきたい、ベヘニルアルコールの働きや、肌に影響を与えるような毒性の有無があるのでしょうか?今回は、ベヘニルアルコールについてご紹介していきます。

ベヘニルアルコールとは?

赤ちゃん 謎 疑問 ?

ベビーローションなどの赤ちゃん用スキンケア製品や、化粧品などの成分表を見ていると「ベヘニルアルコール」という文字を見かけることがあるでしょう。

「アルコールフリー」とされている商品にも、ベヘニルアルコールという名前が書かれていて混乱したという声は少なくありません。

ベヘニルアルコールとは、ナタネ油から抽出される脂肪族アルコールです。一般的に「アルコールフリー」とされる化粧品は、抗菌や消毒目的のエタノールが使われていない製品のことを指します。

ベヘニルアルコール自体にはエタノールが含まれないので、アルコールフリーとうたわれる製品にも使われています。

ベヘニルアルコールのはたらきとは?

想像 発想

ベヘニルアルコールには、乳化を安定させるはたらきがあります。

また、ベビーローションやヘアケアアイテムのように、粘度のある製品が状態をキープする上で、大切な役割を果たしているのです。

ベヘニルアルコールは安全性が高いので、赤ちゃんから敏感肌の大人まで、安心して使用できます。

ベヘニルアルコール配合製品の効果とは?

女性 スキンケア

ここでは、ベヘニルアルコール配合の製品が持つ特徴や嬉しい効果について、さらに具体的に掘り下げていきます。

肌に優しくて安心して使える

植物油脂のナタネ油から抽出されるベヘニルアルコールは、お肌に優しいので安心して使えます。

合成成分が含まれているような製品に比べて、肌への負担が少ないのが特徴です。

化粧品が原因で肌荒れやニキビができてしまったという経験がある人も、乳化剤としてベヘニルアルコールが使われている製品ならば、肌トラブルが起きない可能性もあります。

ぜひ、一度試してみてください。

肌を保護する

ベヘニルアルコールは、肌に優しいだけではなく、お肌を柔らかくしてくれるようなエモリエント効果も持ちます。

さらに、お肌を保護する効果も持ち合わせているので、赤ちゃんなどのデリケートな皮膚をやさしく守ってくれます。

ベヘニルアルコールに毒性や副作用はある?

注意点

べヘニルアルコールは、とても安全性の高い成分のため、毒性はほとんどありません。

目立った副作用やトラブルなども報告されていないので、安心して使うことができます。

ただし、肌に合う・合わないは個人差があるので、赤ちゃんなどに使用する場合には必ずパッチテストをおこないましょう。

ベヘニルアルコール配合製品を使ってみよう

女性 スキンケア

新しい化粧品やベビーローションを購入するときには、成分表をチェックしてみましょう。

べヘニルアルコールが配合された製品なら、敏感肌に悩む人や赤ちゃんでも、肌に負担を与えずに、効果的なケアが叶います。

お肌を優しく労わりながら、トラブルのないキレイな肌を手に入れてください!

当サイトでは、他にも様々な化粧品・ベビーローションの配合成分や、ベビーローションおすすめ比較12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!