大豆油の効果や毒性の有無は?アレルギーの危険がある?

大豆を原料とした植物油で、ソイビーンオイルとも呼ばれている「大豆油」。食品にはもちろん、化粧品類にも含まれている成分ですが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?気になる特徴や、毒性・副作用の有無など、知っておきたい大豆油の情報を集めてみました。

大豆油とはどんなもの?

大豆

大豆油(だいずゆ)は、別名「ソイビーンオイル」や「ソヤオイル」とも呼ばれています。その名の通り、大豆を原料とした自然由来の植物油です。

食用としてサラダ油などにも使われているほか、化粧品やベビーローションの成分としても使われています。

大豆油の持つ肌に嬉しい効果とは?

ママ 女性 スキンケア

デリケートな肌にも安心して使える植物油のオーガニック製品は、高い人気を集めています。

大豆を原料とする大豆油の場合は、肌にどのような嬉しい効果が期待できるのでしょうか?

大豆油の魅力を知って、肌の状態に合わせて使ってみましょう。

お肌を柔らかくする

大豆油には、肌を柔らかくするエモリエント効果を持つといわれています。皮膚のキメが整って、もっちりした美肌をサポートします。

肌の水分量をキープしてくれる

大豆油は、植物を原料とした肌に優しい成分でありながら、しっかりとした保湿効果も期待できるのが特徴です。

乾燥する季節やお風呂上がりは、意識的に大豆油配合のベビーローションを使って、しっとりとした肌触りのもちもちの肌をキープしましょう。

老化防止

大豆油は、年齢とともに減っていくエラスチン(コラーゲンを支えてくれる繊維)を活性化させたり、エラスチンを壊す酵素を抑える役割を持ちます。

加齢でたるみの気になる肌にも、ハリとつやを取り戻し、若々しい印象に導いてくれます。

乳液やオイルなどを選ぶときに成分表を確認し、大豆油配合のアンチエイジング製品を探してみるのもおすすめです。

大豆油の毒性や危険性は?アレルギーの可能性がある?

疑問 ?

大豆油は比較的毒性が少なく、植物由来の成分なので安全性が高いといわれています。

そのため、肌のデリケートな赤ちゃんうや大人でも安心して使用できますが、場合によってアレルギー反応が出ることもあります。

特に大豆アレルギーの人は、取り扱いに注意しましょう。直接肌につけることで、かゆみや炎症などのアレルギー反応が起こる可能性があります。

その他に、精製時に不純物が紛れ込んだ場合なども、アレルギー症状が起きる場合もあります。

肌に違和感を感じたら、すぐに使用をやめ、製品の振れた部分をよく洗い流して落ち着くのを待ってください。人によって反応が違うので、事前にパッチテストをしておくと安心です。

肌に優しい大豆油の製品を使ってみよう

女性 スキンケア 手

食べ物に使われるだけでなく、化粧品やベビーローションなどにも配合されている大豆油は、保湿やアンチエイジングなどの魅力がたっぷり詰まっています。

肌の状態を見ながら、大豆油の効果を活用してみてください。

当サイトでは、他にも様々な成分の効果や、ベビーローションおすすめ比較12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。