赤ちゃんに乾燥対策などのベビースキンケアは必要

赤ちゃんの肌は、乾燥していて簡単に荒れてしまいます。新生児の頃からベビースキンケをすることが、将来の綺麗な肌には必要だと考えられています。今回は、赤ちゃんの乾燥対策、ベビースキンケアの重要性やポイントについて、解説していきます。

赤ちゃんの肌は敏感! 乾燥を防いでベビースキンケアをしないと大変

赤ちゃん

乳児湿疹になるかも

生後2ヶ月までの乳児は、新生児ニキビや脂漏性湿疹に、生後3ヶ月以降の新生児は乾燥が進み、乾性湿疹になりやすいです。

赤ちゃんの肌は大人の約半分と薄く敏感なので、ベビースキンケアをしないと、すぐに肌荒れを引き起こします。

乾燥対策とベビースキンケアは必要

赤ちゃん

新生児の頃から乾燥対策とベビースキンケアをしないと、大人になってから・・・

新生児の頃にベビースキンケアを怠ると、新生児期の乳児湿疹等が悪化し、後々に肌荒れが残る可能性があります。

新生児の頃からベビースキンケアをすることで、大人になってからも綺麗な肌を楽しめるようになります。

また、赤ちゃんの肌にも乾燥は大敵です。新生児の時からの保湿剤を塗与することで、後々のアトピーを予防に効果的と言われています。

赤ちゃんのベビースキンケアのポイントは2つ

チェック

1つ目は赤ちゃんの清潔を保つこと

赤ちゃんの肌荒れの原因の1つは、清潔感が失われることです。赤ちゃんの肌は、とても敏感。

しかし、赤ちゃんは汗もかきやすく、肌が汚れやすいです。肌が汚れると赤ちゃんの薄い肌は、荒れてしまいます。

そこで、こまめに汗を拭き取る、お風呂ではベビーソープでしっかり汚れを落とすことがベビースキンケアに必要になります。

2つ目は赤ちゃんの乾燥肌を保湿すること

赤ちゃんの肌は非常に薄く、皮脂の分泌も少ないので、乾燥しやすいです。

乾燥は赤ちゃんに肌荒れや、炎症を引き起こしうるので、ベビーローション等による保湿対策が必要でしょう。

保湿にはベビーローション等の保湿剤、部屋の加湿が必要になります。ベビーローションは、赤ちゃんの肌から水分が蒸発するのを防ぐ効果に期待ができます。

あわせて部屋も加湿することで、赤ちゃんの肌の乾燥を防ぎます。

※関連記事
ベビーローション比較おすすめ12選 | 赤ちゃんの保湿にベビーローション

赤ちゃんの乾燥対策にベビースキンケアを見直そう

赤ちゃん

乾燥しやすい赤ちゃんのお肌は、ママとパパでベビースキンケアのサポートをしてあげることが大切です。

お肌との相性がいいベビーローションを使って、赤ちゃんの健康なお肌を育てましょう。