カルボマーの効果とは?赤ちゃんにも安心して使える成分?

カルボマーは正式名称をカルボキシビニルポリマーという、合成ポリマーの一種です。合成ポリマーはビニールやプラスチックにも含まれる物質です。そんな物質がなぜベビーローションにも配合されている事があるのか?害はないのか?今回は噂の真相を調べてみました。

カルボマーとは?

疑問 ?

カルボマーの見た目

カルボマーは白色の粉末で、アクリル酸を主体としている水溶性のビニルポリマーです。

アルカリ剤で中和することで、水溶性の高分子のカルボマーは、透明のジェルに変化します。

カルボマーの性質

カルボマーとは人工的に作られた高分子化合物の一種で、水に溶ける水溶性ポリマーに分類されています。

水に溶かしたカルボマーはジェル状になり、水分を包み込む役割を果たします。

カルボマーは、液体にとろみをつけて、液垂れなどが無いように使用感を向上させる働きを持っているのです。

カルボマーは、それ自体に毒性は無いと言われていて、微生物が繁殖する事も少ない、安全な成分と言われています。

化粧品を乳化安定やゲル化、皮膜形成する効果があることで、肌に定着させる効果を出すために、カルボマーが配合された商品はたくさん出まわっています。

また、微生物からの汚染に強い事も特徴のひとつ。高分子なので皮膚から浸透しにくく、低刺激です。

安全性も高い評価を得ていることから、増粘剤として最も多く使われている成分のひとつです。

カルボマーが危険だと言われている理由とは?

ベビーローション 乳液 手

カルボマー自体に毒性は無いとされていますが、長期間使用すると肌に悪影響を与えると言われているのも事実です。

化学的に合成された成分なのでアレルギーを起こす可能性も無いはずですが、果たしてカルボマーの何が危険だと噂される原因なのでしょうか?

皮膚呼吸ができない?

カルボマーを使った化粧品は、肌に良いとされている成分をピッタリと肌に貼り付け、浸透効果を高めるようにできています。

そのため、カルボマーはお肌にしっかり蓋をしてしまうという説があります。

長期間使い続けると、肌は皮膚呼吸できなくなり、老廃物を外に出す事もできないため、肌荒れの原因となると言われています。

しかし実際は、カルボマーの分子は大きく隙間が沢山あるので、皮膚呼吸ができなくなるということは無いようです。

さらに、基本的に人間は皮膚呼吸を行う動物ではないため、カルボマーによる害のある働きは無いものと考えられます。

赤ちゃんのお肌に安心か気になる場合は、皮膚科などでパッチテストを行うと安心です。

病院によって、化粧品の配合成分で試してくれる医院もあるので、かかりつけの医師に相談してみましょう。

カルボマーは実は安全性が高い!

ママ 赤ちゃん

カルボマーは合成化学物質だと聞くと、いかにも身体に悪そうなイメージがありますが、実は低刺激で安全な物質だと考えられています。

お肌が成長途中の赤ちゃんには、なるべく低刺激で安全な成分のスキンケア製品を使うようにして、赤ちゃんの健やかなお肌作りを守るようにしてください。

当サイトでは、他にもベビーローションなど化粧品に含まれる様々な成分や、ベビーローションおすすめ比較12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!