フェノキシエタノールとはどんな成分?赤ちゃんへの危険性はある?

ベビーローションの成分表の中にたまに見かける「フェノキシエタノール」という成分。具体的にどんな働きの成分なのか、把握しているママは少ないのではないでしょうか。今回は、フェノキシエタノールの効果や赤ちゃんへの危険性の有無についてご紹介します!

フェノキシエタノールとは?

疑問 ?

フェノキシエタノールとは、緑茶や玉露の揮発成分として発見された成分で、グリコールエーテルというアルコール成分のひとつです。

フェノキシエタノールは高い殺菌効果を持っているので、殺菌剤や防腐剤の役割として化粧品などにも配合されています。

フェノキシエタノールは赤ちゃんに使用すると危険?

赤ちゃん

防腐剤として、様々な化粧品に配合されているフェノキシエタノール。果たして、赤ちゃんにフェノキシエタノールが配合されているベビーローションを使用しても毒性は無いのでしょうか?

ここでは、フェノキシエタノールの赤ちゃんへの危険性の有無についてご紹介していきます。

配合量に制限があるほど強力な成分

フェノキシエタノールはベビーローションをはじめ、様々な化粧品に防腐剤として使用されています。今迄よく使用されていた、パラベンと比べて、お肌への刺激は少ないとも言われていますが、赤ちゃんにフェノキシエタノールを使用する場合は注意が必要です。

厚生労働省によると「フェノキシエタノールは殺菌力が強いため、配合量は製品中1%以内(※1)」と制限されています。

過度な使用は、赤ちゃんのお肌や身体に害を与える可能性があるので、注意してフェノキシエタノールの配合の有無を確認しましょう。

喘息の赤ちゃんは要注意!

フェノキシエタノールは、誤って使うと喉の痛み頭痛を引き起こす場合があると言われています。赤ちゃんに限らず、大人にも同じ事が言えるので十分な注意が必要です。

フェノキシエタノールは揮発成分なので、赤ちゃんが喘息を持っている場合は特に要注意!誤って吸い込んでしまうと、咳が止まらなくなってしまう危険性があります。

また、家族がフェノキシエタノールを使用する事でも反応してしまう恐れがあるので、気を付けるようにしましょう。

フェノキシエタノール無配合!赤ちゃんに安心のおすすめベビーローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税抜価格:2300円

フェノキシエタノールは配合されていないので、赤ちゃんに安心して使えて、おすすめのベビーローションはアロベビーです。

アロベビーのベビーローションは、99%以上が天然由来の成分から誕生した、純国産の赤ちゃん用オーガニックスキンケアブランドです。

赤ちゃんに安心して使える!とママ達に話題のベビーローションです。

アロベビー ベビーローションの全成分

水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、オリーブ果実油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス*、イタドリ根エキス*、オウゴンエキス*、カンゾウ根エキス*、チャ葉エキス*、カミツレ花エキス*、ローズマリー葉エキス*、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キサンタンガム、トコフェロール、ダイズ油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸(*印はオーガニック栽培原料)

※関連記事
【アロベビー】オーガニックで有名な国産ブランド

フェノキシエタノール無配合のベビーローションを使おう!

家族

お肌がデリケートな赤ちゃんに使う物は、スキンケアだけではなく色々な事が心配で気になるというママの声は多いです。

赤ちゃんが健康に成長していけるように、ママは細心の注意を払ってベビーローションを選ぶようにしましょう。

当サイトでは、赤ちゃんのスキンケア情報や、ベビーローションおすすめ比較12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

参考文献※1:厚生労働省 「化粧品基準」