ベビーローションの使い方|赤ちゃんや新生児のベビースキンケア

ベビーローション使い方を知らずに自分流で使っているママが多いです。せっかくのベビースキンケアなので、より効果的な使用方法でベ赤ちゃんを保湿して乾燥肌を防ぎましょう。新生児向けベビーローションの使い方講座です!

ベビーローションの前に!まずは赤ちゃん・新生児の肌を清潔に

赤ちゃん ベビーローション 使い方

汚れたままの保湿は赤ちゃんに悪い

ベビーローションで保湿する前に、まずは準備が必要です。

赤ちゃんは汗やよだれ、食べ物、涙などで顔を中心に、体全体が汚れやすいです。

赤ちゃんの肌が汚れた状態でベビーローションを使用すると、保湿はできても、菌や肌荒れを防ぐことは難しいですよね。

そこで、保湿ケアをおこなう前に、まずは新生児をしっかり清潔にしてあげましょう。

赤ちゃんを清潔にする方法

すぐに汚れてしまう赤ちゃん。大切なポイントは、入浴時にはベビーソープでやさしく包むように新生児を洗い、しっかり汚れを落とすことです!

どんなに肌が乾燥していても、1日に一度はお風呂に入れてあげましょう。

また、こまめに赤ちゃんの服を変えることで、清潔度を保つこともできます。

安心して使えるベビーローションの選び方とは?

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円

赤ちゃんのお肌をベビーソープでキレイにした後は、ベビーローションで全身の保湿ケアをして、健康なお肌づくりをサポートしましょう。

デリケートな赤ちゃんに安心して使えるベビーローションを選ぶには、いくつかのポイントがありますが、「保湿力」「成分の安心感」「使用感」等を指標にしてみるといいかもしれません。

アロベビーのベビーローションは、純国産のベビー向けオーガニックブランドが展開する、安心の口コミが多い保湿剤。

99%以上が天然由来成分なうえに、審査の厳しいフランスのオーガニック認証機関「エコサート」の基準もクリアしている点も、おすすめのポイントです。

詳細 バナー

※関連記事
ベビーローション比較おすすめ12選 | 赤ちゃんの保湿にベビーローション

ベビーローションを赤ちゃん・新生児に塗る場所

ママ ベビーローション 手

赤ちゃんや新生児が保湿を必要とするのは、乾燥しやすい部位や蒸れやすい部位です。

特に肌の露出が多い顔や手足は、乾燥しやすい部分。また、新生児のおしりはオムツで蒸れやすいのでかぶれやすく要注意です。

新生児にベビーローションを塗る部位がわかったところで、次は塗る順番を把握していきましょう。

基本的には服で隠れてしまう部位から先に、ベビーローションを新生児に塗っていくようにしてください。

Step1:おしりにベビーローション

おむつで隠れるおしりを最初に保湿しましょう。優しくなじませるように全体的に塗るとよいでしょう。

ベビーローションを新生児のおしりに塗ったら、新しいおむつを付けてあげましょう。

Step2:お腹や背中にベビーローション

新生児のお腹や背中等の体の中心部分に、まんべんなくベビーローションを塗るのが良い使い方です。

ベビーローションを新生児に塗り終わったら、お洋服を着せましょう。早く着せたほうが外気に直接触れる時間を短くでき、保湿効果は持続します!

Step3:手足をベビーローションで保湿

新生児にお洋服を着せたら、次は手足に塗りましょう。指と指の間まで塗り忘れがないように、丁寧になじませてあげてください。

Step4:顔を丁寧にベビーローションで保湿

最後に、顔にベビーローションを優しく塗りましょう。新生児の顔は特に乾燥しやすいので、ベビーローションをしっかり付けてあげるのが上手な使い方です。

ベビーローションの効果的な使い方

ポイント ひらめき

(1)使用量

ベビーローションの使用量は、どれぐらいが適切か知っていますか?

塗り過ぎたらベタベタに、使用量が少ないと赤ちゃんを適切に保湿できないです。適量は、ベビーローションが赤ちゃんの肌から滴り落ちない程度だと言われています。

多少ベタつくだけでも気になるママも多いかもしれませんが、滴り落ちない程度にベタつくぐらいが保湿の観点からは良いそうです。

(2)塗り方

ベビーローションは手のひらに適量を取ったら、新生児の体に優しく塗ります。体の付け根から外側に向けて塗ると、血行も良くなるそうです。

例えば、手であれば脇から手のひらにかけて、優しくゆっくりとベビーローションをなじませながら塗ると良いです。

ベビーローションの使い方を学んで赤ちゃんをケアしよう

赤ちゃん ママ

せっかく赤ちゃんをケアするなら、しっかり使い方を学んで、より効果を高めましょう。

うるおって見える赤ちゃんのお肌は、実は乾燥しやすく、とてもデリケート。

ママとパパでしっかりベビーローションを塗って、健康なお肌を育てられるようにケアしてあげてください。