乾燥肌の赤ちゃん、新生児のベビースキンケアでは保湿力が大事

赤ちゃんや新生児のベビースキンケアは難しい。肌は敏感で、乳児湿疹や乾燥による肌荒れ等になることも。成長段階に応じて、必要なベビースキンケアは変わります。今回は、月齢に併せておすすめのベビースキンケアの方法や、赤ちゃんや新生児にとって保湿の重要性についてご説明していきます。

生後2ヶ月前後の新生児のベビースキンケアは清潔が特に大事

赤ちゃん

生後1ヶ月、生後2ヶ月程度の新生児は皮脂の分泌が多く、特に乳児湿疹や汗疹になりやすいです。

そのため、定期的に新生児の肌を清潔にすることが大事です。

お風呂に入ったら、ベビーソープでしっかりベビースキンケアをしましょう。乳児湿疹や汗疹ができると、「あまり新生児を洗ったらいけないのかな?」と思うかもしれませんが、泡型のベビーソープで優しく汗を落としてあげることは重要です。

また、新生児が汗をかいたら、その都度拭きとって綺麗にしてあげましょう。

もちろん、新生児の肌をゴシゴシ強く擦るのはNG。ベビースキンケアの基本は「優しく」です。

生後3ヶ月以降の赤ちゃんのベビースキンケアは保湿が特に大事

赤ちゃん 保湿

生後3ヶ月以降の赤ちゃんは、皮脂の分泌が減ります。また、元々赤ちゃんの肌は大人の半分程度と薄いので、保湿力に欠けます。

赤ちゃんの肌を乾燥から守り保湿するのは、皮脂と肌なのです。双方が弱まるのが、生後3ヶ月以降の赤ちゃんです。

この時期のベビースキンケアの基本は、保湿です。赤ちゃんは体内の水分の割合が多く、肌が潤っているように思われますが、実はすぐに乾燥してしまいます。

乾燥は、肌荒れや乳児湿疹も引き起こしかねません。そこで、こまめに保湿クリームやベビーオイルで赤ちゃんを保湿することが大事です。

保湿クリームは1日3~4回程度、赤ちゃんが乾燥したら付けるといいと思います。

外出前後、お風呂あがり、就寝前が特に乾燥しやすいときなので、保湿クリームの出番です。

また、ベビーオイルは保湿力はあるもののベタつくので、1〜2日に1回程度じっくりと塗るのがおすすめです。

ベビーオイルを塗りながらベビーマッサージもすると、保湿と健康促進の一石二鳥です。

赤ちゃん・新生児ともに清潔にして保湿ケアが大事

赤ちゃん ママ

新生児は清潔、赤ちゃんは保湿が特にベビースキンケアには大事だと述べましたが、どちらか一方だけをやれば良いというわけではありません。

あくまで「特に」なので、新生児でも赤ちゃんでも清潔、保湿の両方はベビースキンケアでママ達には気にしてほしいです。

赤ちゃん・新生児向けの保湿クリームを選んでベビースキンケアをはじめよう

ベビーローション

ベビースキンケアで保湿が大切と一言にいっても、保湿クリーム選びは難しいもの。

赤ちゃんや新生児の肌に合わない保湿クリームは、肌荒れを引き起こしかねないので注意が必要です。

我が子のお肌との相性が良くて、使いやすい保湿クリームを選びましょう。

個人差があるので一概には言えませんが、オーガニック成分でつくられた国産の保湿クリームがおすすめです。

当サイトでは、ベビーローション比較おすすめ12選をご紹介しています。ぜい、ご参照ください!