生後1ヶ月の新生児、赤ちゃんのスキンケアは保湿が大事!おすすめの保湿剤は?

生後1ヶ月の新生児や赤ちゃんの肌は敏感で、乾燥による肌荒れや乳児湿疹も起こしやすいです。成長段階は違うものの、赤ちゃんには保湿ケアが大切となります。今回は、生後1ヶ月、生後2~3ヶ月の赤ちゃんの肌状態、保湿の重要性についてご紹介します。

生後1ヶ月の新生児・赤ちゃんには保湿ケアが大切!

寝ている赤ちゃん

生後間もない赤ちゃんは「胎脂」に覆われているため、乾燥や外的刺激をあまり受けません。

しかし、胎脂はどんどん失われていき、生後1ヶ月頃になると肌が少しずつ乾燥していくのです。

そのため、いつから保湿をするのか悩んでいるのであれば、できるだけ生まれてすぐ、新生児のうちから始めましょう。

また、生後1ヶ月頃は皮脂分泌も活発なため、新生児ニキビや脂漏性湿疹などの乳児湿疹が起こりやすくなります。

赤ちゃんの肌は、いつもつるつるすべすべのイメージがありますが、しっかり保湿ケアをしなければ、乳児湿疹などの肌トラブルに悩まされてしまいます。

乾燥しやすい赤ちゃんの肌だからこそ、しっかり保湿をして肌のバリア機能を高めましょう。

生後1ヶ月の新生児・赤ちゃんの肌状態とは?

赤ちゃんの足

生後1ヶ月の新生児・赤ちゃんは、皮脂の分泌量が多く、新生児ニキビや脂漏性湿疹、汗疹(あせも)になりやすい時期。

その後、徐々に皮脂の分泌量が落ち着き始め、今度は肌の乾燥が進みます。

乾燥状態の肌は少しの刺激にも弱く、すぐに赤みや肌荒れなどの症状が出てしまいます。

生後1ヶ月の新生児・赤ちゃんはしっかり保湿ケアをおこない、肌を健やかに保ちましょう。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの肌状態は?

赤ちゃんの肌

生後2~3ヶ月の赤ちゃんは、皮脂の分泌量が一段と減っている時期。本格的に乾燥もしやすくなります。

もともと赤ちゃんの皮膚は大人の約半分程度と薄く、体内に水分を保つことができません。

赤ちゃんの肌はうるおって見えますが、実はとても乾燥しやすい状態です。

乾燥肌は、肌荒れや乳児湿疹を起こしかねないため、こまめに保湿剤を塗り赤ちゃんに保湿をしてあげましょう。

生後1ヶ月の新生児・赤ちゃんは清潔と保湿ケアが大事

保湿ケア中の赤ちゃん

皮脂の分泌量が多い生後1ヶ月、乾燥状態が進む生後2~3ヶ月と、それぞれ肌の状態は異なるものの、赤ちゃんは「清潔」と「保湿」のスキンケアが基本となります。

たっぷりの泡で丁寧に洗い、こまめなうるおいケアを徹底しましょう。

赤ちゃんが汗をかいたらその都度拭き取り、きれいにしあげてくださいね。

赤ちゃんをお風呂に入れるときのポイントは?

乳児湿疹や汗疹が出ている生後1ヶ月の赤ちゃんを、お風呂でしっかり洗っていいのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。

肌トラブルを起こしているときも、お風呂に入れて肌を清潔にしましょう。

泡タイプのベビーソープを使い、撫でるように洗うのがポイントです。

全身を洗ったらすすぎ残しに注意して、ぬるま湯で優しく洗い流してください。

もこもこの泡タイプで使いやすい!アロベビー ベビーソープ

アロベビー ベビーソープ
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ベビーソープ
●容量:300ml
●税込価格:2,106円

天然由来成分99%以上のアロベビーのベビーソープは、純国産で世界的オーガニック基準処方。

石油系界面活性剤やパラベンなど、赤ちゃんの肌に刺激となる成分はカットしているので、安心して使えるおすすめ商品。

クリーミーな泡タイプのベビーソープで泡切れも◎。すすぎ残しの心配がなく、ママ・パパも使いやすいですよ。

赤ちゃんの保湿ケアのポイントは?

お風呂から上がった赤ちゃんには、すぐ保湿剤を塗りましょう。入浴後は時間の経過とともに水分が蒸発し、肌が乾燥しやすい状態。

お風呂上がり5分以内を目安に、赤ちゃんの全身にたっぷり保湿剤を塗ってください。シワになりやすい部分や顔、頭皮の保湿も忘れずに。

また、保湿のタイミングはお風呂上がりだけではなく、外出前後、就寝前、起床時など、赤ちゃんの乾燥が気になったら塗るのがよいでしょう。

赤ちゃんに塗る保湿剤は、水分をたっぷり与えるベビーローションがおすすめですよ。

なお、ベビーオイルは保湿力があるもののベタつくため、ベビーローションで保湿をした後、乾燥が気になる場所に重ね塗りをするのがよいでしょう。

高保湿が魅力!アロベビー ミルクローション

アロベビー ベビーローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円 ※お得な定期便、ビッグボトルもあります!

ホホバオイル、シアバターを配合したリッチな高保湿のミルクローション。生後1ヶ月を待たずとも、新生児から使えます。

「原料」「使いやすさや」「安心」に着目しており、99%以上が天然由来で国産オーガニック。

使い続けていくと乳児湿疹が治ったとの口コミもあり、芸能人にも支持されているおすすめのミルクローションです。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる商品を比較

生後1ヶ月の新生児や赤ちゃんには、しっかり保湿をして健やかな肌を保とう

赤ちゃんとママ

生後1ヶ月の新生児や赤ちゃんは、肌トラブルが起きやすいため、「清潔」と「保湿」を徹底しましょう。

たっぷりのもこもこ泡で優しく撫で洗いをしたら、すぐにベビーローションで保湿をしてください。

ベビーローションは話しかけながら塗ることで、赤ちゃんとのコミュニケーションも取れますよ。

最初は面倒に思うケアですが、慣れていけば習慣化していき、煩わしくなりません。

また、赤ちゃんは1年を通して乾燥しやすいので、秋冬だけではなく、夏もしっかり保湿をおこなうのがポイントです。

生後1ヶ月の新生児・赤ちゃんに清潔と保湿を徹底し、肌のバリア機能を高めて肌トラブルを予防しましょう!