オーガニックのベビークリームで赤ちゃんの保湿ケア!おすすめ人気6選!

乾燥しやすい赤ちゃんの保湿ケアには、ベビークリームがおすすめ。さらにオーガニック製のベビークリームを選ぶと、より肌に優しく安全性も高いですよ。敏感肌や乾燥肌の大人にも使用できるので、家族での使用が可能です。今回は、ベビークリームの選び方やおすすめ人気商品をご紹介します!

ベビークリームで赤ちゃんの保湿をしよう

ベビークリームで保湿をしてもらっている赤ちゃん

赤ちゃんはとても乾燥しやすい

赤ちゃんの肌は、生まれてから生後2ヶ月頃までは、ママのお腹の中にいたときのホルモンの影響で皮脂の分泌量が活発。

そのため、新生児ニキビや新生児落屑などの乳児湿疹を起こしやすいのですが、その後、徐々に皮脂の分泌が低下し、乾燥肌へと傾いていきます。

さらに、大人の約1/2~1/3程度の厚みしかない赤ちゃんの肌。バリア機能が未発達なため、少しの刺激でも湿疹や赤みなど、肌トラブルを起こしてしまいます。

それに加えて、赤ちゃんは水分を体内に保持できないため、すぐに肌が乾燥してしまうのです。

ベビークリームは赤ちゃんの保湿にぴったり!

季節を問わず乾燥しやすい赤ちゃんには、こまめに保湿剤で保湿ケアをおこないましょう。

さまざまな保湿剤がある中でも、ベビークリームは赤ちゃんの保湿にぴったりのアイテム。

水分と油分のバランスがほどよく取れており、ベビーローションとベビーオイルの中間のテクスチャーです。

ベビークリームの選び方

電球マーク

ベビークリームは赤ちゃんの肌に直接塗るものなので、配合成分にこだわって選びましょう。ベビークリームの成分が刺激となり、肌トラブルを起こしてしまっては、意味がありません。

アルコール、パラベン、合成着色料、合成香料、合成界面活性剤などの成分は、できるだけ避けるのがおすすめです。

自然由来成分や、オーガニックのベビークリームは赤ちゃんの肌に優しく、安心して使えますよ。

ベビークリームのテクスチャーは好みが分かれるところですが、塗った後にベタつかず、伸びのよいものは使いやすいのでおすすめ。

また、海外製品は香りが強い商品が多いため、匂いに敏感な赤ちゃんには、なるべく微香料や無香タイプを選びましょう。

ベビークリームはオーガニックがおすすめ!

日に当たっている草原

オーガニックとは?

「オーガニック」は「有機」という意味。「有機」とは、化学肥料や農薬、合成物質を使用せず、人間や環境に優しい方法で農林水産業や加工をおこなうことを指します。

このことから、自然の力が詰まったオーガニックのベビークリームは、余計な成分が含まれていないので、繊細な赤ちゃんの肌に優しいおすすめの商品なのです。

オーガニック認証マークは、厳しい基準を満たした証拠

現在、日本におけるオーガニックの規定は、食品だけ定められている状態です。

ベビークリームなどのスキンケアや、コスメアイテムには、明確なオーガニックの規定がありません。

そのため、オーガニックのベビークリームを選ぶときは、オーガニック認証の基準を満たしているのか、がひとつの目安となります。

オーガニック認証は、各国各団体によって基準が異なります。どの団体も厳しい基準を設けており、それらの基準を満たしたベビークリームには、認証マークを提示しています。

主なオーガニック認証

オーガニック認証には、以下を含むさまざまな団体が存在します。これらのマークは、ベビークリームを選ぶときの1つの目安としましょう。

  • ECOCERT(エコサート)
  • NaTrue(ネイトゥルー)
  • USDA
  • BDIH

オーガニックのベビークリーム!おすすめ人気6選

1.アロベビー ベビークリーム

アロベビー ベビークリーム
出典:www.alo-organic.com

●容量:75g
●税込価格:2,268円
●対象年齢:新生児~

アロベビーは、オーガニックのベビークリームで大人気のおすすめ商品。

世界的オーガニック基準「ECOCERT(エコサート)」取得済みです。

さらに、開発から生産まですべての工程を国内でおこなっており、赤ちゃんへの安全性も高くなっています。

天然成分のハマナエキス、セイヨウニワトコエキスが肌のバリア機能を高め、おむつかぶれなどの炎症を抑制。

シアバターによって伸びもよく、おむつまわりに最適な無香タイプです。保湿中も匂いが気になりません。

おむつかぶれ用の乾燥対策ベビークリームですが、おむつまわり以外の顔などへの使用も可能。

もちろん、敏感肌や乾燥対策としてママ・パパも一緒に使えますよ。新生児の赤ちゃんからOKです。

2.エルバビーバ ベビークリーム

エルバビーバ ベビークリーム
出典:www.johnmasters-select.jp

●容量:125ml
●税込価格:3,132円
●対象年齢:新生児~

保湿成分にシアバター、カカオ脂、ヒアルロン酸を配合したエルバビーバのベビークリーム。

シアバター、カカオ脂、アロエベラ、ヒマワリ種子油などの成分は、オーガニック認証成分となっています。

赤ちゃんの肌をしっかり保湿しながらも、ベタつかない軽い付け心地は、季節を問わず使えると人気。

乾燥肌に悩む大人の、ボディや顔用クリームとしてもおすすめです。ほのかにラベンダーとカモミールの香りがします。

3.ヴェレダ カレンドラ ベビーバーム

ヴェレダ カレンドラ ベビーバーム
出典:www.amazon.co.jp

●容量:75ml
●税込価格:1,728円
●対象年齢:新生児~

土づくりや栽培方法、原料の抽出まで強いこだわりを持つヴェレダ。全ての製品がオーガニック認証「NaTrue(ネイトゥルー)」取得済みです。

保湿や保護、肌荒れに効くとして、古代エジプト時代から使用されてきたカレンドラを配合。

ムレやすい赤ちゃんの背中、首回り、おむつまわりなどの予防ケアにぴったりですよ。

キク科のアレルギーを持つ赤ちゃんへの使用は、避けてください。

4.MAMABUTTER(ママバター) ベビークリーム

ママバター ベビークリーム
出典:www.amazon.co.jp

●容量:130g
●税込価格:2,160円
●対象年齢:新生児~

シンプルな処方で安全にこだわる、オーガニックスキンケアブランドのママバター。

ベビークリームには、オーガニック認定のカレンドラ、天然保湿成分のシアバターを配合。

こっくりとしたテクスチャーで、乾燥から肌を守ります。乾燥が気になる赤ちゃんの頬っぺ、口まわりの保湿ケアにおすすめ。

使いやすいワンタッチキャップ。オレンジとカモミールの優しい香りに癒されてください。

5.パックスベビー ボディークリーム

パックスベビー ボディークリーム
出典:www.amazon.co.jp

●容量:50g
●税込価格:648円
●対象年齢:新生児~

「自然なものをできるだけ使いたい」という声をもとに生まれた、国産ナチュラルブランドのパックスベビー。

「化粧品GMP」や、オーガニック認証「ECOCERT(エコサート)」工場認定等を取得した工場で生産されています。

肌なじみのよいパルミトオレイン酸が豊富な、マカデミアナッツ油を使用しており、伸びがよくベタつかないベビークリーム。

ボディークリームと明記していますが、赤ちゃんの顔にも使用OKです。

6.ラヴェーラ ベビー&キッズ オーガニック フェイス&ボディクリーム

ラヴェーラ ベビー&キッズ オーガニック フェイス&ボディクリーム
出典:www.lavera-shop.com

●容量:75ml
●税込価格:1,404円
●対象年齢:新生児~

ドイツのオーガニックコスメブランドのラヴェーラ。オーガニック認証団体「NaTrue(ネイトゥルー)」の認証を受けているベビークリームです。

オーガニックのイブニングプリムローズ、シアバターが肌を保湿。月見草やヒマワリ油も配合されています。

肌になじみやすい使い心地が人気のようです。親しみの感じるパッケージのキャラクターも可愛らしいですよね。

オーガニックのベビークリームを使う際のポイント

手にオーガニックのベビークリームをのせた様子

使用前にパッチテストをおこなう

オーガニックは肌に優しいとされていますが、赤ちゃんによって何らかのオーガニック成分に反応し、アレルギー症状が出ることがあります。

赤ちゃんにベビークリームを使用する前は、パッチテストをおこなってから、何も問題がなければ使用しましょう。

また、普段ならアレルギー症状が出ない商品でも、体調の変化によって赤みなどが出る場合もあります。

いつも使用しているベビークリームで症状が出た場合、一旦使用を中止して様子を見てください。

ベビーローションと併用する

赤ちゃんの保湿ケアにぴったりなベビークリームですが、ベビーローションと併用すると、さらに保湿ができるのでおすすめです。

ベビーローションは水分と油分のバランスがよく、ベビークリームより伸びのよいテクスチャー。

お風呂上がりの乾燥しやすい赤ちゃんの保湿にはベビーローションを塗り、そのあと、乾燥が目立つ場所に重ね塗りとして、ベビークリームを使うのがよいでしょう。

ベビークリームと同様、ベビーローションを選ぶ際も、オーガニックが肌に優しくおすすめです。

オーガニックのアロベビー ミルクローションがおすすめ!

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円
●対象年齢:新生児~

ベビークリームのおすすめ商品と同ブランド、アロベビーのミルクローションもオーガニック製。「ECOCETR(エコサート)」認証を取得済みです。

シアバター、ホホバオイルなど、高保湿成分を配合し、しっとりモチモチ肌へ導きます。

SNSや口コミでも好評の人気商品で、芸能人ママもおすすめしており、さらに育児雑誌や女性誌にも数多く掲載されています。

※関連記事
ベビーローションのおすすめ12選!成分や無添加にこだわる商品を比較

オーガニックのベビークリームで赤ちゃんの乾燥対策をしよう

笑顔のママと赤ちゃん

赤ちゃんに使用するベビークリームは、安全性の高いオーガニックがおすすめです。

オーガニックは、化学肥料や合成物質などを使用せず、その土地を活かした農林水産業や加工方法のため、赤ちゃんはもちろん、敏感肌の大人にも優しいのです。

ベビークリームを選ぶときは、オーガニックと併せて保湿成分にも注目しましょう。肌がもっちりうるおいますよ。

今回ご紹介した人気のベビークリームを参考にして、赤ちゃんを乾燥知らずのもちもち肌へと導きましょう!