赤ちゃんの乾燥肌の原因は?保湿・対策方法、病院に行く目安は?

赤ちゃんの肌はうるおって見えますが、実は肌がとても薄く水分を保持する機能が未発達なため、すぐに乾燥してしまいます。カサカサ、ザラザラ、ブツブツとした湿疹には、適切なスキンケアが大切ですよ。今回は、赤ちゃんの肌が乾燥しやすい理由と、日頃からできる乾燥肌の対策方法、病院へ行く目安をご紹介します!

赤ちゃんの肌が乾燥しやすい理由とは?

湿疹が頬にできた寝ている赤ちゃん

赤ちゃんの肌は薄い

赤ちゃんの肌はとても薄く、大人の肌の半分程度の厚みしかありません。

さらに、体内の水分の蒸発を防ぐ角質層も未発達なため、肌がカサカサに乾燥しやすく、肌荒れを起こしやすいのです。

徐々に乾燥肌へと傾いていく

生後2~3ヶ月頃までの赤ちゃんは、ママからもらったホルモンの絵協で、皮脂の分泌量が多いといわれています。

しかし、生後3ヶ月を過ぎた頃になると、徐々に皮脂の分泌量が減り、乾燥肌が進んでゆくのです。

赤ちゃんの乾燥肌を放置すると、どうなる?

赤ちゃんとwhatの文字

肌トラブルを起こしやすくなる

肌が乾燥した状態は、傷つきやすく肌荒れを起こしやすいため、水分をうまく保持できない赤ちゃんの肌は、少しの刺激でも赤い湿疹などを発症してしまいます。

乾燥肌の赤ちゃんは、服やおむつが触れるだけでも傷ついてしまうので、保湿をして肌のバリア機能を高める必要があるのです。

乾燥性乳児湿疹、アトピー、アレルギーに繋がる可能性も

赤ちゃんの乾燥を放置すると、「乾燥性乳児湿疹」を引き起こしてしまいます。

また、アトピー性皮膚炎の原因について未だ確証はありませんが、原因の1つとして、肌のバリア機能が著しく低いことが挙げられます。

国立成育医療研究センターによると、新生児からの保湿によってアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下したことが分かりました(※1)。

乾燥状態の肌が傷つくと、ダニや食べ物カス、花粉などが侵入し、アレルギーを起こすとされています。

アレルギーの元凶とされるアレルゲンの侵入を防ぐために、赤ちゃんの乾燥対策として、しっかり保湿ケアをおこないましょう。

赤ちゃんの乾燥肌対策は?

赤ちゃん 身体

赤ちゃんの乾燥肌を防ぐには、「清潔」と「保湿」。さらに、衣類の素材や室内温度の調節も重要です。

赤ちゃんは自分でケアができません。ママ・パパが総体的に赤ちゃんの乾燥肌対策をおこない、肌荒れを防ぎましょう。

肌の清潔を保つ

1日に1回はお風呂に入れさせて、赤ちゃんの肌を清潔にしましょう。

ベビー石けんやベビーソープを泡立てて、撫でるように赤ちゃん全身を洗ってください。すすぎ残しには気を付けて、ぬるま湯で汚れを落としましょう。

保湿剤を塗る

赤ちゃんの乾燥肌対策の定番は、保湿剤を塗ること。肌のバリア機能を高めましょう。

お風呂上がりはもちろん、外出前、起床時、就寝前など、赤ちゃんの乾燥が気になるタイミングで保湿剤を塗ると、乾燥肌を予防できますよ。

部屋の乾燥を防ぐ

部屋の湿度が低いと赤ちゃんの乾燥肌が進むだけではなく、ウィルスが活性化するので風邪を引く可能性が高まります。

加湿器で室内の湿度を上げて、室内の乾燥を防ぎましょう。加湿器が無い場合は、洗濯物を干すのがよいですよ。

刺激が少ない衣類を着させる

赤ちゃんは外出時に肌の露出が多いと、紫外線や冷暖房によって乾燥してしまいます。通気性がよい衣類やコットン素材の衣類を着させて、赤ちゃんの肌の乾燥を防ぎましょう。

赤ちゃんの乾燥対策には、ベビーローションの保湿がおすすめ

保湿 ローション

赤ちゃんの乾燥対策として使う保湿剤には、ワセリン、クリーム、オイルなど、さまざまな種類があります。中でも一番おすすめの保湿剤は、ベビーローション。

水分と油分がバランスよく配合されており、赤ちゃんの乾燥対策にぴったりですよ。

ベビーローションを選ぶときは、低刺激でオーガニック製品がよいでしょう。

外出前に保湿をすると考えると、ベタついて服に着くのは好ましくないため、さっぱりしているベビーローションがおすすめです。

赤ちゃんの乾燥肌対策におすすめ!アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション
出典:www.alo-organic.com

●商品名:アロベビー ミルクローション
●容量:150ml
●税込価格:2,484円

「アロベビー」のミルクローションは、赤ちゃんの乾燥対策におすすめ!新生児から使えますよ。

99%以上の天然由来成分の国産オーガニック。保湿力の高いホホバオイルとシアバターを配合しているため、しっとりとしたうるおいが長続き。

さわやかなラベンダーとローズの香りは、赤ちゃんもママ・パパにも癒しを与えてくれますよ。

特別安価なベビーローションではありませんが、伸びがよく少量でも硬派にに広がるため、乾燥が気になったときにスッと塗ることができます。

アロベビーのミルクローションで乳児湿疹が治ると評判!

アロベビーのミルクローションは、赤ちゃんの乳児湿疹にも効くとじわじわ口コミで評判が広まりました。

赤ちゃんの乳児湿疹は乾燥が一因のため、しっかりと保湿をしてあげることが大切です。

オーガニックのベビーローションであれば、肌荒れしやすいデリケートな赤ちゃんにも安心ですよ!

▼実証! R.Tさんがミルクローションを10日間使ってみました

赤ちゃん ベビーローション 使用前後

かつては赤ちゃんの乳児湿疹に悩んでいたようですが、ミルクローションを使い始めて、乳児湿疹がおさまり、もちもち肌になったそう。
(乳児湿疹の効果には、個人差があります。)

当サイトでは、他にも様々なベビーローション比較おすすめ12選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

赤ちゃんの乾燥がひどい!病院に行く目安は?

医師

赤ちゃんの肌を清潔にし、こまめに保湿剤を塗り、肌に優しい素材の衣類を着させているにもかかわらず、赤ちゃんの乾燥がひどく、湿疹やかゆみが悪化する場合は病院へ行きましょう。

かかりつけの小児科や皮膚科を受診してください。どちらでも大丈夫です。症状に合った薬を処方してもらえます。

また、カサカサや湿疹を繰り返す場合、アトピー性皮膚炎の可能性もあるので検査してもらいましょう。

赤ちゃんの肌を乾燥から守るために、保湿をしよう

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんは肌の厚さが大人の半分程度で、バリア機能も未発達。すぐに乾燥肌となってしまいます。

とてもデリケートな赤ちゃんの肌を、ブツブツや赤みのある肌荒れから守るためには、保湿をすることが重要です。

今回ご紹介したように、赤ちゃんの肌を清潔にして、こまめに保湿剤を塗り、室内環境も整えて、肌に優しい素材の衣服を着させましょう。

将来の健康的できれいな肌は、赤ちゃんの頃からのケアが大切です。

新生児から保湿ケアを徹底的におこない、美肌づくりのサポートをしてあげましょう!

※1 参考文献 国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見