ベビーローションのおすすめ13選!成分や無添加にこだわる人気商品を比較

赤ちゃんは肌が薄くて乾燥しやすいので、ベビーローションで保湿をするのがおすすめです。充分に保湿をしてあげないと、乳児湿疹や肌荒れ、かぶれなどの肌トラブルに繋がってしまうかもしれません。そこで今回は、赤ちゃんの保湿におすすめの人気ベビーローション12選と、効果的な使い方をご紹介します!口コミもご参考ください。

赤ちゃんにベビーローションが必要な理由は?

赤ちゃん

赤ちゃんの肌は薄く乾燥しやすい

生まれて間もない赤ちゃんは、ママのお腹の中にいたときのホルモンの影響で、皮脂分泌が活発な状態。

しかし、生後2、3ヶ月になると皮脂分泌が落ち着き、今度はカサカサに乾燥しやすくなります。

また、赤ちゃんの皮膚は大人と比べて約3分の1程度と薄く、すぐに乾燥してしまい体内に水分が保持できません。

したがって、赤ちゃんの肌にはベビーローションで水分を補給し、十分な保湿ケアが大切となるのです。

秋や冬はもちろんのこと、春や夏の時期の保湿も重要です。季節を問わず、しっかりベビーローションで保湿をしてあげましょう。

乳児湿疹などの肌トラブル防止

赤ちゃんの皮膚は薄いだけではなく、外部からの刺激にも弱く、肌を守るバリア機能が未発達。

そのため、保水力が弱い赤ちゃんの肌に刺激が加わると、湿疹や炎症を起こしてしまうのです。

ベビーローションは水分補給をおこなう働きがあるので、保湿ケアを習慣化させて、乾燥しがちな赤ちゃんの肌からキメの整った肌へと導きましょう。

また、ベビーローションでしっかり保湿ケアをすると、乾燥が原因の1つでもある乳児湿疹やアトピーの発症リスクの低下に繋がるとのこと。

特に乳児湿疹は赤ちゃんが発症しやすい症状のため、ベビーローションでのこまめな保湿ケアで未然に防ぎましょう。

ベビーローションのおすすめの選び方

赤ちゃん

保湿効果の高いベビーローション

肌にうるおいを与える保湿成分が多く含まれたベビーローションがおすすめです。保湿成分として有名な成分が、セラミド、ヒアルロン酸、植物オイルなど。

これらの保湿成分がたっぷり配合されたベビーローションは、乾燥しがちな赤ちゃんの肌に、しっかりうるおいを与えてくれます。

商品の成分表を見て、できるだけ保湿力の高いベビーローションを選びましょう。

低刺激性のベビーローション

赤ちゃんの未熟な肌に直接塗るベビーローション。購入前には配合成分をチェックし、できるだけ刺激成分(化学成分)が含まれていないベビーローションを選びましょう。

合成界面活性剤・香料・着色料・パラベンなどの成分は、赤ちゃんの肌に刺激を与える可能性があります。

添加物が少なかったり、あるいはオーガニックにこだわったベビーローションを選んだりするのがおすすめです。

オーガニック認証を取得したベビーローション

世界各国には「ECOCERT(エコサート)」「USDA」など、さまざまなオーガニック認証団体が存在します。

オーガニック認証団体はそれぞれに厳しい独自の基準を設け、その基準を満たしたベビーローションには、オーガニック認証マークが記載されています。

オーガニック製品にこだわっている人や、赤ちゃんにより安心なベビーローションを選びたい人は、認証マークを頼りに選ぶのもよいでしょう。

しかし、肌に優しいオーガニックのベビーローションでも、赤ちゃんによってオーガニック成分が肌に合わない場合もあります。

ベビーローションを使用する前は、必ずパッチテストをおこないましょう。

オーガニック認証機関のマーク

※各オーガニック機関の認証基準の詳細については、当サイトの「ベビーローションのオーガニック認証期間カタログ」をご参照ください。

オーガニック認証 表

コストパフォーマンスのよいベビーローション

赤ちゃんにベビーローションを塗るとき、ケチらずたっぷりの量を使用してください。

そのため、ベビーローションを選ぶときは、コスパのよさも重要なポイントとなるでしょう。

リピート購入が負担になりにくく、かつ赤ちゃんの肌に優しいベビーローションを選ぶのがおすすめです。

ビッグボトルが展開されているなら、そちらを使用することで、コスパもよくなりますよ。

求めるこだわりや強みとマッチしたベビーローション

ベビーローションの配合成分やオーガニック認証の有無、コスパや価格など、商品によってこだわりや強みが異なります。

自分が探しているイメージとなるべく近いベビーローションを使用すると、毎日の保湿ケアも面倒に思わず、楽しくおこなえるかもしれません。

【2019年版】赤ちゃんにおすすめのベビーローション!人気比較13選

デリケートで敏感な赤ちゃんの肌に使うからこそ、配合成分オーガニック使い心地にこだわりたいもの。また、コスパや価格もベビーローション選びには欠かせないポイントです。

さまざまな種類があるベビーローションですが、今回は先輩ママの口コミの評価と一緒にご紹介します。ぜひ、商品選びの参考にしてください。

※ベビーローションのおすすめ13選は、独自調査と口コミ評価に基づく情報を、総合的に判断したものです。

1.アロベビー ミルクローション

出典:www.alo-organic.com

●容量:150ml
●税抜価格:2,300円 ※お得な定期便もあります

圧倒的人気のベビーローションはアロベビーのミルクローション!高保湿成分のホホバオイルとシアバターを使った、無添加、無香料、無着色のオーガニックベビーローションです。世界的なオーガニック基準の「ECOCERT(エコサート)」認証も取得済。

高い保湿力で乾燥しやすい赤ちゃんの肌がモチモチに。乳児湿疹に効果があったという口コミも多く、敏感肌の赤ちゃんにもおすすめのベビーローションです。

開発から生産まですべて日本国内でおこなわれているので、安心感が違うベビーローションといえるでしょう。

インターネットの口コミを中心に人気が広がったベビーローションですが、最近では女性誌や育児雑誌にもたびたび取り上げられています。

アロベビー 雑誌掲載
出典:www.alo-organic.com

【アロベビー ミルクローションの評価】
保湿成分
ホホバオイル・シアバター・オリーブ油 など
無添加
着色料・鉱物油・アルコール・合成ポリマー・シリコン・石油系界面活性剤
コスパ
1gあたり15.3円。安価ではありませんが、オーガニックの国産高級素材を多く使用しながら、この価格は驚きの一言。
こだわりポイント
原料・使い心地・安心に徹底し、開発から生産に至るまで純国産。新生児から安心して使えるのも人気の理由のひとつ。

アロベビー ミルクローション3つのおすすめポイント

①99%以上天然由来

敏感肌の赤ちゃんにとって化学成分は肌を傷つける原因になりかねません。アロベビーのベビーローションは天然由来成分99%以上の優しい処方なので、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使えます。開発から生産まで純国産であることも安心のポイントです。

②リッチな高保湿処方

乾燥を防ぎ細胞を活性化する働きを持つホホバオイルと、優れた保湿効果と抗酸化作用が期待できるシアバターが配合された、贅沢な高保湿のミルクローションです。角質をうるおいで満たし、水分をしっかり肌に閉じ込めます。

③世界的オーガニック基準「ECOCERT(エコサート)」認証取得

エコサートは世界で最も厳格な基準を持つオーガニック製品認証団体です。この基準をクリアしている国内の工場はたったの3つだけ。徹底した厳しい基準で作られたベビーローションだからこそ、赤ちゃんに本当に安心して使えます

アロベビー ベビーローションは乳児湿疹に効くと話題!

アロベビーのベビーローションは、使い続けることで乳児湿疹が治ったというママの口コミが多数あり、アトピー予防にも効果的とインターネットで注目されています!

2014年10月、国立成育医療研究センターの論文によって、新生児期からの保湿剤の塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが発表されました。
※参考文献:国立成育医療研究センター「世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見(アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連)」

赤ちゃんの乳児湿疹に悩むママがアロベビー ミルクローションを使ってみました!

●ケース1:R.Tさん(ミルクローション10日間使用)
「赤ちゃんの乳児湿疹がひどく、病院で処方されたステロイドは使いたくなくて悩んでいましたが、お風呂で清潔にしてミルクローションを塗っていると治りました!」

アロベビーミルクローション 使用ケース1
出典:www.alo-organic.com

痛々しい乳児湿疹がきれいなもっちり肌に!赤ちゃんも嬉しそう。

●ケース2:M.Nさん(ミルクローション7日間使用)
「ミルクローションを使い始めて1週間で、乳児湿疹が治ってきました!」

アロベビーミルクローション 使用ケース2
出典:www.alo-organic.com

たった1週間で乳児湿疹が改善。ミルクローションは使い続けることでさらに効果が期待できます。

Amazonランキング大賞2016上半期(コスメ・化粧品・ボディケア部門)にて1位!

Amazonランキング大賞 ロゴ出典:www.amazon.co.jp

アロベビーミルクローションは、Amazonでの販売データをもとに、2016年上半期に一番売れた商品を集計する「Amazon ランキング大賞 2016 上半期(コスメ・化粧品・ボディケア部門)」にて1位にランクインしました! 大人のコスメラインナップ等も含めたランキングデータになるので、いかに多くの人が利用しているのかわかりますね。

※Amazon および Amazon.co.jp は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です
※2016年6月1日調べ (集計期間: 2015年11月16日~2016年5月15日)

ペアレンティングアワードを受賞

ペアレンティングアワード出典:parentingaward.com

アロベビーミルクローションは、『赤すぐ』などの子育て・プレママ向け人気雑誌が選ぶ、子育てにまつわる人やモノを表彰する「第8回ペアレンティングアワード」にてモノ部門を受賞しています。同アワードでは、「シアバター配合の高保湿処方で、乾燥しやすい赤ちゃんのお肌をうるおし、スキンケアのストレスを軽減した。」と紹介されています。

アロベビーミルクローションの口コミ評価

口コミ1
雑誌『VERY』でおすすめされているのを見てアロベビーのベビーローションを使い始めたのですが、周りに使っているママが多くてビックリ!見ていてわかるほど赤ちゃんの肌がプリプリになるから、流行っているみたいです。

口コミ2
赤ちゃんの乳児湿疹がひどくてかなり参っていました。最近ママ友のおすすめで、これを使うようになってから、今ではあんなにひどかった乳児湿疹が驚くほどモチモチに。保湿力が強いので最近は自分でも使っています。

口コミ3
3ヶ月の娘に。今まで海外のオーガニックベビーローションを使っていましたが、評判のいいコチラのベビーローションを試してみました。以前よりも肌のカサカサが減りましたね。純国産なのも安心です。メーカーもオーガニックで有名なアロベビーだからより安心感もあるので赤ちゃんにおすすめです。

口コミ4
乾燥する時期になって湿疹が出始めて、藁をもすがるつもりで使い始めましたが、スゴくよくておすすめです!高保湿なのにサラサラしているベビーローションだから、赤ちゃんがまったくいやがりません。これで他のベビーローションと変わらない値段なのは驚きです。

口コミ5
しっとりだけどサッパリ!伸びもよく塗りやすいので、気に入って何度もリピートしています。上の娘はアトピー気味、下の息子はひどい乳児湿疹でしたがツルツルになりました!国産で安心なのもポイントです。もう手離せません。

【こちらもおすすめ!】アロベビー ミルクローション(ビッグボトル)

アロベビー ミルクローション ビッグボトル
出典:www.alo-organic.com

●容量:380ml
●税抜価格:4,600円

ベビーローション比較おすすめ12選でNo.1のアロベビー ミルクローションから、待望のビッグボトルが登場しました!

アロベビー ミルクローション(ビッグボトル)は、通常サイズの2.5本分の380ml!約2ヶ月間安心してたっぷり使える、大満足サイズです。

赤ちゃんにたっぷり保湿ケアをしてあげたいママ・パパからのラブコールに答えたビッグボトルは、早くも大人気!通常サイズのリピートを考えているなら、ビッグボトルもおすすめです。

2.ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション

ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション
出典:www.weleda.jp

●容量:200ml
●税込価格:2,376円

古代エジプト時代から肌荒れや敏感肌のケアに使用されてきた、カレンドラエキスを配合した、ヴェレダのカレンドラベビーミルクローション

着色料・香料・シリコンは使用していないので、低刺激性のベビーローションを探している人におすすめです。

カレンドラエキスは、手摘みされた有機栽培農法により栽培されたものです。

【ヴェレダ カレンドラベビーミルクローションの評価】
保湿成分
アーモンド油・グリセリン・カミツレ花エキス など
無添加
着色料・合成保存料・合成香料・鉱物油・シリコン
コスパ
1gあたり11.8円。配合成分と容量を考えると、毎日使いやすい価格設定。
こだわりポイント
オーガニックコスメとして人気のウェレダ。国際オーガニック認証基準「Nature(ネイトゥルー)」を取得済

<<ヴェレダ カレンドラベビーミルクローションの口コミ評価>>
口コミ1
肌が強い方ではありませんが、このベビーローションを塗って肌荒れするということはなく、しっかりと保湿をしてくれます。子どもの乳児湿疹にも塗っていますが、少しずつよくなってきているようです。

口コミ2
ローションというより乳液の印象が強いです。最初はヌルっとしていますが、あとはサラっとしっとりが続きます。保湿の持続力はおおむね満足です。

口コミ3
ドイツのお土産に貰いましたが、好みが分かれるベビーローションかも。赤ちゃんがニオイを気に入ったのか、塗っているときニコニコしていますが、友達の新生児の赤ちゃんはかなり嫌がっていました。

口コミ4
乳幼児の肌に塗っても荒れることもなく、ミルク状で、さらっと仕上がります。特にカサつくところに塗っておくと翌日にはモチモチです。ただ、ニオイがちょっとキツイかも・・・。

3.erbaviva(エルバビーバ) ベビーローション

エルバビーバ ベビーローション
出典:www.rakuten.co.jp

●容量:235ml
●税込価格:3,672円

とろりとした感触がクセになる乳液タイプのエルバビーバのベビーローション

オーガニック配合率は95%以上で、シアバターやホホバオイルなどの保湿成分を多数配合しているため、うるおいのある肌となり柔らかさをキープします。

マンダリンとカモミールの香りが赤ちゃんをやさしく包む、おすすめのベビーローションです。

【エルバビーバ ベビーローションの評価】
保湿成分
ホホバオイル・グリセリン・シアバター・カモミールエキス など
無添加
合成香料・着色料・合成界面洗剤・アルコール・合成ポリマー・パラベン
コスパ
1gあたり15.6円。消化のスピードを考えると、少し割高の印象。
こだわりポイント
「USDA」オーガニック認証取得。香りにもこだわりたい・おしゃれなオーガニック製品が好きな人におすすめ。香りは好みが分かれるため、購入前に一度匂いを確認してみるのがよいでしょう。

<<エルバビーバ ベビーローションの口コミ評価>>

口コミ1
とても軽い付け心地のベビーローションなので、赤ちゃんに塗る以外に、ハンドクリームとして使うのもおすすめ。たくさん重ね塗りしてもさらさらなのでおすすめですよ。

口コミ2
乳幼児にも使えるベビーローションなので、お風呂上がりに毎日塗っています。強めの柑橘系のニオイが少し気になりますが、おおむね満足です。

口コミ3
6ヶ月の娘のお風呂上りに保湿クリームを塗っていたのですが、手がガサガサで気になっていたので、こちらのベビーローションに変えました。手もしっとり、赤ちゃんの肌もしっとり。塗り感がよくとても気に入っておりおすすめ。

4.ドゥーエ ベビープラス ミルキーローション

ドゥーエ ベビープラス ミルキーローション
出典:www.rakuten.co.jp

●容量:150ml
●税込価格:1,404円

使い心地が比較的さっぱりしている夏場におすすめのドゥーエのベビープラスミルキーローションです。

「スキンケアは育児の一部である」と考え、低刺激性にこだわった製品を生み出しています。みずみずしい軽い伸びのベビーローションで肌なじみがよいです。

医療用薬品メーカーと、資生堂スキンケア研究がさまざまなテストを積み重ねて誕生したブランドなので、赤ちゃんへの使用も安心・安全です。

【ドゥーエ ベビープラス ミルキーローションの評価】
保湿成分
赤ちゃんの肌本来のうるおいバランスに注目し、水分・油分・保湿剤が配合。
無添加
無香料・無着色・パラベン・アルコール・鉱物油
コスパ
1gあたり9.36円。比較的、試しやすい価格設定のため、初めてベビーローションを使う人にもおすすめ。
こだわりポイント
皮膚科や医院の取り扱いあり

<<ドゥーエ ベビープラス ミルキーローションの口コミ評価>>
口コミ1
我が子にはサッパリしすぎて、カサカサしてしまったみたいです…。子ども用にと買いましたが、もう少し保湿力があるとよいなと感じます!夏とか暑い季節はいいかも!とりあえず、私が代わりに使ってみています。

口コミ2
想像していたよりも小さかったです…。子どもの顔や手の乾燥が気になるときにちょこちょこ使っています。卓上に置いていても、邪魔にはならないのがいいかな。使い心地がサッパリしています。

口コミ3
9ヶ月と、2才の子どもたちに使っています。お風呂上がりに塗っていますが、最初はしっとり、乾くとサラっとした使い心地です。今までは違う保湿クリームを使っていましたが、上の娘が暑くなるとベタベタするのを嫌がるので、ドゥーエのベビーローションを購入してみました。使ってみて、カサカサしてかゆがっていた娘の肌は少し落ち着いてきた気がします。

5.ママアンドキッズ ベビーミルキーローション

ママアンドキッズ ベビーミルキーローション
出典:www.amazon.co.jp

●容量:150ml
●税込価格:1,944円

ママの胎内をお手本にして、8種類のアミノ酸と胎脂に近い成分・ベビーズエマルジョンを配合した、ママアンドキッズのベビーミルキーローション

サラッと肌になじむのでベタ付かず、使い心地はなめらかです。

赤ちゃん雑誌で取り上げられることも多く、通販サイトでも購入上位になるなど人気商品で、高評価を得ている赤ちゃんにおすすめのベビーローションです。

【ママアンドキッズ ベビーミルキーローションの評価】
保湿成分
アミノ酸・グリセリン・オリーブオイル など
無添加
香料・着色料・アルコール・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤
コスパ
1gあたり12.9円。成分と比べると妥当な価格設定。
こだわりポイント
ママの胎脂環境に近づけるように、羊水と胎脂に注目した成分配合

<<ママアンドキッズ ベビーミルキーローションの口コミ評価>>
口コミ1
伸びはスゴくいいのですが、保湿の持続が短いような。サラっとしているので、夏場にはスゴくおすすめのベビーローションだと思います。

口コミ2
赤ちゃんの肌のカサつきが気になったので評判のよいこちらのベビーローションを購入しました。両手で素早く塗れ、娘がいやがる前に塗り終えられます。さっぱりしているのでベビークリームと合わせて使うのもおすすめ。

口コミ3
ママ友からおすすめされて使い始めましたが、赤ちゃんのほっぺがすべすべになるのでリピートしています。冬はちょっと冷たいので、手で温めてから赤ちゃんにベビーローションを塗るとよいかもしれません。

6.ETVOS(エトヴォス) ベビーローション

エトヴォス ベビーローション
出典:etvos.com

●容量:120ml
●税込価格:2,160円

ミネラルコスメとして、ママからも人気を集めるエトヴォスのベビーローション

4種類のヒト型セラミドをバランスよく配合。赤ちゃんの肌への優しさを徹底的にこだわっています。

サラリとした使用感で、防腐剤無添加でありながら使用期限は2年となっています。

【エトヴォス ベビーローションの評価】
保湿成分
グリセリン・セラミド・ヒアルロン酸・シアバター など
無添加
香料・防腐剤・着色料・鉱物油
コスパ
1gあたり18円。容量に対する価格設定はやや高めの印象。
こだわりポイント
皮膚科学を研究する医学博士監修のもと商品開発をおこなっているのが、安心できるポイント。

<<エトヴォス ベビーローションの口コミ評価>>
口コミ1
生後10ヶ月の子どもの顔が乾燥しやすく、よだれや離乳食でかぶれて赤くなりやすかったので、買ってみました。使用感が悪くはなかったけれど、他のメーカーのベビーローションと比べると、我が家には高級品でした…。

口コミ2
軽いアトピー体質の我が子に使っています。首や腕の曲がる所がカサカサになって、かゆがります。セラミドがいいと聞いたので、購入してみました。サラッとした塗り心地でよく伸びますが、個人的にもう少ししっとりと保湿ができたらなぁ~と思います。

口コミ3
生後6ヶ月の息子が乾燥肌なので使ってみましたが、サラサラすぎて効きませんでした。クリーム状の方が向いていたのかもしれません…。ですが、全くベタベタしないので、代わりに私が水仕事のあとの手の保湿にちょこちょこ使っています。

7.ベビーブーバ ベビーローション

ベビーブーバ ベビーローション
出典:babybuba.jp

●容量:100ml
●税込価格:1,944円

天然由来成分が99%以上、オーガニック成分は10.63%を配合したベビーブーバのベビーローション

開発から生産まですべての工程を、日本国内でおこなっているのが安心できるポイントです。

スプレータイプのベビーローションなので、お風呂上がりのほかに外出先でも使いやすい1本です。

【ベビーブーバ ベビーローションの評価】
保湿成分
ホホバオイル・マカデミアナッツオイル・オリーブオイル など
無添加
パラベン・シリコン・合成ポリマー・合成着色料・合成香料・石油系合成界面活性剤
コスパ
1gあたり19.4円。スプレータイプのため、価格に対しての内容量なのかが曖昧。
こだわりポイント
「ECOCERT(エコサート)」認証取得済み。容器やパッケージはリサイクル可能な素材を使用。

<<ベビーブーバ ベビーローションの口コミ評価>>
口コミ1
子どもの顔に塗ったら少し赤くなった気がしたので、自分の顔にも塗ってみたところヒリヒリして駄目でした…。スプレータイプでラクですし、中身もよい商品だとは思いますが、我が家には合わず残念です。もったいないので、自分の手や足にたまに使ってます。顔以外はヒリヒリせずに使えています。

口コミ2
初めて購入したときは、小さめサイズから試しました。スプレータイプで使いやすいので、乾燥が気になったときに気軽にスプレーできるのが便利です。ただ、スプレタイプで使用感がサッパリとしているので、オイルと一緒に併用することもあります。

口コミ3
朝・晩と塗って、日中も必要があれば塗る形で使用しています。香りにも癒されていて、ゴロゴロと動きまわる赤ちゃんに塗るにはとても助かっています。もう少し、しっとり保湿できるとさらにいいなと思います。

8.メルシーケア 薬用カレンデュラミルク 医薬部外品

メルシーケア 薬用カレンデュラミルク
出典:www.amazon.co.jp

●容量:150ml
●参考価格:1,906円

赤ちゃんを乾燥や肌荒れから守るメルシーケアの薬用カレンデュラミルクは、保湿効果を持つセラミドと、ヒアルロン酸を配合した高保湿のベビーローションです。

「肌の万能薬」とも呼ばれる、薬用ハーブ・カレンデュラを配合しています。

高保湿処方でありながらベタつかず、赤ちゃんにも安心して使える国内生産のベビーローションです。

【メルシーケア 薬用カレンデュラミルクの評価】
保湿成分
ヒアルロン酸・セラミド・カレンデュラ など
無添加
香料・着色料・パラベン・エタノール
コスパ
1gあたり約12.7円。成分内容と容量に対して、価格設定は妥当な印象。
こだわりポイント
皮膚科医もおすすめのベビーローション。乳児湿疹やアトピー症状に悩んでいる人にもおすすめ。

<<メルシーケア 薬用カレンデュラミルクの口コミ評価>>
口コミ1
今まで使用したミルクタイプのベビーローションの記憶は、ベタ付きが残る印象でしたが、爽やかな使い心地です。爽やかなのに、保湿時間はだいぶ持続するのでうれしいです。アトピー肌の子どものカサカサ感が改善されているように思います。

口コミ2
大人でも使えるとのレビューを見て購入しましたが、肌荒れ・強度の乾燥状態の私の肌には合いませんでした。子どもの頃からアトピーで、今は治まっていますが、乾燥性敏感肌です。ベビーローションを付けた瞬間に肌がしみてしまい、ヒリつきもあり、そのあと痛くなりました…。キク科アレルギーはなく、他社のカレンデュラクリームは使えているので、他の配合成分が合わなかったのだと思いますが、期待していたので残念です。ヒリついて痛くなったという件は除いて、肌なじみもよかったですし、使用感自体は悪くなかったです。

口コミ3
伸びがよく使いやすいです。保湿力も満足しています。油分でギラギラしないのも気に入っています。母娘で使っていますが、子どもがワセリンなど油系のスキンケアを嫌がるので、使いやすくてよいです。

9.BABY BORN(ベビーボーン) フェイス&ボディミルク

ベビーボーン ベビーローション
出典:babyborn.jp

●容量:300ml
●税込価格:4,104円

ママタレントの東原亜季さんと、エスティシャンの高橋ミカさんが共同開発したベビーボーンのフェイス&ボディミルク。原材料を厳選し、天然由来成分99%配合しました。

母乳にも含まれているイノシトールを配合し、保湿成分の効果が期待されています。

スッと肌になじみ、ベタつかないベビーローションです。ママのハンドクリーム代わりにもおすすめ。

【ベビーボーン フェイス&ボディミルク】
保湿成分
ホホバオイル・オリーブオイル・セサミオイル など
無添加
合成香料・合成着色料・シリコン・鉱物油・パラベン・アルコール・動物性原料・旧表示指定成分
コスパ
1gあたり13.6円。8つのフリーでありながらこの価格設定。継続使用は難しいという口コミが出ています。
こだわりポイント
開発者が実際のママのため、開発段階でのこだわりが強い印象。ライン使いもおすすめ。

<<ベビーボーン フェイス&ボディミルクの口コミ評価>>
口コミ1
家族全員で使えるという点に惹かれて購入。乾燥がひどい冬場に購入したので、もう少し濃いクリームだとよかったかな、と感じます…。

口コミ2
好き嫌いは分かれると思いますが、ラベンダーのいい香りです。子どもに塗ったあとのベタ付きも無いので、重宝してます。 まだ経過が分からないので、続けてみます。もう少しお手頃だったら嬉しいです。

口コミ3
肌になじみやすいです。ラベンダーの香りはキツくない方だと思いますが、ラベンダーが苦手な人はやめたほうがいかも…?

10.ララリパブリック ファミリーナチュラルボディクリーム

ララリパブリック ファミリーナチュラルボディークリーム
出典:www.rakuten.co.jp

●容量:185g
●税込価格:1,814円

赤ちゃんだけではなく、家族で使える点が支持されているララリパブリックのファミリーナチュラルボディクリーム

妊娠線ケアとしても、そしてケアが終わったあとも、赤ちゃんの保湿に使える万能なクリームです。

季節を問わず使えて、ベタ付かず伸びのよいテクスチャです。

【ララリパブリック ファミリーナチュラルボディクリームの評価】
保湿成分
セラミド(ナノカプセル化)・レモン果汁・アロエベラ など
無添加
合成着色料・合成香料・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤・鉱物油・パラベン・アルコール
コスパ
1gあたり9.8円。成分内容や容量に対して妥当な価格設定。妊娠中から赤ちゃんまで使えるのがおすすめポイント。
こだわりポイント
家族で使える点。高保湿処方と無添加にこだわりたい人におすすめ。

<<ララリパブリック ファミリーナチュラルボディクリームの口コミ評価>>
口コミ1
子どもの乾燥が気になりだしたので、2歳の息子のために購入してみました。ポンプ式で使いやすいので、手軽にケアができてよかったです。

口コミ2
色々な商品を試していますが、上の子に合わなかったり下の子に合わなかったりで、どれも今ひとつでした…。1プッシュでよく、1ボトルで2~3ヶ月もつとのことだったので、試しに購入してみました。確かに伸びはいいですが、1プッシュでは全然足りませんでした…。今のところ肌荒れはしていませんが、効果は様子を見ていきます。

口コミ3
8ヶ月の子供にために購入しました。いつもたっぷり塗っているので 説明にあったようなワンプッシュでは全く足りませんでした。全身にたっぷり塗ってますが、今のところトラブルはありません。

11.For fam(フォーファム) ボディローション

フォーファム ボディローション
出典:cosmecollege.com

●容量:300g
●税込価格:3,132円

赤ちゃんから大人まで使えるフォーファムのボディーローションです。牛乳・卵・大豆由来の原料は使われていません。

5種類のセラミドを配合し、肌のバリア機能を高めて乾燥を防ぎます。

さらに、胎脂に近い保湿成分やうるおいアミノ酸、加水分解コラーゲンも配合。しっとりすべすべ肌を目指します。

【フォーファム ボディローション】
保湿成分
セラミド5種類・アルガンオイル・オリーブオイル・スクワラン など
無添加
パラベン・エタノール・香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤
コスパ
1gあたり10.4円。植物性オイルが多く配合され、さらに大容量でこの価格は妥当な印象。
こだわりポイント
「ECOCERT(エコサート)」認証を受けた植物オイルを中心に配合。

<<フォーファム ボディローションの口コミ評価>>
口コミ1
う~ん…うちの子にはあまり合わなかったのか保湿力が足りなかったです。すぐ吸収してまたカサカサしてしまった。

口コミ2
柔らかくて伸びもよく、スーッと入っていく感じで使い心地はとてもよいです。ただ、前回購入したミルクは2本とも中身が半分近くなると、突然出なくなりました。半分も残っているのに、ポンプが使えず非常に困ります。。

口コミ3
乾燥がひどいのでこちらを購入。2週間ほど使っての感想です。朝、昼、晩とこまめにつければ乾燥も落ち着きます。日中のクリームをサボると頬が乾燥したままなので可哀想です。

12.ピジョン ベビーミルクローション

ピジョン ベビーミルクローション 300g
出典:www.pigeon.co.jp

●容量:300g
●参考価格:667円

ベビー用品メーカー・ピジョンのベビーミルクローションは、コスパ重視の人におすすめです。

価格が安くても、無香料・無着色・パラベンフリーなので、赤ちゃんにも安心して使えます。

持ち運びにも便利な120gもあります。プチプラだからこそ、各部屋に置いて使うのもよさそうですね。

【ピジョン ベビーミルクローションの評価】
保湿成分
グリセリン・イソステアリン酸コレステリル など
無添加
着色料・香料・パラベン
コスパ
1gあたり2.23円。コスパ重視の人におすすめのベビーローション。
こだわりポイント
弱酸性の低刺激処方。妊娠線予防クリームに使うのも◎。

<<ピジョン ベビーミルクローションの口コミ評価>>

口コミ1
乳幼児が2人いるのでとても重宝しています。ベビーミルクローションのおかげで、肌がプルプルつやつやです。また、伸びもよいので1回の使用量も少なく済みました。当分の間は購入し続けたいと思います。

口コミ2
生まれたときから、お風呂上がりの保湿クリームとして使用しています。肌トラブルもなく羨ましいほど、きれいな肌が保てています。乳児湿疹も本当にわずかしかできませんでした。

口コミ3
サラッとしていてベタ付きませんが、乾燥肌の息子には残念ながら合いませんでした。1、2時間後には、かさついていたので使用をやめました。特に肌トラブルがない赤ちゃんや子どもに、夏場とりあえず何か塗っておくときの使用ならよいかもしれません。

13.丹波製薬 アトピタ 保湿全身ミルキィローション

アトピタ 全身保湿ミルキィローション
出典:www.amazon.co.jp

●容量:120ml
●税込価格:702円

生まれたての赤ちゃんの肌に着目し、胎脂由来の保湿成分を配合したアトピタのベビーローション

尿素と天然由来成分のヨモギエキスを配合したことで、赤ちゃんの皮膚の角質層までうるおいを与え、しっかり保湿をおこないます。

ドラッグストアや薬局で購入したい人におすすめです。大容量の300gは家族で使用するのにぴったり。

【アトピタ 保湿全身ミルキィローションの評価】
保湿成分
ラノリン脂肪酸コレステリル・ヨモギエキス・尿素 など
無添加
着色料・香料・パラベン・アルコール
コスパ
1gあたり5.85円。家族で使うなら大容量の300g(ポンプ式)がおすすめ
こだわりポイント
乳液タイプで伸びがよく、肌に優しい低刺激処方。

<<アトピタ 保湿全身ミルキィローションの口コミ評価>>

口コミ1
サラッとした使い心地なのにしっかりうるおい、カサカサしていた肌が一週間でつるつる・すべすべになりました。

口コミ2
生後3ヶ月頃から肌荒れや乳児湿疹が出て、こちらに変えたところ、すぐに湿疹が治まり肌も安定しました。とてもサラッとしていて伸びがよいので、量が少ないかな?と思いましたが、意外と持ちます。

口コミ3
ベタつきや匂いもなく、とても使いやすいテクスチャーです。あせもができにくくなったように感じます。1個使ってよかったので、3個まとめ買いしました。

ベビーローションのおすすめの使い方

手にベビーローションを出す

使い方1.まず最初にパッチテストをおこなう

初めて赤ちゃんにベビーローションを使うときは、まずパッチテストをおこないましょう。大人の肌では何も症状が出なくても、デリケートな肌の赤ちゃんには刺激が強い場合があります。

太ももや二の腕の内側など、皮膚の薄い部分に少量のベビーローションを塗布し、赤く反応がでないか確認してください。

使い方2.お風呂上がりの5分以内にベビーローションを塗る

ベビーローションは、お風呂上がりに塗るのが1番おすすめのタイミングです。入浴後は、体の皮脂が洗い流されているため、肌が乾燥しやすい状態。

時間が経つと体内の水分がどんどん蒸発していくので、お風呂上がりの5分以内を目安に、ベビーローションで体を保湿しましょう。

使い方3.ベビーローションを手で温めてから使う

赤ちゃんの肌にいきなりベビーローションを塗ると、冷たさに赤ちゃんが驚いてしまいます。

手で温めてから使用しましょう。一度温めると、ベビーローションの伸びもよくなりますよ。

使い方4.ベビーローションはたっぷり使う

ベビーローションの使用量は、気持ち多めの量を塗るのがおすすめです。赤ちゃんの体がテカテカするほど塗っても大丈夫。

ベビーローションを塗ったあと、ティッシュが皮膚の付着するくらいが目安となります。

使い方5.乾燥が気になる部分には重ね塗りをする

赤く炎症を起こしていたり、粉を吹くほどひどく乾燥していたりする部分には、ベビーローションを重ね塗りするのがおすすめです。

ベビーローションは水分と保湿力をバランスよく配合していて、デリケート肌に水分補給をする働きを持っています。一度の保湿で足りないようなら重ね塗りをして、十分に肌を保湿してあげましょう。

使い方6.気になったときにこまめに塗り直す

赤ちゃんの乾燥肌を予防するためには、お風呂上がりだけでは不十分。起床時や外出前など、乾燥が気になったらこまめに塗り直してください。

冷暖房が効いている部屋に長時間いると、肌が乾燥してしまいます。赤ちゃんの肌が乾燥していないか、頻繁に確認するとよいでしょう。

ベビーローションとベビーオイルの違いは?

ベビーオイルを取り出している様子

赤ちゃんの保湿ケアとして、ベビーローションだけではなくベビーオイルを使用する人もいるでしょう。

どちらも保湿効果が期待できる保湿剤ですが、それぞれに役割が異なります。

ベビーオイルは水分の蒸発を防ぐ“フタ”のような役割を果たすため、ベビーローションで保湿ケアをしてからベビーオイルを重ねると、より高い効果が得られるでしょう。

さらにベビーオイルは、ベビーマッサージや耳・鼻掃除にも使える便利アイテム。1本持っておくと重宝しますよ。

乾燥がひどい赤ちゃんには、ベビーローションとベビーオイルの併用で乾燥対策をおこないましょう。

また、水分と油分のバランスがよいベビークリームや、肌の表面に保護膜をつくり刺激から肌を守るワセリンなども、赤ちゃんによく使用される保湿剤です。

全身はもちろん、特におしり周辺の保湿ならベビークリーム、赤ちゃんの口の周りやほっぺの乾燥対策にはワセリンの使用がおすすめです。

※関連記事
ベビーローションとベビーオイルの違いとは?おすすめの使い分けと効果!

赤ちゃんにベビーローションはいつからいつまで必要?

赤ちゃんと成長した子供

新生児期からベビーローションを塗ろう

赤ちゃんにいつからベビーローションを塗るのがよいのでしょうか?

生まれてすぐの赤ちゃんは皮脂の分泌量が多いため、「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」が起こりやすい状態。その後、徐々に皮脂の分泌が治まり、生後3ヶ月頃からは乾燥肌へと傾いていきます。

もともと赤ちゃんの肌は大人と比べて、約半分程度の厚さしかなく、体内に水分を留めておくことができません。

同時に、赤ちゃんは肌のバリア機能も弱いため、いつからベビーローションで保湿ケアをするか悩んでいる人は、新生児期からの保湿ケアを始めましょう。

せめて1歳まではベビーローションを塗ろう

「いつから」ベビーローションを塗るのかについては、新生児期からの保湿をおすすめしますが、「いつまで」に関しては各家庭の判断に委ねられます。

1つの目安として、赤ちゃんの乳児湿疹やアトピーを防ぐためにも、せめて1歳まではベビーローションを塗ることをおすすめします。

また、1歳を過ぎても赤ちゃんの肌はデリケートなため、いきなり大人用の保湿剤を使用するのではなく、低刺激で成分にこだわった保湿剤を使用するのがよいでしょう。

保湿ケア自体は、1歳を過ぎて大きく成長してからも続けたいですね。

※関連記事
赤ちゃんにベビーローションはいつから必要?使い方やおすすめ商品は?

ベビーローションは成分や素材にこだわった商品を選ぼう

赤ちゃんとママ

いかがでしたか?赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、ベビーローションは素材にこだわっている商品を選びましょう。

保湿素材が多く配合されていて、無添加・無着色など低刺激性のベビーローションは、赤ちゃんの肌にも優しいのでおすすめですよ。

また、先輩ママの口コミを参考にするのも◎。配合成分と併せて、ベビーローションを決めるきっかけとしてください。

毎日お風呂上がりに赤ちゃんの肌を保湿して、肌トラブルを予防しましょう!